涼を求めてダム巡り・早朝恵那ツーリング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

‟涼”を求めて三千里・・・いや、たった片道70kmの早朝ツーリング。

ユニークかつ、やや困惑する案山子の立ち並ぶ
‟かかしストリート”を後にして、
やってきたのは朝の恵那峡だ。

人口湖・恵那峡

中部地区にお住まいの方なら大体誰もが名前は聞いた事があるだろう
「恵那峡」

具体的に何なのよ?って話だが、
恵那峡は約80年ほど前、木曽川に作られた大井ダムで出来た人口湖だ。
「恵那峡」という名前は、大正9年に地理学者・志賀重昂氏によって命名されたものなのだそう。

かかしストリートからここまでくる途中に丁度大井ダムの西側を渡る橋を通ったのだが、
途中で止まって眺められないのが残念なほど絶景だった。
(東雲橋になるかな?)

恵那峡の遊覧船乗り場近くには無料駐車場があり、
ちゃんとバイク専用スペースも用意されているのが
ツーリング客にはありがたい。

とはいえ・・・・平日の早朝なので、人っ子一人いなくて止め放題!!(笑)

そこから湖近くまで歩いて行く道は現在工事中。


しかし湖の淵に添ってある遊歩道は入る事が出来るので、
散策してみる事にした。

時刻はまだ7時。
いるのは・・・・工事関係者だけ(爆)

その工事関係者の中を「何だこの人」みたいな顔をされながら、
テクテク歩いて行く。

・・・・まぁ早朝何処かに行くと、大体こうゆう顔されるのでもう慣れた。
とりあえず自殺者とかと勘違いされて止められなきゃ良し!!(爆)

※この間の天理ダムもそうだけど、ここも何気に心霊スポット。
まぁ気にしないけどな。気にしてたら何処にも行けないって(;・∀・)

恵那峡は遊覧船から見える奇石が名物のようだが、
徒歩でも見れるものが数個あるそうだ。

が、今回奇石はどうでもいい!とにかく水辺を歩きたい。

暑いから‟涼を求める”というのもあるが、
私は何故か定期的に水のある所に行きたくなる。
まぁ希望としては小川が流れてて、そこに足を入れたいが
とりあえず傍を歩くだけでもいい!!

 

遊覧船乗場付近から続く石畳の遊歩道は、
湖水に突き出た小島のような部分のヘリに添って敷かれていて
湖を見ながらゆっくり散策できる。

対岸には「恵那峡ワンダーランド」の観覧車と「恵那峡大橋」
(観覧車右手の赤い橋)

ちなみに今回は面倒で行かなかったが、恵那峡大橋の北側には展望台があり、
そこからも湖の周りの奇石を見る事が出来るそうだ。
(恵那峡大橋自体は橋の上は駐停車禁止だが歩道が設置されている。
展望台にも駐車場があるので、降りてゆっくり歩いて見るのがいいと思う)

下から間近で奇石を見上げてみたいなら、やっぱり遊覧船かな?
HPを調べてみると、湖周辺の奇石の傍を通るクルージングを
楽しめるらしい。

大人でも1280円程度で、HPの割引券を使えば1150円になるので、
他所のライン下りなどに比べると結構お値打ち。
これは次に来た時に是非乗ってみたい。

恵那峡遊覧船HP:http://www.tohsyoh.jp/ship

 

少し薄曇りの天気でも、こうゆう水鏡ってやっぱりいいよねぇ。

iPhoneだと中々再現出来ないが、実際は冷たい空気に朝靄が立って、
中々幻想的である。

湖以外にも湖の周りには蓮の鉢などが複数あって、
そのいずれも丁度見頃。
遊歩道のある公園も春は桜が沢山咲くらしい。

恵那峡の周りは結構見所が多いんだよね。
「恵那峡ワンダーランド」は言うまでもないし、
傍の「恵那峡の里」は芝桜が見られるし、
「ストーンミュージアム」も面白そうだ。
この人口湖の周りの自然も季節によって様々な姿を見せてくれるだろう。

季節毎にリピートして、各名所をコンプリートすると面白いんじゃないかな?

日本一の木造水車で涼む・道の駅山岡

さて、恵那峡の周りをテクテクした事でとりあえず目標を達したので帰ってもいいが、
せっかくここまで来たので、もう少しフラフラ走って帰りたい。

そんな訳で、帰りにもう一つ立ち寄ったのが
「道の駅 おばあちゃんの市山岡」

恵那峡から車で40分強南西に向かった所にあるこの道の駅も、
やっぱりダムの傍にある。

この道の駅の名物は日本一大きい木造水車。
遠目に見て「観覧車か?」という感じでクルクル回っている。

う~ん、これは結構離れないとフレームに収まりませんな(;・∀・)

そんな訳でダム側に回る。

この水車の直径は24m。
そこから考えると、6~7階建てのマンションに相当するのかな?

傍に立つと水しぶきが飛んで来て涼しい!
が、眼鏡族は眼鏡が濡れる!!(笑)

この地区では陶石用の砕石を製造するのに古くから水車が利用されていたそうだ。
その後建設された小里川(おりがわ)ダムによって今まで使用されていたいくつもの水車が水没する事になり、
ダム完成後にこの地区の産業遺産のシンボルとして作られたという。

私は特に水車のある地域には住んでなかったけれど、
水車ってなんか見ると和むよね。

そして水車からのこの眺め。
でも上の話から察するに、この水の下には古い民家とか沈んでいるのかなぁ?

