逸聞コレクション

変人vs変態 何処までも平行線的な2人のやり取り

昔から、世に言う所の
「変態」「キチ〇〇」
によく出くわす。

ダンナ曰く、怪を寄せる人の中には、
同時にそうゆう類の人間を寄せるやつも多いそうだ。

それは‟怪異”というこの世ならざる、
いわばこの世の理から外れたものというのは
‟はみ出ている”
という意味において、結局上記の輩と同じだかららしい。

更に言えば、怪異と関わる人間も‟はみ出ている”という点で
結局変態やキチ〇と同じなのだ。

続きを読む

見送る星の元 ~ツバメの雛を保護したのだけれど~

自宅で生き物を扱えば、当然その臨終に立ち会う事になるんだが、
私は基本外を歩いていても生き物の死に際に出くわす。

これについても理由はよく分からず、ただダンナは
「君はそうして‟見送る”星の元に生まれているんだろう」
と言う。

まぁ大体は死ぬ瞬間だが、稀にその少し手前の奴に出くわす事もある。

続きを読む

喫茶店・サン丸遺失物奇譚2

20代の頃バイトしていた喫茶店は、
もはや70を過ぎようというチャキチャキの名古屋っ子の
婆さんが切り盛りする小さい店だった。

飲食店は散々務めたが、思えば変なエピソードが一番
多かったのが、ここ‟喫茶・サン丸(仮名)”である。

続きを読む

喫茶店・サン丸遺失物奇譚1

世の中に星の数ほどある喫茶店。
中でもここ名古屋は、
今も喫茶店による陣取り合戦が繰り広げられている。

20代の頃にバイトをしていた喫茶店
「サン丸(仮名)」は、
8畳ほどの小さい店だが、
稀にトンデモナイモノを持ち込み、
忘れていく人がいた。

続きを読む