黒猫という守護者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

古今東西を問わず、猫を愛する絵描きは多い。

ダ・ヴィンチは
「猫は神の作った最高傑作である」
という言葉を残し、
ピカソやダリも猫を愛した。

猫のフォルムや仕草は芸術家の心を捕らえて離さない。
まぁ私もその猫に魅了された絵描きの一人だ。

“猫は生きているだけで偉い”

っていうのは、私が常々言っている事だが、
働かないのが良い事の猫達の中で、
特別な任につく猫がうちには必ず一匹いる。

それが“柴猫家守護役筆頭”黒猫である。

邪祓いの黒猫

この20数年の間、一時保護した猫を除き我が家には、
5匹の猫がやってきて、うち3匹が黒猫だ。

そして今そのうちの2匹が、
私の仕事部屋として借りているボロい3DK内を
我が物顔で闊歩している。

この2匹も相当クセの強い猫だが、
やはり印象深いのは既に他界した一匹目、
初代守護役だ。

猫には様々なジンクスがついて回るが、
中でも黒猫は“邪を祓う”と言われている。

 

初代がうちに来たのは、私が19になった年だった。
全くどこでそんな話を聞いたんだか、
私も邪祓いをしてもらうつもりで貰ってきた。

勿論、半分は冗談だ。
郷里にいた頃、年上の友人が飼っていた黒猫が
とても可愛かったから私もいつか黒猫と暮らしてみたかった・・・
というのが本音。

ただ、そんな摩訶不思議な話を聞くと、
試してみたくなる。
だって人間だもの(笑)

人ならまだ幼稚園児くらいの子猫に、

「お前に我が家の守護役を命じる。
今日から君が我が家の警備隊長だ。
怪異、その他諸々から家族と主である私を良く守るように」

と冗談半分に役職を与え、事あるごとに
「警備隊長!」とか
「防衛大臣~♪」とか
「黒猫軍曹殿っっ!!」といった名称で誉めそやした。

しかし、冗談というのは言ってみるものだ。

結局、その子猫・・・まぁ初代と呼ぶが、
彼女とは19年一緒に暮らしたが、
その間、確かに彼女はうちの守護役として仕事をしていたのだ。

守護役の仕事

其の一:門番

猫が子猫のうちは特に何てことなかったんだが、
成長するにしたがって、不思議な行動が目立つようになった。

この‟不思議な行動”のうち、猫あるあるの
“何もない所をじっと見る”
は除外する。

これについては所説色々あるし、
私もそれがいつも怪異と繋がるとは思えないからだ。

むしろ、“顔つき”や“目つき”というほうが重要だ。

うちは昔から“完全室内飼い”だが、
初代はいつも玄関へ出迎えてくれた。

通常なら足元にまとわりついてくるのだが、
ごく稀に、じっと見ているだけの時があった。
そして、その時の目と顔が妙に厳しい。

で、まぁそうゆう時って
大体外で変な事が合った時なんだよなぁ。

例えば“あ~、ここあんまり通りたくねぇなぁ”って
場所を通ってきた後とかな。

初代はあからさまに威嚇はしない。
いや、威嚇する事もあるが、それはよっぽどの時だ。

コイツは普段、どちらかというとジットリとした眼差し
なんだが、こうゆう時は妙に鋭く厳しくなる。

そしてひとしきりジッと見た後、
じゃれつきもせずフイっと部屋に戻る。

育つにつれて、そうゆう事が多くなった。
が、そうゆう事を初代がすればするほど、
家の中に変な気配がある時がなくなった。

其の二:査定

初代は猫の癖に犬みたいな所があった。
人には良く懐き、1匹目(長老)に比べると性格的に肝が据わっていた。

初代が若い頃は、ちょうど私も10代終わり~20代前半。
我が家には様々な人間が出入りしていた。

初代は大方の人間には懐いたが、中には懐かない人間もいた。

これを単純に相性と見てもいい。
が、今思い返しても初代が懐かない人間は、
私に対してなにがしか含むところや企みを持つ人間だ。

ちなみに、ジジイとの渡りをつけたTにも懐かなかった。
まぁコイツには長老も懐かなかったけどな。

其の三:病魔に威嚇する

初代は先住猫の長老と非常に仲が良かった。
勿論、全くケンカをしなかったわけじゃないが、
一方的に威嚇だけするような事は殆どなかった。

が、一度だけ、長老に寄り付きもしなかった事がある。

ある時、長老が急性肝炎で死にかけた。
一件目の病院が駄目な病院で、数日の入院の後、
「もう無理」と言って放り出された。

戻ってきた長老にむかって、初代はずっと威嚇をしていた。

先にも述べたが、初代と長老は仲がいい。
長老は初代の姿が見えないと探し回るし、
初代は自分の身以上に長老の毛づくろいをするくらい仲がいい。

にも拘らず・・・退院後、何日経っても初代は長老に近寄らない。
たまに寄ったかと思えば威嚇しては逃げていく。

「病院の匂いがついているからか?」

とも思っていたが、再度違う病院に入院させ、
長老が元気になって戻ってきた時は一切威嚇しなかった。

その後も何度か通院したが、やっぱり病院から戻っても
初代が威嚇する事はなかった。

その後、猫が増え、犬がきてもそうだ。

それぞれ予防接種や避妊手術で病院に行く事はあっても、
初代が威嚇することはなかった。

初代が威嚇する時というのは、
どうやら本当に大きな病気の時だけらしい。

(3匹目にはよく威嚇していたが、これは単純に相性が悪かっただけで、
そうゆう時はそのまま喧嘩になる)

