奇妙な話

イマジネーションの宝庫 夢を見る方法

私は昔から「夢」と呼ばれるものをよく見るほうだ。
(この場合の夢は人生の目標ではなく、寝て見る夢)

それが良いか悪いかはさておき、
そもそも
「夢なんて見ないし、見ても覚えてないよ」
という人が結構いる。

今日はそんなあなたに贈る
「夢を見て覚えておく方法」
である。

続きを読む

境界人の年末年始 ~大祓と初詣で気持ちの切り替えをする~

どちら様もあけましておめでとうございます。
本年もこの何処まで本当で
何処まで本気か分からない
境界百景をよろしくお願い致します。

正月早々、不思議な話もどうかと思うので、
今日はひとまず私の年末年始の過ごし方。

まぁ想像通りな感じだけれど、こんな事をして過ごしている。

続きを読む

偶然に偶然を重ねる ~運命の鎖を握るモノ~

クリスマスも終わり、いよいよ年末。

一晩で‟ジングルベル”から‟ゆく年くる年”へ
シフトチェンジされた街を眺めて思うのは、
ある年に私が体験した

平凡だが不思議な偶然の連鎖。

あの年の年末から年始にかけて起きた
一連の出来事は、
一つ一つは平凡だが、
一つでもズレたら
今私がいる場所もまた違っていたものになっている。

そして結局人生というのは、そうゆう出来事の集合体である。

続きを読む

雪山ゲレンデ珍事

クリスマスというより、普通に年末の柴猫家である。

今年は暖冬だというが、やっぱり何とかして滑ろうとする
スキーヤーも多いだろう。

私もかつてはスキーヤー。
というか、冬の楽しみ何ぞスキーとスケートしかない所に住んでいた。

今日はそんなゲレンデ小話。

続きを読む

足取り階段 ~実録・郵便配達怪談~

世の中には「ヤバイ物件」というのがある。

心霊的にヤバイものから、住人がマジキチなのも含め、
「ヤバイ物件」

そうゆうものに多く関わるのは主に不動産屋だと思うが、
実は郵便屋もその手の怪しい物件にぶち当たる事がある。

だって・・・配達先は自分じゃ選べないからな。

続きを読む

死者の婚礼 むかさり絵馬

東北地方には「むかさり絵馬」という風習がある。

いや、私もテレビで見ただけで、原画を見た事はない。
ただ、それが妙に頭に残って、
ある時、そのむかさり絵馬を描いてみた事がある。

続きを読む

生霊騒動

昔から不可解な案件を持ち込まれるのが
私の人生のデフォルトだ。

いや、別に不可解じゃない普通の人生相談も阿保ほどされるのだから、
その中に一つ二つ三つ四つ・・・変な話が混じるのはしょうがないのかもしれない。

しかし、そうして私が関わる事でスンナリ事が運ぶというは、
一体どうゆう事なんだろう?

続きを読む

山伏文化の殿堂 櫻本坊

今回の吉野山ツーリングで、前から立ち寄ってみたいと思っていた
「櫻本坊」へ立ち寄る事にしたのは、
こちらでも普段公開されていないものが特別開帳されていたからである。

大峰山の護持院、櫻本坊の中は一体どうなっているんだろう?

続きを読む