地味に乗り味が違う13年式と12年式W800

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

‟おかわりW800”

・・・我が家では‟黒黒号四世”が納車され
まもなく1か月である。

新車ではないが、走行距離14000kmほどで売られていたので
私にしてみたら「ほぼ新車」だ。

今回の買い替えは‟おかわり”という事で
改めて考える事はないように思うが・・・
どっこいどっこい!

年式によるのか、それとも前のオーナーによるのか
微妙に乗り味が違うので
その違いをレビューしてみたい。

とりあえず1700km乗ってみた

先月7日に納車して、8月2日の時点で
どのくらい走ったかというと、
1779kmである。

これが一般的に考えて多いか少ないかは、
人によって通勤など日常使いもする人もいれば
純粋に休日のツーリングにしか使わない人もいるので
何とも言えない。

ちなみに私は前者で、日常使いだけで1か月700km前後走るため
この距離の内訳の半分強くらいがツーリングとなる。

※ここで指すツーリングは、
距離に関わらず仕事や日常の雑務以外で
走行するのは全てツーリングと定義する。
「●●kmまではツーリングと認めない!!」というのは
ここでは省く。面倒くさいから。

旧Wと現Wの違い

まずは改めて旧Wと現Wの購入時の差を比べてみたい。

【旧W800】

・年式:2013年(メタリックマグネシウムグレー)
・社外品:マフラー(ワイバーンクラシック)
・購入時の走行距離:35100km

【現W800】

・年式:2012年(クロームエディション・エボニー)
・純正:ビキニカウル
・社外品:マフラー(ワイバーンクラシック)
サイドバッグステー
・購入時の走行距離:14677km

微妙に1年だけ現Wのほうが型式が古い。
が、距離数は13年式のおよそ半分である。

外部の状態は、どちらもどっこいどっこい。
拭きにくいネジの角などに細かいサビはあるものの、
目立つところには特になし。

走行距離を考えれば、13年式の前のオーナーは
相当大事に乗っていたと思われる。
(恐らく完全ガレージ保管で、雨の日は乗らない!とか
してたんじゃないのかなぁ?)

メーカー側としては、
基本、年式が違っても大きな変更はないようなので、
普通に考えたら走り心地は同じはず。

まぁ実際同じっちゃ同じなんだけれど、
そこに「何となく違いを感じる」と思うのは
人間しか持たない感覚なのか、
もしくは気のせいなのか。

一体何が違うかを
この後説明してみたい。

年式による乗り味の違い

現愛車である12年式は、私が1カ月ぶりに乗ったせいもあるし、
カウルが装着された分だけややフロントが重い気がした。

ちなみにこのビキニカウル、公式で重さが見つからなかったが
似たタイプの重さを見てみると、大体1000g前後あるようだ。

1000g=1kg。
バイク全体で考えたら微々たるものだが、
500mlペットボトル2本分で考えると
それなりの重さだ。

特にWは重心が低いので、意外と上は軽い。
つーか、軽かった。
そこに1kgのウェイトが加算されたので
慣れるまでやや重く感じるのは仕方がない事だろう。
このバランスの違いに慣れるのに
1日~2日掛かったように思う。

ビキニカウルの効果は?

ビキニカウル。もしくはカフェカウル、ロケットカウル、シールド。
(結局、どれが正解なのか分からん)

このヘッドライト周りについているのがビキニカウル

スクーターを除けば3台目のバイクだが、
初めてこういったシールド的なものがついた。

これと同タイプのものは、確か5月のWミーティングに1~2台あった気も
するんだが、大概は社外品の違うものがついていた気がするな。

ミーティングで見かけたW。これはシールドと呼ぶべきなんだろうか?

私はあまり外泊出来ないので、
日帰りで距離を稼ぐために頻繁に高速を利用する。

高速と言えど、制限速度はあるわけで
安全と燃費とゴールド免許死守のために極力制限速度で走るのが基本だ。

が、路上には
‟周りの流れに乗る”
という暗黙のルールがあり
その結果、少々スピードオーバーをする事もままある。

断じてスピード狂なのではない。
流れに乗っているのだ!

当然、速度が増せば、その分
体に風圧が掛かる。

あ、そんな時、
例え小さくともシールドがあれば全然違うよ!
という話を聞く。

が、
・・・正直、私はいまだにこのビキニカウルの恩恵が

イマイチ分からない。

縦にも横にも小型軽量化されている私は
CB400SSの頃から風圧が苦になるという事がなく
Wにしてからは重量がある分安定して更に風圧が
苦でなくなった。
なので・・・ビキニカウル程度ではイマイチその恩恵が
ピンとこない。

ビキニカウルを装着する事によって
腹部辺りに風が当たらず
その分楽になるって言うんだけれど・・・

私が元々風圧でやや困っているのは
ジェットヘルで高速走行すると
‟風圧で押されたメットの顎紐で首が締まる”
っていう事だからなぁ・・・
ボディは何とも思わんなぁ(;・∀・)

