浜名湖~渥美半島一周!道の駅スタンプラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

運転技術向上のために始めた「道の駅スタンプラリー」
今回はほぼ、そのためだけに走るという趣旨のツーリング。
これは、その後半戦である。

浜名湖と遠州灘に沿って走れ!

さて、‟道の駅 鳳来三河三石”を出た後は、県道81号にのって南下する。
向かう先にあるのは、ミカン王国三ケ日と更にその先の浜名湖である。

県道445号は軽く難所

浜名湖というか、浜名湖の南に広がる遠州灘までは何本かルートがあるんだが、
今回は浜名湖横のR301を走ってみたい。

この道、浜名湖の西側をず~っと走って遠州灘近くまで続いてるんだよ。
走りたいじゃん、浜名湖の横!

んで、そのために81号を進み、途中で県道445号に入ったんだが・・・・
この445号が思ったより道悪かったね(;・∀・)

まず道幅が狭いのとガードレール等がない場所が多々ある。
途中に三ケ日砕石所があるせいなのか、所々に砂利というか砂というか落ちている個所があった。
っていうか、採石所があるならダンプが通る事もあるだろうが、すれ違う時どうするんだろう(;´Д`)
「やめて~、ダンプはやめて~」と思いながら下る。
(本当、幽霊よりこっちが怖い。あんなものに当たったらミンチ確定)

細い山道が嫌な人は、大人しく新東名で「浜松いなさ」→「三ケ日」まで行ったほうがいいかもしれない。
むしろそうゆう道が好きな人はどうぞ!面白いから!!(結局そこな)

そして、少し酷道風味の山を抜けると
・・・・・そこはミカン王国だった。

三ケ日は‟三ケ日ミカン”で有名だ。
が、買ってまでミカンを食わない私にはミカンその物より
深夜バスの途中休憩でいつも飲んでいた‟三ケ日ミカンジュース”のイメージが強い。

あの頃「まだつかないのか、だりぃ~」と深夜に飲んでいたジュースの製造地をこんな形で通過する事になろうとは。
いや本当、まさか自分で、しかもバイクでここまで来ることになるなんて、
あの頃は一ミリも考えていなかったな。

あぁ、三ケ日は本当にミカン王国だ。
走れば右も左もミカンの木。

今はまだミカンには早いが、
ひょっとしたらミカンの花の時期や実がなる頃に来ると、
空気が黄色く見えるほどミカンの香りがするのかもしれないな。
そしてそのほのかな香りは、あの445号の山の上まで届くのかもしれない。

・・・・また時期を変えて445走ろうかなぁ?(笑)

浜名湖を通過するならR301!

さて、ここからがお待ちかね。
左手に浜名湖を見ながら走る風光明媚なR301号だ。

浜名湖はきちんと来たのは初めてというか、前に高速で浜名湖ICを通り過ぎたくらいにしか来た事がない。
改めて見ると本当にデカイなぁ。
停まれなくて写真がないのが残念なほどデカい。

木の生い茂る山を抜け、遮るもののない道だからさぞかし暑いかと思いきや・・・
湖から吹き抜ける風が涼しい。
爽やかである。非常に爽やかだ。

道の途中‟瀬戸トンネル”というのがあるが、不思議とこれを抜けると潮の香りがする。
まだ海まで距離があるはずなんだが、風向きで匂いが届くのかなぁ?

バイクに乗る面白みっていうのはこうゆう所にある。
全身で色んなものを楽しめる。

5駅目:塩見坂

さてお待ちかね!!今日のメインの道の駅「塩見坂」

そう、ここで遠州灘を眺めつつ、飯食って足湯に入るために
何も食わずに走ってきたんだ!私は!!

ここはな~、シラス丼が名物だそうだが、
たまに同じ値段で‟生シラス丼”が食べられるらしいんだ。
(入荷した時のみ)

早速、食堂に飛び込みメニューチェック!!
・・・残念ながら生シラスは未入荷。
だが、普通のシラス丼も好きなので早速注文。

はい!!シラス丼(830円)

そしてシラス丼か~ら~の~、
遠州灘!!

遠州灘で捕れたシラスと遠州灘のコラボレーション!!
さて、頂きます。

おぉ!これは!!中々白飯まで到達しない!!
シラスが白いから白飯が見えないんじゃない!
本当に厚くシラスが乗っているから白飯が見えないんだ!!

そしてこの味噌汁~、これってやっぱり‟浜名湖名物・あおさ”だよね!
美味いわ~、味噌汁も美味いわぁ~!!

そしてこのテラス席。
今日は薄曇りとはいえ、テラス席は暑いかと思いきや遠州灘からの風が涼しいじゃないか。

最高、最高のツーリングランチだよ。

そして、飯の後は・・・・遠州灘を眺めながらの足湯!!