猫より犬のほうが何だかんだで病院に出入りしている事が
多いが、初代は犬に威嚇した事がない。

日本ではまだ認知が浅いが、人のてんかん発作を探知する
“発作探知犬”というのが海外で活躍している。
初代は似た原理で異常を見分けていたのかもしれない。

ただ、それに対して威嚇するのは、
彼女にとって病気、身体的異常というのは
まさに“病魔”であり、
彼女が祓うべき対象だったという事なのだろう。

受け継がれるお役目

初代の仕事をザックリ紹介してみたが、
実は初代が元気な間は私自身も「気のせいだろう」と思っていた。

だってさ・・・あるわけないじゃ~ん、そんな事!ヾノ・∀・`)

が、私が上記の事やその他諸々を
「やっぱりアレは守護役としての役目を果たしていたのか」
と思うようになったのは、
二代目が就任してからだ。

初代が存命中、彼女の猫的寿命を考えて、
「跡目は誰が継ぐのだろう」
と薄っすら疑問に思っていた。

冗談半分とはいえ、
一応そうゆう役職をつけてしまったからな。
まぁ考えるよ、そりゃ。

初代は猫の癖に意外と生真面目な所があったから、
引継ぎは必ず行われるだろうと思っていたんだ。

猫が自分の後継者を選ぶ時、一体何を基準にするのだろうか?
やっぱり気ままな猫らしく、自分の好みだろうか?
それとも単純に年功序列か?

その二つの条件でいくなら、野良あがりの巨大な雄黒猫が本命。
初代はこの縦にも横にも巨大な猫を息子のように可愛がっていたからな。

が、どっこい。
跡目を継いだのは、若い雌の黒猫のほうだった。

意外だ、非常に意外だ。
初代はこの若い雌を嫌ってこそいないが、
ウザイと思っていたようだからな。

そうか、そこは実力主義や適材という条件で選ぶのか。
・・・・猫なのに、いや猫だから実力主義か!

え?何故、そんな事が分かったかって?

それは初代が末期の腎不全で倒れた時、
上記の其の三でやっていたのとまるっきり同じ事を
二代目がしていたからだ。

まぁ人にも霊感の強い弱いがあるように、
黒猫と言っても個体差はあるだろう。

人も女のほうが霊的な力が強いと言われるが、
猫も同じく雌のほうがそうゆう才が強いのかもしれない。

それとも、黒猫でも‟秘密のおパンツ”があると駄目なんだろうか?
雄猫は実に黒々としているものの、裏返すと秘密のおパンツがあるからな。

※秘密のおパンツとは黒猫の腹に一部分生えている白い毛の事。
世間では‟エンジェルマーク”と呼ばれるが、私はパンツだと思っている。
大体一日一回「漢のぉぉぉ~ビキニパ~ンツ」と腹を摘まんでいる。

 

まぁ後は気質だな。

猫は毛色で性格傾向が分かれるという説がある。
黒猫は甘えん坊で大人しく、賢い個体が多いらしい。

確かに初代も二代目も基本は大人しい。
特に二代目は片目が潰れているせいか、
カーテン登りもしないし、運動会も殆どしない。

が、それと戦闘能力は別らしい。

前に2度ほど野良猫が侵入した事があったが・・・・
自分より一回りくらいデカい野良を鬼の形相で追い回していた。

そういえば、日頃から同じ猫と思えないほどデカイ雄猫を
一方的にぶん殴っている事がある。

この「やるときはやる」という空条承太郎的性格が、
うちの守護役になるための条件なのかもしれない。

 

これはダンナ曰くだが、
お役目のある動物というのは色んな意味で強いんだそうだ。

そういえば初代も病気一つした事なく、
腎不全が進んで足がおぼつかなくなっても、
私が帰る時には玄関まで来ていた。

人にとってはほんの数歩の距離も、
病気で老齢の猫にとっては一大事業だったろうに、
本当に最後の最後近くまで、彼女はそうして私を出迎えた。

彼女は最後の最後まで守護役としての職務を全うしようと
していたのだ。

資質が先か役目が先か

まぁこれらの事は本当に私の思い過ごしなのかもしれないが、
犬にしろ猫にしろ多頭飼いをしている人なら
「コイツ、明らかになんか違うんだよなぁ」
という個体が1匹2匹混ざると言うのは感覚的に分かっていただけるだろう。

私は自分の許容範囲を超える数を飼うのは、
正しい事だと思わない故、
20年間で家に置いたのは5匹の猫と1匹の犬だけだが、
40年の人生で見ると、それなりの数の犬猫と関わってきていると思う。

その中には何匹か黒猫もいたが、
こうゆう特殊な話が付いて回るのは初代と二代目だけだ。

うちに来るからそうゆう猫になるのか、
そうゆう猫だからうちに来るのか。

鶏が先か卵が先かという話で、
私とダンナは「まぁ半々なんじゃね?」なんて話はしている。

まぁこれも「お神のみぞ知る」って話で、
本当の所なんざちっともわかりゃしない。

が、ただ一つ、私に分かっている事があるとすれば、
どうやら初代、
次は長毛の三毛猫になる気でいるらしい
という事だけだ。

 

二代目も今年で7歳。
コイツがうちに転がり込んできたのは、初代が15歳を迎えた頃だ。
また同じように二代目が15歳を迎える頃に3代目がやってくるんだろうか?

ただ、その時就任する守護役筆頭は、
三毛猫として戻ってきた初代なのかもしれないと
密かに信じていたりする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。