それと
‟メットのシールドに虫がつきにくくなる”
って言うんだけれど・・・
普通にメットもビキニカウルも虫だらけになるし。

しかし、その後カウルがつく事で
‟やや空気の流れが変わっている”
というのを違う形で確認出来た。

私はハンドルにスマホをマウントするんだが
ある雨の日にスマホを取り付けて走行していて
前よりもスマホが濡れていないのに気付いた。

今までは、画面が見辛くなるくらいスマホが濡れていたんだが
カウル付きのWになってから、明らかにスマホが濡れていない。

街乗りで低速だと駄目なんだが、ある程度の速度だと
風圧で雨の流れも変わるのか結構な降り方であっても
画面が見え辛くなるほど濡れなくなった気がする。

それと、
カウルとヘッドライトの隙間に
無限の可能性を感じるっっ!!(笑)

夢のある自遊空間

とりあえず最近はよくグローブ置くけど、
なんか、なんかもっと出来んじゃね?
という妄想をしてしまえる空間である。

タイムワープしそうな2500回転の振動

で、とても感覚的な話になる‟乗り味”について、
殆ど変わらないし、変わらなくて当たり前なんだが
心なしか現のほうが色々スムーズな気がする。

本当にちょっとの差なんだが、
旧は気温なども関係するのか
たまに振動が大きい時があった。

しかし現のほうは今の所そうゆう事はない。
加速も滑らかでミラーや手がブレる事もなく
非常にジェントルな乗り心地だ。

ただし、そのジェントルさは2500回転くらいまで。

2500~3000回転くらいまでの振動が結構酷い(;・∀・)

よく「鼓動感あふれる」なんていうが、
鼓動どころかミラーがブレブレで役に立たないくらい震える。

一応、後続車とか見えるよ?
見えるけれど、そのミラーのブレ具合たるや
まるでこれからタイムワープでもしそうな勢いである。

自分のバイクのミラー見ていて酔いそうになるってどうよ?

で、この2500という数字を何処かで見たぞ?
と考えると、
Wのスペック表にある
「最大トルク:62N・m(6.3kgf・m)/2,500rpm」
というものだ。

※トルクとかってどうゆう事って人は以下のリンクをどうぞ。
https://moto-ace-team.com/difference-between-horsepower-and-torque/

どうもKawasakiさん、
この最大トルクが発揮される2500~3000ちょっと位までの
振動をあえて残しているっぽい。

しかし、先の通り旧では「全体的に振動が大きい時」はあっても
特定の回転数で振動が大きくなるという事はなかった。

アレコレ調べていたら、
‟13年式からその振動の山が改善されている”という
話をしているブログがあったが、
真偽のほどは確かではない。

一般道では2000回転程度で苦も無く走れるので
別に下道走る分には困らないのだが、
高速を80~90km巡航する時、
丁度ここにハマる。

飛ばしたくて~飛ばしたくて~震える~♪

西野●ナかっっ!!

まぁ・・・100より上は振動しないんだが・・・・

私に80km巡航させないつもりかっっ!!(笑)

燃費は検証中

で、燃費。
燃費は走り方や走る場所にもよるので何とも言えないが・・・・
一度、ほぼ高速&渋滞なしの道を走行したら・・・・
L=34km
出ている。
これは今までで最高の燃費である。

ちなみに渋滞や信号の多い一般道だとL=18~20kmが平均で、
高速&渋滞少な目の道を走行した場合はL=27~28kmが平均である。

オマケ・マフラー

で、社外品なので比べるのはどうかなぁ?と思いつつも
同じものがついているのでオマケでマフラーも比較。

新も旧も同じワイバンクラシックなんだが、
新のほうがアフターファイヤー少ない気がする。

旧に乗り始めの頃は、鳴り過ぎな気がして怖かったんだが
慣れると中々小気味よい音で
結構気に入っていたから
鳴らなくなるとちょっと寂しい気がする。

※どうもW800はノーマルマフラーでも
パンパンいうらしい。

総合するとむしろいい

同じ車種をおかわりするにあたり
「絶対前のと比べてガッカリしそう」
と思っていたが、
総合して考えるとむしろ前のより良くなった感しかない。

まぁ振動はね、調節して直るものなのかなぁ?ってのはある。
でもそこ以外が非常に大人しいので
車体に悪影響がないのであれば、
それはコイツの持ち味として残してもいいと思っている。

何でも一癖くらいあるほうが面白いからな。

まぁそんな訳で年式が一つ古くなっても
今の所は特に問題はないようだ。

それと・・・もっと私特有の感覚で言う
乗り味の違いというのがあるんだが・・・
それはスペックや年式等々とは全く関係ない話なので
また次回にまとめたい。

まとめとして、
やっぱりWおかわりして正解だったと思う。

そりゃ確かにせっかくだから色んなバイクに乗ってみるという
考えもあるだろう。
でも、私は自分が気に入った車種を飽きるまで乗りたいのである。

もっとも乗ってて飽きたバイクは今の所ないんだけれどな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。