そして、ここにはこんなものもある!

ある種の人間には水車より涼める吊り橋!!
勿論、自由に渡って良し!

この橋の中央まで行くと小里川(おりがわ)ダムを眺める事が出来る。

勿論、下は見ちゃ駄目だ。
高い所が好きな私でも流石に真下を見ると、ケツがムズムズする(;・∀・)
しかも中央で立ち止まって写真撮っていると微妙に揺れているし・・・
あ、これは・・・・水車より涼しい(メンタル的に)

んで、夏休みに子供を何処へ連れていこうか考えている親御さんに朗報。
この小里川ダムは中を見学も出来るそうだ。

内部を見て回るちゃんとした見学は予約が必要みたいだが、
エレベーターを使って下に降りたり上から眺めるのは自由のよう。
中はひんやりとして涼しいらしい。

上の水車で涼んで、
吊り橋でメンタルも冷やして、
最後にダム見学すれば遊びから自由研究まで全部片付くんじゃね?

私もダム見学はしてみたかったが、
エレベーターの使用を含めダム内に入れる時間は
11時~16時のため、この日は見学することは出来ず。
今度はちゃんとした時間に来よう。

あとは道の駅内にあるコレ。

方々でこうゆう「幸せの鐘」みたいなのあるけどね。
ちなみにここの金の上にある像?はおじいちゃんとおばあちゃんの
姿をしている。
「ともに白髪が生えるまで」
って事なんだろうかね。

うちは年の差夫婦だが、最近私も白髪が生えだしたからな。
冗談抜きで‟ともに白髪が生えるまで”になってきたぜ(;・∀・)

んで、肝心の道の駅は・・・9時オープンのために立ち寄れず。
まぁここはまた別目的で来るので今回はここまで。

道の駅「おばあちゃん市・山岡」http://obachanichi.jp/
※9時オープンだが、食堂は11時からだったり、
土日祝しか開いていない売店もあるので、詳細はHPでご確認下さい。

小里川ダムhttp://www.cbr.mlit.go.jp/shonai/origawa/
※ダム見学は放水の時間が一番いいみたいなので、
確認・お問い合わせはこちらへどうぞ。

名古屋―恵那ルートまとめ

ツーリングの楽しみはルート選びにもある。
特に今のように暑い時期は何処を走るかで疲労度は違うので、
今回私の走ったルートをまとめたい。

普段街乗りだけ・・・という東海地区のライダーさんに参考にして
頂けると嬉しい。

名古屋→恵那へ。

今回は早朝と言う事で素直に19号を使用。
早朝は渋滞なしだが、朝夕は結構酷い混み具合なので使わない事をお勧めする。

勿論高速を使うのもいいけれど、排気量小さいと高速結構疲れるし、
排気量あっても高速が怖い人もいるだろう。

恵那まではそこまで遠くないので、ここは是非下道で!

恵那→名古屋

今回の帰りは瀬戸周りで帰ってきた。
おばあちゃん市・山岡少し南にあるR363を西へ進むルート。
(参考までにR363を東へ進むと日本大正村にいけるっぽい)

道は林間を抜けるカーブの多い道で、
木々の合間を吹き抜ける風が爽やなため天候が良くても
「焦げる!!」という感じはしないと思う。

ただ、カーブと木で見通しはあまりよくないので、
安全運転で走ろうね。

曽木の辺りで北上する県道69号へ入ると、「道の駅・土岐美濃焼街道」へ。
更にそこから少し走ると「道の駅・志野織部」までも行ける。
(そして更に「可児ッテ」とか。この辺割と道の駅密集してるんだよね。それぞれの間が15分くらい?)

一応今回立ち寄った場所をマッピングしておいたので、参考にして頂けると幸い^^

一番の目的は走る事ですから

所で、プチツーとはいえお出かけに必要な要素が欠けていると思った方はいらっしゃらないか?

ツーリングでもドライブでも出かけたら皆大体やりそうな事、
それは・・・グルメ(`・ω・´)ノ

・・・が、今回明け方出発→午前10時帰宅で、
全く何も口にしてない(笑)

中免取る前に女性ライダーだという人から
「男性ライダーとツーリングに行くと、目的地までかっ飛ばして、
目的達成したら真っ直ぐ帰ってくるからつまんない!
女子としては、アチコチで食べ歩きしながらノンビリ走りたいのよね~」
と言われたんだけど・・・

実際自分が免許取って中型以上のバイクに乗ったら、
やっている事がまるっきり男性ライダーみたいなツーリングになっていた。

別にだからって自分が男らしいとは思わず、
単純に何を目的にするかの差だろう。
大体、一々止まってたら遠くまで行けないじゃん(;・∀・)

まぁ機会があれば食べるけど、
大体、この日のように店が開いてなかったり、
混んでたりとかして食べ逃しちゃうし、
大体目的地も便宜上目的地ってだけで、
基本走るために目的地を設定しているんだよね(;・∀・)

 

さてさて、月が替わって8月!
8月に入って早速また行って来た所はあるが、
今月は‟あのイベント”が待っている。

次回はサイトタイトルに則り、また不思議な話をさせて頂きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。