※食堂のテラス席右横が足湯。

規模はもっくる新城より小さいかもしれないけれど、ロケーションが最高の足湯。
腹は一杯、足は焼けそうではなく程よくヌクヌク、
そして目の前はオーシャンビュー。

たまにはこうゆうツーリングもしないとねぇ。

さて一息ついてスタンプも頂き、さて次へ行こうか?

塩見坂:http://www.shiomizaka.com/
営業時間 8:00~19:00※食堂や足湯の時間はまた別なので要確認。
二輪駐車スペースはあるものの、少し狭くて停めにくい。

6駅目:赤羽ロコステーション

塩見坂からはR42に沿ってひたすら東へ走る。
この道も海沿いだから、海が見えるのを物凄く期待して選択したルートだった。
が・・・・あれ?思ったより海見えない?ん?
でもな、地図上で一番海に近い道ってココなんだよね。
ずっと「伊良湖岬へ」って看板出てるし。

海は見えずともやはり海岸沿いなのか、
それとも正午を過ぎたからなのか、
日差しがキツイ。
期待していた海風がない!!

更にもうお約束の股火鉢が火を噴く(笑)

足が!足がローストされてしまう!!
あぁぁぁぁ~焼けるぅぅぅ~と叫びながら飛び込んだのが
「赤羽ロコステーション」


※このカメラワークの雑さ加減でいかに暑くてフラフラになっていたか、
感じ取るがいい。

なんとも爽やかな外観なんだが、本当熱いよ。
なんかね、ここは私のような元々日照時間の短い地域から来た人は居たら駄目な気がする。
ライダーよりサーファーのほうが似合いそうな気がする(爆)

だって、ここの傍の赤羽ロングビーチってサーフィンのメッカなんだもん!!
ここのゆるキャラも‟カメファーくん”だもん!!


駄目だ、ライダーが入る隙が一ミリもねぇっっ!!


※とりあえず建物の前はオーシャンビュー。クソ暑いけど。

クールダウンがてら売店を覗くと、メロン、メロン、メロン、
そしてドラゴンフルーツ
売り場まで南国の香りだ(;・∀・)

ここは二階に展望台があるんだが、もうそこまで行く気力もなく、
とりあえずカフェインを摂取する。
(ツーリング中のカフェイン摂取大事)

さぁ、まだ渥美半島は先が長い・・・行こう。

赤羽ロコステーション:http://www.taharakankou.gr.jp/spot/000237.html
営業時間 9:00~17:00 ※年中無休
二輪駐車スペースはないよう。
ここというよりもこの周辺にメロン狩りイチゴ狩り、
サーフィンスポットなどが点在している。

7駅目:伊良湖クリスタルポルト

この渥美半島一帯は「渥美半島菜の花浪漫街道」というそうだ。
確かに、渥美半島は割と早い時期から菜の花が咲いている。

これから向かう伊良湖岬というか伊良湖のフェリー乗り場は過去に一度来た事がある。
春先に家族旅行で知多の師崎(もろざき)から、フェリーで伊良湖へ渡ったのだ。
確かまだ4月前だったが、上陸して車窓から目に入ったのは鮮やかな菜の花だったな。

42号からの眺めは相変わらずで、照り付ける太陽と足を焦がすエンジンも相変わらずだが、
それでもいよいよ伊良湖岬が近づき、道が上り坂になると再び海が近くなる。

特に標高がある‟日出の石門”あたりから‟伊良湖ビューホテル”くらいまでが、一番よく海が見えるかな?

というか、ここで下調べが甘くて、日出の石門を通り越してしまった!!
まぁ、ここは名前の通り一番いいのは日出だからなぁ、改めてこよう。

伊良湖へ来たら立ち寄りたいポイント「伊良湖岬灯台」と「恋が浜」も今回は見送り。
入口から駐車場を覗いたら結構人がいたからな。

確かに海は夏が旬!という感じだが、実はさっきの日出の石門も
本当に面白いものが見れるのは秋口のようだ。
来月か再来月に出直してみよう。

伊良湖岬を通り越し、すぐその先にあるのが「伊良湖クリスタルポルト」

ここは道の駅兼フェリー乗り場。
いや、メインがフェリー乗り場で、道の駅はオマケかもしれない。

チケットカウンターの傍には大きな窓があり、フェリーがある時はここから見えるのだろう。

せっかくなので、ここから行ける港を紹介すると鳥羽、篠島、日間賀島。
しかし篠島と日間賀島は一般車両の走行制限があるので、自家用車を持って渡れるかは微妙。
(前にフェリーで師崎から伊良湖へ来た時は、前日日間賀島泊まりで車は師崎港において高速艇で行っている

ちなみに過去一度家族旅行で使った師崎~伊良湖間のカーフェリー「フラワーライン」は
2014年9月30日をもって廃止になっているそうだ。
フェリーの旅は短時間でも面白いものなのに惜しいことだ。
(漁船に乗らなくなるとフェリーと高速艇しか乗れる船がない)

伊良湖クリスタルポルト:http://www.irago.net/port/index.html
かなり例外的に24時間営業(笑)
二輪用駐車スペースは特に見当たらなかった。

寄り道「海とバイク」撮影ポイント!

