怪異は時代の流れに乗っているのか? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私が時代によって変化するもので
いつも面白いと思うのは
子供の玩具と怪談話だ。

子供の玩具はさておき、
人の根源的恐怖に迫る怪異だって
時代の流れには逆らえない!!

・・・・多分、逆らえない。

時代が変わるのか、怪異が変わるのか?

怪談、心霊というと
非科学的であり、
また進化や進歩とは
無縁のものかと思う。

が、しかし、
人の認知を歪ませることで自らを
アピールする怪異という存在
にとって、時代が変わるというのは
他人事ではないはずだ。

今日は直接怖い話というよりも
「異界の住人も中々どうしてIT化しているじゃないか」
と思う事をつらつらと書いてみる。

デジタル心霊写真

怪談番組などで定番なのは「心霊写真」だ。

写真に幽霊が映り込むというベースは
今も昔も変わらないが、
大きく変化したのは
カメラ本体だろう。

昔は当然デジカメなんてなく、
写真と言えば‟フィルムカメラ”

今の20代以下の人の中には
フィルムを見た事がない人も
少なくないだろう。

私などは、このフィルムカメラから
デジカメへの移行を見ながら生きている世代だ。
何しろ、私はSonyのサイバーショットの初期型を
実際に店頭で売っていたのだから・・・ふふふ。

思い返せばその頃は、
まだ今ほどデジタルカメラで撮影された
心霊写真は多くなかったと思う。

普及率の問題もあるが、
一番の要因は‟画素数”ではないかと
ダンナは推測している。

ダ「ほら、昔のデジカメは、画素が荒かっただろ?
怪異はデータとして密じゃないと写りにくいんだ。
最近はスマホのカメラですら3桁画素数が当たり前じゃない?」

確かに、初期のデジカメは35万画素程度
普通の物を撮影してもフィルム写真に比べると
エッジがボケていた。
そんな状態で、霊がうすぼんやり写っていても
誰も気付かない。

人によっては
‟時代と共に霊の質が変化していて、
それによりデジカメにも写るようになった”
と考えている人もいるようだが、
私はダンナの話が納得できる気がするな。

ただ、よくある心霊写真の解説を聞いていると
「ここに写っているのはオッチー(落ち武者)ですね」
というのは、あまりない気がする。

「家にオッチーの霊がいるって霊感ある人に言われた!」
っていう話はチョイチョイ聞くんだけれど、
その割にオッチー写ってる心霊写真見た事ないよなぁ・・・・

‟オッチーの出現率”と
‟オッチーの心霊写真率”が
比例していない気がするんだよな。

普通の借家にオッチーいるなら、
あちこちに出そうだし、
写真にバンバン写りそうじゃん?

って考えると、デジカメは確かに怪異を写せるレベルに
追い付いてはきているんだろうけれど、
怪異側も時代に追い付いてきているのと
そうではないのがいるのかもしれない。

ネット・アプリ

ネットやアプリが定着してから、ネタとして
「呪いのアプリ」「呪いのサイト」というのが
ブリブリと出てきている。

もし今「恐怖新聞」が現れるなら、
ペーパーレス化で電子版が届くのだろう。

勿論、その際のパケ代は通常の3割増しだ。
スマホがなければ生きられない現代人にとって
ここが最も恐ろしい呪いとなるだろう。

現実では、神社も寺も専用HPを持っているし、
アプリのある神社、
お遍路さん専用のナビアプリなどもある。

実際、私が今まで体験した中で強烈だと思うのは
Googleナビへの干渉具合だ。

抜け出せないGoogleナビ

ある時、ハンドルにマウントしていたGoogleナビが
突然グルグルと同じ所を回って、
その界隈から抜け出せなくなった。

そしてグルグル回った挙句に
辿り着くのが・・・・神社

確かに一度来た事はあるが・・・
今日は寄る予定ないよ。

でも、何度も回った挙句、その前にでる。
しょうがないのでそこに参拝する。

で、参拝を終えるとナビは正常に戻っていた。

・・・・参拝して欲しかったのかよ?

検索履歴が勝手に作られる

伊勢方面への参拝ツーリングから帰宅して
ブログを書くためにスマホのGoogleナビを見ていた。

すると、検索履歴の上位に見た事がない社名が混じっている。

冒頭の通り、伊勢の参拝で回っていた直後なので、
当然、上位に上がるのは伊勢関係の社名でなければ
おかしい。

実際、その前後には検索した覚えのある社名が表示されている。
勿論、全部伊勢関係だ。
その間にポコっと出ているんだ。

そこにポコリと・・・全然覚えがない、
社名の読み方すら知らない神社の名前があるのだ。

クリックして見てみると、
奈良・御所市の神社だった。
伊勢全然関係ねぇじゃん!!

