奇妙な話

21世紀天狗考察

スピリッチュアルな話で、よく話題に上がるのは
東洋なら龍、狐
西洋なら天使
な気がする。

こうゆう人気というのは
やっぱりビジュアル的要因が大きいのだろう。

龍は何しろデカい、狐はモッフリ。
そして天使は美の塊である。

だが、この国には古来より人に近くて人ならざる
「天狗」
という妖モノがいる。

続きを読む

視えない重み ~怪異を運ぶ~

連日、テレビのニュースで水遊びの際の事故が報道されている。

非常に痛ましい事ではあるが、
これだけ暑ければどうしたって
人は水場に集いたがる。

しかし、水ね。
これは、直接水がどうこうではないが
不幸な水の事故を聞くと
私はあの夏のちょっと不思議な事を思い出してしまうんだ。

続きを読む

バイクのクセと残留思念についての考察

もうぼちぼち、納車から1か月である。

元々同じ車種だし、そう違いはないはずなのだが
新しいW800に跨る度、おや?っと思う事がある。

スペックとか、年式とか、
そうゆう事ではなく
私がハンドルを握って思う
頭がおかしい新と旧の違い。

続きを読む

猫盆 ~自宅守護役初代と二代目~

うちは猫を飼い始めた当初から
‟自宅守護役”
もしくは
‟自宅警備隊長”
という黒猫を置いている。

置いているというか、
最初の一匹に冗談半分でそんな役職を与えたら、
何故かそんな風に育って、
オマケに自動的に二代目が着任していた。

今日の話は、そんな守護役たちの不思議な話。

続きを読む

古都における神社仏閣派閥争い被害について

世界的に有名な観光名所、観光都市と言えば
やはり京都・・・である。

私も京都は嫌いじゃないし、
名古屋から新幹線ですぐなので
別に通い倒してもいいくらいなんだが・・・

実際に京都を訪れたのは名古屋に住み始めて
15年以上経った頃である。

いや、名古屋に住む前に一度訪れているのだが、
それ以降全く行っていなかったのだ。

何故、私が京都を訪れなかったのか?
それにはこんな奇妙な話が絡んでいる。

続きを読む

怪異の通う部屋

実家を出てから早いもので
四半世紀経とうとしている。

その間、何度か住み替えをしているが、
ダンナと生活する部屋と別に
私名義で‟画室”兼‟ネコ部屋”としている別室は
‟事故物件スレスレ部屋”
である。

幸いなことに部屋には何もないのだけれど、
問題は私の部屋ではない。

私の隣、‟大家の部屋”である。

続きを読む

獣医は助けた猫に嫌われているのか?

一飼い主として、獣医という仕事は
本当に凄い仕事なんだと思う。

人間を診るのでも時に大変だと思うのに
言葉の通じない獣を相手にし、
オマケに飼主である人間までも相手にするのだから、
手間で行けば人の医者の倍な気がする。

続きを読む

猫という小さな猛獣 ~家庭内野良猫、家庭の猫になる~

元野良で今も昔も‟我が家最大最強”である巨猫

餌やりさんから引き受けて、半年以上経っても
奴は私に指一本触れる事を許さなかった。

人から大した根拠なく「飽き性」と言われる私だが、
どうゆう訳か、この懐かない小さな猛獣を
その後も飽きる事なく飼い続けた。

続きを読む