今まで走った道はR42で「表浜街道」という。
そしてそこから先のR259は「田原街道」という。
ここから次の目的地へ向かうまでの間、再び寄り道をする。

クリスタルポルトへの入口「伊良湖港入口」の信号を左折し、
すぐに見える「宮下」という信号を更に左折する。
この道は「休暇村伊良湖」へ続く道なのだが、ここが海のすぐ傍を走る道なんだよ。

今回せっかく渥美半島へくるので海の見える所でバイクの写真撮りたいなぁと思って、
事前にルート内を探しておいた。
(またストリートビュー活用。こうゆう時も便利です!!)

実際来てみると、車道から一本堤防沿いに入ったところも車を停めている人などいたので、
ちょっと停めるくらいならいいようだ。(ずっとそこを走行してもいいかは謎)

で、こうゆう夏っぽい写真を撮ってみる。

やっぱり、モデルがいいとキマるよね!!(笑)

W800は特に高級バイクではないと思うが、
こうゆうクラシックスタイルのバイクは特別な事をしなくても写真映えしてくれる。

バイクは乗っても撮ってもいいよなぁ。

8駅目:田原めっくんはうす

さて、休暇村の横を抜け、再びR259へ戻る。
もう少し雲のない日なら途中で蔵王山展望台へ寄っても良かったが、
少し雲があるのでやめておく。
(蔵王山からは天気がいいと富士山まで見えるそう)

しかし・・・暑い。一応海沿いの道は来たが、車も増えてきたのでちょっとの海風では冷えない。
そしてやっぱり足がローストになりそうだ。
さてヒイヒイいいながら辿り着いたのは「田原めっくんはうす」

駄目だ、もう建物の全容が入るように駐車場を歩く気力がない。
ちょっと水分というか、体の中から冷却したいんだけど?
そんな事を考えながら中に入ると・・・・高田純次!!

いやそうじゃない「メロンソフトクリーム」

めっくんはうすに限った話じゃないが、渥美半島はとにかくメロンとイチゴだらけだ。
実はあまりメロンは好きじゃないんだが・・・でもソフトか。
加工品ならいけるなぁ。
(味は好きなんだけど、後から舌が痛くなったり苦みで気持ち悪くなる事がある)
本当は西尾で抹茶ソフト食いたかったんだけど・・・とりあえず同じ色だし(え?)
メロンで手を打とう!!

そんな訳で、メロンソフトクリーム(260円)現物。

名物というだけあって、結構濃厚なメロンの味がする。
カットメロンが乗っているので私は無理だが、メロン好きにはいいかもしれない。

さてスタンプももらって、次は・・・あ、次ヤベェな(;´Д`)


※っていうか、ここに来てめっくんはうすとクリスタルポルトのハンコを押し間違えていた事に気付いた。
逆だった・・・・。

田原めっくんはうす:http://www.taharakankou.gr.jp/spot/000236.html
営業時間 9:00~19:00 (レストランは21:00まで)※年中無休
二輪駐車スペース有。

9駅目:藤川宿

このソフトクリームを食べた時点で時刻は15時半過ぎ。
今日はこの後、幸田→西尾→安城だが、一番最後のデンパーク安城は17時までだ!!

しかも、なんか道微妙に混んでいるっぽいんだよねぇぇ(;´Д`)
駄目だ、積んだ!!

こうなったら、上記3つはいずれも1時間ちょっとで行けるから次回に回し、
今回は岡崎方面へ向かって、道路状況を見て高速に乗ろう!!
だって、今日は休日じゃなくてもETCの休日割なんですもの(´>ω∂`)てへぺろ☆
※2018年は8月9~10日が休日割でそれ以降11~17日までは割引ないという状態でした。

と、いう訳でR23(豊橋バイパス)とR1を使って走るのだが・・・どちらも激混み

くそ~、今度コッチ方面に来た時には、
腹いせに三河湾スカイラインと三ケ根山スカイライン走ってやる~!!

