人から聞いた奇妙な話

コタローさんという狐 ~京都・名古屋・高山を駆けるお遣い子狐物語~

うちのダンナが怪異について語る時、
こう言っちゃなんだが、
怖さもありがたみもない。

けして話下手ではないし、説明も下手ではない。
ボキャブラリーが少ないわけでもない。
が、“物語る”というのが下手なのだ。

何しろ某神社に以前あったという
アメノウズメノミコトの絵の説明をさせたら
「昔のは、もっとチチ放り出した格好で・・・」
という調子なのだから。
せめて「胸をはだけたしどけない姿で」くらい言え。

今夜は、そんなダンナの嘘や誇張がないゆえに、
ありがたみに欠ける話を
ありがたみがないままにダラダラ書きたい。

続きを読む

蝶異聞

高山という土地を訪れると、妙に目につくのが蝶である。

前回水無さんを訪れた時は、ずっと蝶がついてきていたし、
高山には蝶の博物館があるらしい。
そして高山のある岐阜県の名を冠した「ギフチョウ」もこの辺りには生息しているそうだ。
バイクで走っていてもアチコチで蝶が飛んでいるのを目にする。

蝶、蝶ねぇ。
そういえば、うちの無口な祖母も蝶についてこんな話をしていたな。
続きを読む

真に恐ろしきは人の口なりや

県内では程々に有名らしい古虎渓の心霊スポット
‟古虎渓ハウス”

だがしかし、もっとも身近な‟見える人間”であるダンナは
「別に俺にしてみたらスポットなんてそこら中にある」
とよく言う。

そんな訳で、今回は‟続・古虎渓の怪”
ダンナが古虎渓ハウスの傍で体験した話を紹介したい。

続きを読む

古虎渓ハウスの怪

夏になると必ず「心霊スポットに凸る」という話が出てくる。
まぁ別に行くのは勝手だけどな。
自己責任で行くのであれば止めない。

ちなみに私は基本行かないほうだ。
理由は簡単。
蚊に刺されるのが嫌だからだ。

つーか、確実に霊感があり、行けば必ず見れるというならまだしも、
0感で見えるかもわからんのに、わざわざ行く奴の気が知れない。

とはいえ、世の中には「そうゆうものを見てみたい」という人もいるだろう。

そんな訳で、今回は夏休みスペシャル企画!として、
とある心霊スポットを見に行ってみた。

続きを読む

幽霊も元は“人の子”

今はすっかり丸くなり、普段は“ただの好々爺”と化している
拝み屋のジジイだが、実は若い頃・・・
Vシネマによくある職業
をしていた事がある。

これについてはうちのダンナも同様で、
だから多分仲良くなったのかなぁって思っている。

勿論、二人とも今はすっかりカタギだ。
まぁ拝み屋って職業をカタギに数えていいかの謎はあるが(笑)

続きを読む