地理に詳しい方なら分かるだろうが、
結局ここは葛城山の近く
つまり役小角の関係というやつだ。

何故そのタイミングで出たのか不明。
そして現地にも行ってみたが、
別に行ったからといって何もない。

で、そこへ行ったついでに立ち寄った
別の神社の老木にどうも気に入られたらしく、
たまにビデオレター(笑)が届く。

なんか知らんが、いつも空撮映像な
綺麗な映像が届くのだが、
結局何して欲しいのかいまだに分からん。

車両が止まる

車、バイクというのは、デジタルとアナログの間だと思う。
何しろ、最近の車は制御ECUとかそうゆうものが入っているから。
人の歴史で見ても、比較的新しい技術といえば
新しい技術だ。

が、そいつを止めるというのには、
結構前から対応しているっぽい。

以前の愛車Honda CB400SSは、
ごく稀によく分からない理由でエンストし、
しばらく再始動しない事があるバイクだった。

本当に唐突な時もあれば、
神社への入口を探していて突然止まり、
押して歩いていると、
走っていた時には気付かなかった横道があって
無事に神社まで辿りつけた・・・
なんて事は結構頻繁にあった。

まぁ私はメカニック的な事が分からないので
これをカウントしなくてもいいんだが、
車に関してはダンナもジジイも

「神さん、平気で車止めよる」

とよく言う。

ちなみにこの二人は無類の車好きだし、
特にダンナは丁稚奉公に出された先が
修理屋だったので、
メカニック的な事には詳しい。

それでも原因が分からずに止まる時があるんだそうだ。

「ベンツでもランクルでも止めよる」

・・・・そうか、高級車でも止めるのか。

これとはまた別の話だが、
以前、ダンプと衝突しそうになった時
間に巨大な手が振り下ろされた事がある。

・・・・・ダンプも止めるらしい。

ちなみに今の愛車W800では、
まだそうゆう事がない。

インジェクション車には
まだ未対応っぽい。

怪異未来予想

先に話をしたように、創作の世界では
結構怪談は時代に合わせて進化してきているんだが、
現実にはまだ「現代ならでは」というものは感じない。

まぁ・・・・子供の頃に思っていたほど
人の暮らしが変わってないってのはあるけどな。

いや、小学生くらいの頃ってもっとSFな時代が来るのかな?
って思ったりしただろう?
特にうちらの頃は情報が少なく、当時の子供の
未来予想のベースはドラ〇えもんだからな。
※北〇の拳ではない。

しかし、この先もっと科学が発達し
暮らしぶりが大きく変わった時、
神を始めとする怪異はどうなるのだろう?

私としては、
とりあえず科学的に存在を検知し
コミュニケーションが取れるようになるか、
もしくは完全に「いない」という事が証明されるかの
どちらかだと思う。

いずれにしろ、3回くらい生まれ変わった先の話だろうけどな。

・・・・いやその前に、
その頃地球あるのかなぁ?

オマケ 貞子は時代の波に乗っているか?

90年代終わりに大ヒットした
ジャパニーズホラー‟輪っか的ビデオ”

個人的には・・・全然怖くなかった。
昔からね、ホラー映画は怖くないんだよ。
音でビックリする事はあるんだけれどな。
(お化け屋敷は同行者の悲鳴がうるさいので行かないよ)

もっとも原作の貞子は
あぁゆうベタな感じではないらしいので
原作は怖いのかもしれない。
あれ?原作読んだかな?忘れたな。

全シリーズを見ているわけではないが、
回を増すごとにやりたい放題になる貞子。

いや、アマプラでさ、
「貞子VS伽椰子」
が無料になってたから見ちゃったんだが、
とうとうDVDにダビングされたし、
動画アップされちゃうし、
1に比べたら相当時代について行っている感じがあるよね。
相変わらずテレビからは出てきているが・・・

まぁテレビと井戸は、
彼女のアイデンティティに関わる部分なので
絶対に変更出来ないのかもしれない。

しかし、いつも思うんだ。
テレビが置いてある位置、低すぎねぇ?

最近さ、すっかり薄型液晶テレビが定番化してて、
その薄さ故に壁に掛けられている事が多いじゃない。

もし壁掛け薄型液晶テレビから貞子が出てきて
そのまま下に落ちたら、
ホラーではなく吉本新喜劇だと思うんだが・・・。

まぁ、その結果
‟笑い死にする”っていう呪い
もありだとは思うけれど。

いやむしろ、そこで「大丈夫ですか!!」って
駆け寄って手を差し伸べたら呪い解けるとかで
いいんちゃうかな?って思うんだよ。

世間では「かわいい貞子」っていうのも
結構需要があるみたいだし、
そろそろ本家もおどろおどろしいのから
ハートウォーミングな感じに
路線変更してもいいかもしれない。

そういえば、来月DVDが発売される
「貞子」では、
とうとうyoutubeにアップされちゃうっぽいな。

劇場に行かなかったので、
内容は殆ど知らないのだが・・・・
一体どうやって登場するのだろう?
やっぱり画面から出てくるのだろうか?

今はスマホ、タブレットのような小さな画面
動画を見ている人も多いが、
やはり劇中にスマホから出てくるシーンもあるんだろうか?

‟いきなり後ろに立ってた”より、
やっぱりちゃんと画面から出てきて欲しいよな。
貞子だから。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

レンタル始まったら、
新作料金でも借りよう。

え?「貞子VS伽椰子」は結局どうだったのかって?

・・・・・そんなの、見終わった後に
私の心が大草原になっていたに決まってんだろ!!(爆)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。