Twitter発!琵琶湖一周マスツーリング ~湖東編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バイクのツーリングで、
一人×1台で走る事を‟ソロツーリング”という。

そして、複数×数台で走る事を
‟マスツーリング”という。

バイクは基本一人で乗るモノとはいえ、
やっぱりたまには人と走るのも面白い。

Twitter発!琵琶湖一周マスツーリング

普段、一人で色んな所を走り回っている私だが、
別に「俺は絶対群れねぇ!!」とか思っているわけではない。
いや、確かに動物占い‟狼”だけど。

いつも一人で行動するのは単純に、
スケジュールと目的の一致する奴が周りにいないだけである。

ただでさえライダーは少ないのに、
その中で予定と目的の合うライダーを探すのは難しい。

でもな、せっかくセルもついているバイク買ったしな。
W800は400kmかそこら走っても全然疲れないしな。
・・・そうだな、別に近所で仲間を探さなくてもいいんじゃね?

そんな訳で、今回はTwitterで参加者を募っていたYさん企画の
「琵琶湖一周マスツーリング」
に参加させて頂く事にした。

名古屋→琵琶湖へ

今回の集合場所は琵琶湖に面した‟道の駅琵琶湖大橋米プラザ”

名古屋から琵琶湖まではおよそ140km。時間にして2時間強。
朝9時集合という事で、逆算して朝の6時に名古屋を出る。
やや早いと思うだろうが、まぁやはり待ち合わせがある場合は、
ある程度余裕を持って出てゆっくり走るのがいい。

まぁこれはバイクに限らず車でもそうだが、
事故の一番の原因は‟焦り”
だと身を持って学習しているからだ。

それに・・・滋賀というか今回名神高速を使うんだが・・・
どうもな、私が名神を走る時はかなりの高確率で雨が降る。
降り方によっては速度規制も出るかもしれん。

確かに天気予報では、そう大して降る予報ではないんだが、
どうも嫌な予感がする(;・∀・)

とはいえ、出発時は程々に快晴。
とりあえず合羽を着ないで名二環へ。

名二環を走行中、ふと前方の空を見るとが出ている。
いや、虹というより雲だけが虹色だったので彩雲と見てもいいんだろうが、
とりあえず虹である。

そこさ、その虹のある所さ、
めちゃくちゃ進行方向なんだけど。
なんか嫌な予感がする。
走っている時点ではメチャ晴れているのだが・・・なんかあかん気がする。

・・・・そしてやっぱりあかんかった。

養老の手前からシトシトシトと振り始め、
とりあえず養老SAで合羽を着込んだら、
そこからダダダダダ~っと降り始めた。

ちょっと待て!あの予報はなんだ?
予想降水量0.1mmとかは何処へ行った?

それでも行くよ、琵琶湖まで。
雨が一体なんぼのもんじゃ。
雨なんか気にしてたらバイク乗らねぇよ!!

そんな訳で、どんどこ進む。
晴れては降り、降っては晴れる不安定な天気。
だけど着いたぜ、琵琶湖!!

かの有名な琵琶湖大橋を渡り(二輪は100円)待ち合わせ場所へ。

Twitter発という事で、参加者10人はほぼ全員初対面。
(中には会った事がある人同士もいる)

ただ、ここが現代の非常に便利な所で、
初対面といっても事前に専用DMグループで話はしているし、
何より全員バイク乗りだ。

バイク乗りって基本バイクの話してればいいんだよ(極論)

ある部分、合コンや婚活より遥かにハードルが低い。
全員が揃うまで、お互いのバイクを見たりしてれば、
まぁ・・・・もうそれでいいのよ。

10人10台それぞれ

そんな訳で出発時刻9時30分には全員が揃ったんだが、
今回は特に排気量もメーカーも縛りがないという事だったので、
国内4メーカー+Harleyという感じで実に色々取り揃った。
参考までにライダー(頭文字のみ)と共に紹介させて頂くと、
こんな感じだ。

