板子の下 ~日本海で釣り糸を垂れていた頃の話~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

‟山ガール”
‟釣りガール”
という言葉が
誕生・定着してから何年経つかは忘れたが、

実は私はかつて
‟釣りガール”のパイオニア(笑)
であった。

・・・いや、単純に
親が釣りバカだっただけの話だ。

釣りバカ親子年表

実家にいた頃、好きな事の一つに「釣り」があった。

「好き」というよりも
気付いた時には、釣りバカ親父が
所有していたフィッシングボートで
竿を握らされていた。

更に小学校の高学年になる頃には
舵を握り、
甲板で飲みながら釣りをする
オッサンたちを生温い目で見ていた。

 

私が幼少の話をする時、
どうしても親父の話は外せない。

すると大分年の離れたダンナの事もあり
「お父さんと大変仲が良かったんですね
※ファザコンとフリガナがつく。
と意味ありげな笑顔を向けられるのだが、
別に親父と特別仲が良かったわけではない。

ただ単純に趣味と性格の一部が一致していただけだ。

ちなみに性格の一致箇所に至っては、
お互い「直情傾向の頑固者」という
最悪な部分・・・が、一致していた。

まぁ結果は勝手にご想像頂こう。

それでも釣りに誘われて
嫌がらずについて行ったのは

ついて行けば、
沖に出られたから。

子供の頃から海が好きだった。

別に何か特別なモノを感じていたわけでも
求めていたわけでもない。

水平線の広がる開けた海の景色が
重苦しい山に囲まれて暮らす私にとって
物珍しかっただけだと思う。

「釣りが好きだ」
というのは口実で
私は沖に出て波に揺られるために
釣りをしていた
のである。

イカ釣り漁船に乗って

季節によって様々な魚を釣ったが、
中でも一番面白かったのはイカ釣り。

イカ釣りは、私が実家を出た後に親父がハマった
比較的新しい釣り分野だ。

最初の切っ掛けが何かは知らないが、
親父は、いつの間にか地元の漁師と仲良くなり、
仕事を手伝う名目で漁船に乗せてらう話を
とりつけていたのである。

ある年の夏に帰省すると、親父が
「漁船に乗ってイカを釣らないか?」
という。

イカをどうやって釣るか知らないが、
あの集魚灯きらめく漁船に乗ってみたいし、
なにより漁船なら間違いなく沖に行く。

大した話も聞かずに二つ返事で
付いて行った。

 

親父がいつも乗せてもらう漁船は、
ある漁師兄弟が二人で操船している
本物の‟兄弟船”であった。

よく喋る漁師(兄)のほうが
私を見るなり

漁「連れてくる子って、息子じゃなく娘のほうかいな!!」

と目を丸くしていたのが今も忘れられない。

そりゃそうだろう、
当時の私はまだバイクに乗る前で
「真夏でも柴猫さんが横にいると体感温度が3度は下がる」
と周囲に言わしめた白い肌。
腰まで伸びるストレートロングヘア。

顔の良し悪しはさておき、
黙って立ってりゃ大和撫子なんだから。

今思い出しても、
屈強な海の漢に混じって
一晩中釣りをするようには
どうやっても見えねぇ。

だが、勇壮な日本海に沈みゆく夕日を横目に、
親父たちに混じってガンガンと荷物を運び、
船をかっ飛ばしても
顔色一つ変えずにいるので、
ポイントにつく頃には、漁師兄も
「あ、やっぱり、マサさん(親父)の血筋なんだな」
と、妙に納得していた。

 

さて、イカ釣り漁船におけるイカ釣りなんだが、
船のサイドにはこの写真にあるような
イカを釣るための装置がある。

我々が実際に釣り糸を垂れるのは、船の後方だ。

イカを釣るのに餌はいらない。
代りに「おっぱい針」と呼ばれる
仕掛けを大体一竿4~5個つけて
水深25m以下まで落とす。

当たりが来るまで待つのは、
他の釣りと同じだが、
いざ当たりがきて釣り上げるのは、
見た目以上に重労働だ。

電動リールを使って、
竿も縁に固定しているが、
引き上げている間、
竿を握って支えなければならない。

先に述べたように、糸についた針は4~5個。
つまり、Max5杯かかる。

そして、スーパーで売っているイカは軽いが、
生きていて海で泳ぐイカは重い。
その身にたっぷりと海水を吸っているからだ。

それを支えているので、
重いというほど重くはないが、軽いとも言えない。

釣りあげた後は、
クーラーボックスか
‟沖漬け”のタレに入れるのだが、
これも一仕事。

いずれの場合も海水を吐かせてから入れるが、
イカも食われたくはないから必死に抵抗して、
大体、顔面に墨や海水をふきかけてくる。

※美味しい沖漬けを作るためには、
イカが生きているうちに海水を吐かせ
その状態でタレに突っ込み、臓腑の奥まで
タレを吸わせなあかんのです。

真っ暗な海の真っ只中、
木の葉のようにたゆたゆと漂う船の上、
イカを釣り上げては針から外し、
釣り上げては、海水をぶっかけられ、
外しては、また糸を垂れる。

これをクーラーボックスとタレの箱が一杯になるまで
延々と繰り返す。

更に、船の両脇にある巻き上げの装置は、
巻き上げと同時に、自動でイカから針がはずれて
下に落ちて流れていく仕組みになっているものの、
素直に落ちるイカばかりではない。

イカというのは飛ぶ

針から外れて飛んできたイカが
釣り人を襲うっっ!!