と、タンクに頭を打ち付けそうな勢いで考えながらついたのが、本日最終「藤川宿」

・・・着いた・・・( ゚Д゚)=3←エクトプラズム
よく考えたら、俺今日朝の3時から起きてるじゃん・・・・(犬の散歩に行ったりするから)
走行距離は疲れるほどじゃないけれど、流石に焙られ疲れた・・・。
何しろ360度、満遍なく焙られたからな・・・。

疲労困憊しながらふと見ると、まだ17時半だというのに空はほんのり夕暮れ時。
少し前までこの時間はまだ煌々と太陽が照り付けていたのに。

そういえば、東三河で沢山見た田んぼの稲からかすかに実りの匂いがしたな。
季節の巡りは、いつも猫の歩みでやってくる。
気をつけていないと、いつの間にか次の季節に飲み込まれてしまうのだ。
ってか、ダボハチくんは秋からが本格的なシーズンだよねぇww(爆)

本日最終と言う事で、やっと買い物。
ここ藤川宿も野菜が安い。っていうか、ちょっとスーパーっぽい(笑)
結構大きめの冬瓜が80円。天狗ナスも1本100円。
あと黄瓜(まくわうり)・・・私は食べた事がないが、ダンナはとにかく果物が好きだからな。
(小玉スイカがあれば欲しかったが、残念ながらデカいのしかなかった)

ここが最後の休憩所・・・と言うわけで、裏の喫煙所で水をがぶ飲みしながら一服。
ふと見ると、こんな可愛い張り紙が。

実際アチコチに沢山巣がある。確かにこれだけあればツバメ荘だ。
(ツバメの巣自体は上手く撮影出来る場所の巣が空だったので写真なし)

今日立ち寄った伊良湖岬は鳥が海を渡る時のルートである。
特に伊良湖では鷹の渡りがよく観測され、運が良ければ夜明けの空に
「鷹柱※」が見られるそうだ。

※鷹柱とは:猛禽類はよく螺旋を書きながら上昇気流に乗るが渡りの時期は数百羽でそれを行う事がある。
その様子が空に黒い柱が立ったように見える事から‟鷹柱”と呼ばれる。

ひょっとしたらこの巣のツバメも伊良湖から海を渡るのかもしれないな。
見に行った時会えるといいなぁ。

さて、渡り鳥ほどの距離ではないが、渋滞を渡って私も帰らねば!!(笑)

藤川宿:http://fujikawa37.com/
営業時間 9:00~18:00(併設コンビニは24h営業)※年中無休
二輪駐車スペース有。併設コンビニはミニストップ。
駅内のお土産コーナーは岡崎の特産品が沢山並んでいる。
岡崎のシンボル八丁味噌は‟カクキュー”にするか‟まるや”にするかはお好みで。

道の駅ツーリングまとめ

というわけで、今回のまとめである。
結局岡崎から高速に乗ったのはいいが、高速も混んでいた(爆)
初めて禁断の伊勢湾岸道走ったけれど、反対車線でトラック事故ってたな(;・∀・)
(死んだ親父がよく伊勢湾岸は大型車と事故が多いので走るなと言っていた・・・ってか、
それ言われたのバイクに乗る前なんだけど、何故親父がそんな事を言ったのか謎)

今回の走行距離は337.2km。
距離の割に疲れているのは、やっぱり暑さと立ち寄る所が多いと、
その分取り回しで体力が削られるからだろうか?

とりあえず今回のツーリングで期間限定のスタンプは全部貯まったゾ!!

実は集めていたわりに抽選で何が当たるか全く知らなかった。
どうやら特産品かiPadmini、もしくは道の駅のマップ本が当たるらしい。

当たっても当たらんでも、コンプリートするのは気持ちいいのでよし!

さて、立ち寄り箇所まとめマップだが、今回は松平郷から藤川宿までのルートも入れてみた。

※他のルートを見てみたい場合、もしくはルートを消したい場合は左角のマークをクリックして、
メニューを表示させてチェックを入れたり外したりしてみて下さい。

今回一番走って面白かったのは、やっぱり浜名湖から渥美半島一周のルートかな?
まぁ42号は大分ダラダラなんだけど、やっぱりチラっと海が見えるのとかいいよなぁ。

静岡方面も元々あまり興味なかったんだが、
実際こうして走って「あそこから東へ行くと〇〇」とか色々考えると、
何処からかムクっと興味が湧いてきて、妙に行ってみたくなる。

いやぁ、交通網が発達し世界はどんどん狭くなるようでいて、
結局味わい尽くそうと思ったら、この小さな島国でも十分広いのだ。

さぁ次は北に行くぞ!北に!
次回のツーリングは高山および郡上八幡だ!!

熟女&バイク好き~な方は次回もこうご期待(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。