  1. リーダーYさん Harley XL883N
  2. Nさん YAMAHA YZF-R25
  3. Gさん Kawasaki Ninja400
  4. Mさん Honda CB400SS
  5. Pさん Harley XL883N
  6. Qさん SUZUKI SV650
  7. Vさん Honda VTR250
  8. Rさん YAMAHA YZF-R1
  9. Hさん Harley トライク
  10. 柴猫 Kawasaki W800


※各々のヘルメットだけがミーティングしている様子。

今回、一番遠方からの参加はNinjaのGさん。
・・・・なんと埼玉からの参加である!
しかも免許取得からまだ3カ月だそうだ!!
スゲェ若いなぁ、流石!!

ちなみに今回バイク歴も不問なので、YZFのNさんとかも
確か免許取得1か月半とかだったはず。
凄い、流石35を回って中免を取得したBBAライダーとは違う、
アクティブである。

あと私以外で女性なのはPさん。
実は今回Pさんにお会いしたくて滋賀まで行ってみたっていうのがある。
だってさ、やっぱバイク女子少ないもん。
更に大型はもっと少ないもん。

何気に「昔バイク乗ってました」とか
「免許は持ってます」って人は意外といるんだよ。

「現役で乗ってます」っていう同世代の人は本当に会う機会が少ない。
(たまにそうゆう人にも会うんだけど・・・ちょっとな、
うんまぁ、ちょっとなって人が多いのは何故だろう?)

PさんとはTwitterを介して知り合ったが、
丁度私と同じくらいの時期に大型の免許を取得して、
一台目が今のバイク。
実は今回の企画もPさんがリツイートしているのを見たのがきっかけだ。

あと、他の方々はもうバイク歴15年越えとかのベテランさんが殆ど。
で、今回異色と言うべきなのが、HさんのHarleyトライクである!!

ツーリングにトライクが混じっているのも初めてだが、
そもそもHarleyのトライクを間近で見たのが初めてだ。

私がHarleyあんまり詳しくないだけなんだろうが、
Harleyってトライクも出してたんだね。

昔住んでいた家の隣人がトライクを所有していて、
見せてもらった事はあったけれど、
流石Harleyのトライクはなんか全体的に違うな。

つーか、トライクって結局どの免許で乗るんだ?

という訳で、オーナーHさんに聞いた所、
これに乗るのに必要な免許は普通自動車MTだそうで、
括りとしては懐かしのミゼットのような所に入るらしい。
(でも操作はほぼバイク。唯一違うのはバックギアがあること)

排気量は、下250から上1800まで。
年齢層は、20代から50代まで。
幅広!!

今までもマスツーはした事あるけど、
ここまで幅が広かったことはない。
(っていうか、私一人で平均年齢を上げているっていうのはよくある)
しかも10人はない。
Maxで7~8人。

一体どうなるんだ?

湖東周りで彦根方面へ

今回は反時計回りで一周の予定なので、先ほど渡った琵琶湖大橋を全員でまた渡る。
が、米プラで打ち合わせをしている時はカンカンに晴れていたのに、
出発して5分も経たないうちに雨が・・・。

全員・・・・雨装備なんてとっくに脱・い・で・る(爆)

だが、止まらない。
だって、それがバイク乗りだから!!
※BikeのBはバカのB。

琵琶湖を眺めながら走る事の出来る県道559(湖岸道路)を定番の千鳥走行で進む。
雨は物凄く酷くなるわけでもなく、かといって止むわけでもなく。

琵琶湖は人生で二度目だが、いかんせん一度目はゆっくり景色を楽しむ
どころではなかったし、車だったからなぁ。
(詳しくはコチラへ。大体連日残業&睡眠3時間くらいで道中半分くらい寝てたし)

