逸聞コレクション

3行創建記から古代人の移動を妄想する

一つの事から
芋づる式に考え始める。

というのが、
創作をしている人間の習性である。

妄想癖と言いたかったら言ってくれ。
だが、人の歴史は
「こうかもしれん」
の妄想の積み重ねである。

続きを読む

本当にあった怖いお局の話

怖い話のジャンルには
「ヒトコワ」
というものがあるらしい。

ヒトコワとは、そのまま
「人が怖い」
の略らしいんだが、私にしたら
今更感しかない。

いつの時代も本当に怖いのは‟人”だ。

続きを読む

祖父の失敗は母の成功の元 ~おふくろの味は田んぼダイブに由来する~

最近、脱ペーパードライバーを果たし、
車で遠出もするようになったバイクBBAである。

所で、皆さんは
「ドライブのおとも」
にする食料はなんだろう?

お菓子ではなく弁当的な意味でだ。

我が家では一風変わった‟あるもの”
が定番になっているんだが、
それにはこんな経緯が隠されている。

続きを読む

寒国夜話 ~酔っぱらいは最強~

自宅のすぐ手前に絶妙なカーブがあるせいで、
冬季「事故多発地帯」と化す我が実家。

大概は、寒さに負けて一杯ひっかけた馬鹿者が事故るのだが、
まぁ中には・・・・そうじゃないのもある。

続きを読む

寒国夜話 ~リアルに怖い実家の話~

ここで常々“出る家”としてネタにしている我が実家

実はこの家の怖さは、別に心霊に関する事だけに留まらない。

とっても物理的に、
リアルに怖いエピソードのある家なのだ。

今日はそんな実家のリアルホラーというか、
リアルスプラッタな話。 続きを読む

血もしたたる・・・・ ~実録・郵便配達戦記~

世の中には様々な「利用規約」というものがある。

乗り物だったら持ち込んだらいかんもの。
何かを送る場合だったら、送る事の出来ないもの。

でも、かりに利用規約に書いてなくても、
一般常識的に考えたら「これはマズイだろう」っていうものは
あると思う。

続きを読む

年末年始、お年賀最前線を駆け抜けろ ~実録・郵便配達戦記~

私には人生で4年ほど絵から離れた時期がある。
その4年間、何をしていたかというと
「郵便配達員」
をしていた。

そう、真っ赤なカブで町中を駆け巡っているアレだ。

郵便屋になった理由は色々あるが、
要約するとこの一言に尽きる。

‟あの赤いカブに乗りたい”

そんな馬鹿な理由で宮沢賢治の手帳メモのように
毎日毎日手紙を配達しまくったのである。

続きを読む