ぼんやりしていると、
勢いよく飛んできたイカが後頭部に当たり、
バランスを崩して海に落ちそうになる。
※普通の体格の人にとっては、結構な衝撃。

そして、時々竿から離れて、
漁師側の箱詰めを手伝いに行く。
勿論、この時点でまだイカは生きている。

そりゃもう、ピッチピッチであるため
また墨と海水を吐かれる。

なんというか、
全体的にネチョネチョのドロドロで
パリパリになる。

この状態で、ほぼ一晩過ごす(爆)

 

漁師さん曰く、たまに人は乗せるが
大の男でも一晩持たない人も多いそうだ。

当然の事ながら、
私のような一見スーパーインドアの娘は、
1時間も持たずに泣きだすと思っていたらしい。

漁「あんた、よく平気だなぁ」

と呆れたように言っていたが、
例え平気でなくとも海の上。

泣いてなんとかなるなら泣くが、
泣いたって揺れが収まるわけじゃなし、
船が引き返してくれることもない。

それに誘ったのは親父だが、
行くと返事をしてついてきたのは私だ。
嫌なら次から来なけりゃいいだけで、
自分で来ておいて文句は言えねぇ。

だが、私の中に「もう金輪際来ない」という選択はなかった。
そして気持ち悪くなっている暇もなかった。

糸を垂らせば、休む暇がない勢いでイカが釣れる。
更にイカを狙ったシイラもくる。

シイラ。流石にここまでデカイのは稀かと。刺身でも食えるけれど安全のために大体帰宅後にムニエル的なモノにする。

そうしたら、竿を持ち替えシイラを釣る。

シイラは小さいやつでも結構ガッツリ引いてくれるので
格闘する時の気分は
「松方弘樹・世界を釣る!!」

こんな状態なので酔ったりへばったりしている暇がない。

 

そして、釣ったばかりのイカを捌いて作る刺身。
開いたイカを集魚灯の傍に干して作る一夜干し。
これをアテにして飲む酒が美味い。

酒は当然、日本酒一択。
おちょこなんてない。コップだ。
全員水でも飲むようにコップで酒を飲む。

漁「・・・・酔わねぇのかよ?」

どっちにだ?酒か船か?
・・・・いずれにしろ酔わない(笑)

こんな調子で、
くわえタバコで竿を持ち、
イカを釣り、
イカを積め、
酒を飲んではまた糸を垂れ、
シイラと格闘し、
飛んでくるイカを避け、
タバコに火をつけ
当たりが来るまで刺身をつまむ

・・・・というのを漁が終了する夜明け前まで続ける。

板子一枚下の世界

漁に出て楽しみだったのは、
手の空いた漁師さんと飲みながら
色々な海の話を聞かせてもらう事だ。

愛護の人には怒られそうだが、
漁の邪魔をするイルカをモリで突いて
もったいないから食ってみた話
もっとも面白かった。

漁師兄は訛りは酷いが話が上手い。
何でアレで嫁が来ないのか不思議だ。
(顔の造形は日に焼けすぎていて判別出来ない)

※イルカの追い込み漁などがあるから、
美味いのかと思いきや、漁師さん曰く不味かったらしい。
なんかちゃんと煮物にすると美味いらしいが・・・。

板子の下の世界

「板子一枚下は地獄」

というのは、漁師という仕事がいかに危険かを
言い表した言葉だ。

釣りや漁というものを
残酷だという人もいる。

でも、現実に海に出れば、
板子一枚下は人が生きていけない世界だ。
いつ立場が逆転するか分からない。

そんな食うか食われるかの状況で
残酷という言葉は通用するのだろうか?

イカやシイラが漁船に集まるのは、
光を楽しむためでも
釣り上げられるためでもない。

光のある所に彼らの食糧が集まるからだ。
大魚も小魚も食らうために
彼らは集まってくる。

そして、

彼らにとっては、我々もまた獲物の一つで、
今日は運よく食われる側に回らなかった。

たったそれだけの差だ。

考えすぎだろうか?
だが、釣り上げられるイカが
その途中で別の魚に食いちぎられて、
のたうちながら上がってくるのを見ていると
そう思わずにいられない。

絶対的な王者などいないし、
捕食者もまた、捕食されている側に
生かされている。

人が思う綺麗事(ドラマティック)は、
足元の世界にはない。

あるのは、命が流転していくという
シンプルなサイクルだけ。
ゆえに、恐ろしくも美しい。

 

最後に船に乗って沖へ出てから
もう10年近く経ってしまった気がする。

ただ、私はあの足元に広がる

‟楽園で地獄”

という世界を今も忘れられないし、
これからも忘れたくないと
思っているのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。