今回やっとゆっくり琵琶湖を眺める事が出来たんだが・・・・
しかしなんつーか、だな、これは。

よく「滋賀県民にとって琵琶湖は海」って話を聞くが、
確かに海だわ、こりゃ。

シャーレ水ケ浜

さて、最初の立ち寄りは、出発地点からおよそ20km、
時間にして25分程度の所にある「シャーレ水ケ浜」
山小屋風のお洒落な佇まいのカフェである。
隊列順序やインカムの調整などをするために一旦ここで小休憩。

店内も落ち着いてお洒落な雰囲気だが、おススメはテラス席。
湖に面したテラス席は琵琶湖を一望できる。

・・・が、あいにくの雨である。
一番湖に面したカウンター席は何気に雨に濡れる(笑)

でも気にしないのがバイク乗り(爆)

誰も奥に入ろうとしない。
時々振り込む雨を物ともせず、コーヒーを飲み、
もう各々隣の人と気の向くままに喋り続ける。

バイク乗りって天候気にしているようで、
実は結構どうでもいい生き物なのかもしれない。

まぁそれでもここでやっと皆合羽着るんだけどね。
一応着るんだけどね。

いやしかし、次はちゃんと晴れている時に来たいお店だね。
雨の琵琶湖も風情があるが、晴れたらさぞかし良い眺めだろう。
特にこれからの時期は爽やかで、丁度いいんじゃないかな?

っていうか、本当お洒落可愛い店なので、
雨を気にせず外観写真を撮れば良かったな(;・∀・)
見てみたい方は以下のリンクから店HPへどうぞ。

シャーレ水ケ浜:http://www.geocities.jp/it2703/restran3.htm

インスタ映え!な「あのベンチ」へ

さて、合羽を着込んで再び走り出す一向。
なんつーか皮肉なもんで、合羽を着ると晴れるんだな、これが。
そして晴れると暑いんだな、これが。
(ツーリングあるある)

さて、琵琶湖東には謎といえば謎の名所がある。
一体誰が言い始めたのかは知らないが、その名も
「あのベンチ」

小さな駐車場に佇む木とその下のベンチ・・・という一見何の変哲もないものだが、
ここで写真を撮ると、とてもインスタ映えする写真になるという。

合羽がサウナスーツへと呼び名を変える頃に現地に到着したのだが、
住宅の立ち並ぶ一角にポツンとあるその場所は
多分知らなかったらそのまま通り過ぎてしまうような場所である。

が、どっこいどっこい、ファインダーを通すとちょっと違う。

どうよ?

あいにくの天気とはいえ、この木の枝ぶりとかベンチのある位置なんかが
結構絶妙で、快晴や夕暮れ時などであればもっと写真映えしそうな感じだ。

一応この木の後ろは駐車場なのでバイクを持って行って停める事も出来るが、
未舗装なため重い車体のバイクは注意したほうがいいかもしれない。

んで、まぁこの日は特に雨でぬかるんでいたので、
この木の後ろ側はこんな状態になっていた。

バイク縦列駐車(爆)

まぁこれはこれでTwitter映えしそうな光景である。

※このポイントの真横は、本当に普通の住宅です。
お越しの際は昼夜問わずエンジンを切る、大騒ぎしないなどの配慮をお願いします。
まぁこれは二輪に限らずだけどね。

魅惑の昼食ポイントまで40km

さて、ここからは一気に次のポイントのある長浜市木ノ元まで移動。
その距離およそ40km。時間にしてまぁ大体1時間。

とりあえず天候は持ちそうといえば持ちそう・・・・
いや、問題は午後からだ。
今、我々の後ろを全力で雨雲が追いかけてきているのである。

・・・・ちょうど、雨雲と雨雲の間を移動している感じなんだよね。

この10人10台。4大メーカー+Harleyの即興ツーリングチームの行方は如何に?

続きはこちらからどうぞ。
「Twitter発!琵琶湖一周マスツーリング ~湖北・湖西編~」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。