恵那を訪れたら一度は見たい?田んぼの中の珍スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

暑くなると人は水辺に集いたがる。
そしてそう思うのは私も同様だ。

とにかく‟涼”を味わいたい!!

そんな訳で先週の話になるが、涼を求めて盗んだバイクじゃなく、
ちゃんと愛車ダボハチで夜明けの道を走り出した。
向かった先は岐阜県恵那市である。

恵那峡を目指す早朝ツーリング

我が家から恵那までのルートはいくつかあるが、
早朝なので、ここは手っ取り早くR19を北東へ向かう。
距離にして約70km、時間だったら1時間半だ。

春日井や美濃に行く時はよく利用するR19だが、
春日井市内の渋滞が結構酷いので普段はあまり使わない。
使っても春日井止まり、もしくは途中から美濃へ抜ける道へ入る。

春日井と同様に近隣とはいえ多治見辺りは用事が出来た事がなく、
あまり行った事がない。
(土岐アウトレットとかあるけど、そもそもあんまり興味ないし)

殆ど車のいない道を順調に走り、瑞浪あたりまで来ると岐阜県のイメージに近づいてきた。
(岐阜=山のあるイメージ。田舎っていうより山な、山)

時刻は6時頃だったと思ったが、遠くの山に霞が掛かる。
見るからに涼し気だし、実際涼しい。
途中の温度計を見ると28℃だ。

ここしばらく続いた体温を超える温度を見慣れると
28℃という数字だけで涼しい。

更に恵那駅手前まで来ると、少し厚手の上着でも
バイクだと肌寒いくらいだ。
とりあえず‟涼”という目的はこの時点で達したような気もする。
気もするが、目的地は定めてあるのでやっぱり走る。

さて、今回メイン目的地は恵那峡だが、
その前に是非立ち寄ってみたかった場所がある

人と案山子の区別がつかない‟かかしストリート”

ツーリングの目的地として走る場所は別に神社仏閣や超有名な観光地ばかりではない。
私は結構‟珍スポット巡り”が好きだ。

というか‟珍スポ”ほど、バイクで巡るのに最適な場所はなし。
・・・まぁ大体、交通が不便な場所に変なモノあるからね。

有名観光スポット、恵那峡の東には実はこんな珍スポットがある。

武並駅を過ぎたあたりで19号を左折して、山間の道を登っていくと唐突にこれが現れる。

ここは‟かかしストリート”と呼ばれる珍スポットだ。

調べた所によると2012年くらいから町おこしのために田んぼや畑の間に、
妙にリアルでシュールな案山子が置かれるようになり、
珍スポ好きの間で密かに人気になっているらしい。

私も田舎じゃ案山子は散々見たが・・・
ここの案山子は本当に私の知ってる案山子じゃない(笑)

大体、このバス停に座っている人だって最初
「こんな朝早く(6時半)からバス待ちの現地人がいるのか」
と思ったら案山子だし!

大体な~、このマスコットキャラ的クマはなんだろう。
これではまるでロシアの前衛的なバス停じゃないか!

しかも、捕獲されているし・・・

ちなみにこのクマ、写真では分かりにくいが全身に電飾がついている。
光るのか?いつライトアップされるんだ?
・・・よく分からん(;・∀・)

かかしストリートは、車で一周(およそ900m)出来るらしい。
しかし早朝で民家もあるため、バス停の傍にバイクを停めさせてもらって
少し散策する事にした。

このフクロウな、女神転生とかに出てきそうじゃね?

というわけで、ハンドヘルドコンピュータと
ヘッドマウントディスプレイを装着して
この案山子を見た画像が以下である。

ここで選択を間違えると、戦闘になります!!笑
(っていうか、コレ作った人絶対メガテンやってたでしょ?)

 

各案山子の傍に立つ看板に書いてある事がまた面白い。
これは‟まねき猫ならぬまぬけ猫”

私は手前の猫よりも、奥に如何にも現地人っぽくうずくまるナチュラル案山子が気にかかるんだが(笑)

家の前に人影があるから「住人か?」と思えば案山子だし!
そして「案山子か?」って思うと人だし!!

とりあえず、生きている人間は立ち止まらないようにしてもらわんと、
瞬間的に案山子と区別がつかん(;・∀・)
夜は心臓弱い人通行禁止だって(笑)

あぁ、恐らく夏の間中飲んだくれていると思われる集団までいる。
まさに‟無限酒盛り”

そんな感じで一周はしなかったが、辺りを見て回る。
来る前に調べると結構大量にあるようだったのに、
そこまで沢山ないのは時期の関係なのかな?

バイクの所まで戻ってくると、さっき案山子と間違えたオジサンと、
軽トラで現れたオジサンが田んぼを見ながら肥料の話をしている。

・・・あ、目が合った(爆)

お「あんたぁ、一体何時から走って此処まできたんさぁぁぁ!!」

多分、ナンバー(名古屋ナンバー)見て疑問に思ったんだろうなぁ。

私「何時っていうか、夜明けから?
お「物好きなこってぇぇぇ~あはははは~面白いかぁ?」
私「面白いというか、とりあえず涼しいのでそれだけでも来る価値あった」

いや本当、見るからに涼しいんだ。
参考までに到着時の周囲はこんな感じ。

いい意味で湿気もあり、山から降り田を吹き抜けてくる風が気持ちいい。

 

そんな‟これぞ田舎の夏”を思わせる風景と、
愉快なかかしが楽しめる「かかしストリート」

確かにここだけをわざわざ見に行くというほどのボリュームはないが、
恵那観光の合間に少し立ち寄ると充分話のネタになるので、
恵那へ行かれる際には是非一度立ち寄ってみて頂きたい。

遠すぎていけない人もストリートビューには幾つか案山子が写っているので、
バーチャル散歩も面白いよ!

なお、私はこの後ここのバス停の北側にある県道72号を回って恵那峡まで行ったのだが、
途中倒木が道を半分ほど塞いでいた箇所があったりしたので、
車にしろバイクにしろ調子に乗って飛ばさない事をお勧めする。

まぁ道中で見える田園風景は綺麗だし、
急いで走るよりも風景を楽しみながらのんびり走るのがここの楽しみ方だと思う。

しかし田舎を離れて20年とはいえ、
やっぱりこうゆう風景が落ち着くな。

さて、この後はいよいよ有名観光地・恵那峡へ!!
まぁやや絶景期待(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。