神様が喜ぶ!・・・かもしれない参拝前のひと手間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回まで
「参拝のそれやっちゃあか~ん!!」
だったが、
今回は
「これやっておくといいよ」
って話である。

とはいえ、
別に‟ご利益が倍になる”とか
‟願いが叶う”っていう話ではなく
私が何となく続けている結果
「なんかいいかも」
と思う事だ。

私のやっている参拝前に必ずする事

このページを訪れる人の中には
遠くの神社を巡るのが好きな人もいると思う。
そんなあなたに聞いてみたい。

遠くの神社へ行こうと思った時、
‟事前にする事”は、何かありますか?

そう、何処までも参拝前にやる事。

‟肉を食わん”とか、
‟どんな時もスーツ”とか
‟絶対に勝負パンツで行く”とか。

言うなれば「参拝マイルール」

普段わざわざ人には言わないが、
実は私にはそうゆうマイルールがある。

一つは移動の相方、バイクをピカピカに磨く事。
私の服装は何とも改まらないが、
バイクだけは綺麗にしていく。
まぁバイクの‟穢れ払い”兼‟車両点検”だ。

もう一つは、
普段自分が世話になっている
近所の神社からアポを取る事。

バイクはさておき、
この二つ目の「アポ取り」は意外と重要な事だと思うが、
あまり他所でやっている人の話を聞いた事がない。

というわけで、今回その話を紹介する。

神社巡りのアポ取り

「訪問先の神社へアポを取る」
といっても、
別に社務所に電話するという話ではない。

アポを取るのは神社関係者(人間)ではなく、
そこの‟人外”にアポを入れる。

とはいえ、
別に何か儀式めいた事をする必要はないし、
霊感も必要がない。

普段行っている近所の神社
普通にお参りに行って、
普通のお作法で参拝し、
手を合わせた時

「〇月〇日に〇〇へお伺い致します。
お手数ですが、ご連絡と道中の道案内をお願い致します」

といった事を言うだけ。

要は、地元の神さんに
お取次ぎをお願いしてから出掛けるって事だ。

ちなみに、取次をお願いする神社は
自分が日頃参拝している場所なら
何処でもいい。

私はそうゆう所が市内に何か所かあるので、
系統が合わせられる時は合わせる。
(伊勢にいくなら神明社。伏見に行くなら稲荷社)

しかし系統よりも、むしろ
‟自分がどれだけ懇意にしているか”
のほうが重要っぽい。

‟その時だけ”では駄目なのだ。
毎日とは言わずとも1日と15日くらいは
きちっと伺う。
それ位の付き合いはいるらしい。

そして帰宅後は、当日じゃなくてもいいので必ず
「お蔭様で無事に行ってまいりました、
ありがとうございます」

とお礼を言いに行く。

取次とはいえ‟お願い”をしたのだから
‟お礼”までやってワンセットだ。

どうしてアポを入れるのか?

私が遠方まで参拝に行くようになったのは、
当然バイクに乗り出してからなので
そんなに昔の事ではないのだが・・・

一体、何がきっかけでこれをやり始めたのか
自分でさっぱり覚えがない。

ただ、一部例外はあるものの
基本、初めて訪れる遠方の神社の場合
必ずこれをやっている。

で、結局、‟何でそんな事をしているか?”
なんだが、
礼儀のようなものである。

まぁダンナ達は常日頃
「神さんは、こっちが‟行こう”と思った時点で
それを承知しているものだ」
って言っているし、
私自身、それを体感する事は幾らでもあった。

だが、そこに甘えるのもどうかと思い、
‟丁寧版”としてアポ取りをしている。

日頃世話になっている神をないがしろにしない

日頃参拝している神社から連絡するのは、
先方への礼儀でもあるが、
地元の神さんへの礼儀でもあると思う。

何しろ普段世話になっているのは、
小さくても近所の社だから
そこの主の顔を立てずに何が参拝だ。

そりゃ伊勢にしても出雲にしても
その他一宮だったり総本社は偉いよ。
会社で言えば本店だから。

でも、
自分たちの日々の暮らしを
守ってくれているのは
地元の神さん
だからなぁ。

そこをないがしろにして、
いわば‟有名なだけ”な所に
飛びついて行くのは
何だか浅ましい気がするんだよ。

アポを取るとどうなるか?

礼儀としてやっている事に
‟結果”や‟効果”を求めるのはどうかしているが、
毎度こうゆう事をしていて
「なんかこうゆう事あるんだよ」
というものをあげるとしたら以下になる。

送り迎えがつく

これはたまに書いている気がするが、
私は行楽で走るのと参拝で走るのでは
疲労度が全く違う。

参拝で走ると疲労度半分なんだよ、
同じような工程でも。

あと道で出会う‟ヒヤリハット”が
圧倒的に少ない。

そして仮に何かあっても
すぐに助っ人が現れる。
(吉野で立ちゴケしても何とかなったっしょ?)

それから私の場合、高速道路走行時、ほぼ無風になる。
まぁこれは私がバイクだからだろう。
※道路わきにある吹き流しがたなびいているのを
一度も見た事がない。

これはダンナ達に言わせたら
「そりゃ、送り迎えがつくからだ」
という事らしい。

本当にアチラさんが来て欲しい時は
行きは向こうから引っ張り、
帰りは送ってくれるんだとか。

世にいう「呼ばれる・呼ばれない」はさておき、
アポを入れるとかなりの高確率でそうなる。

時間短縮で周りに配慮できる

これは更に効果とは違う気がするが、
実際現地に到着してから
時間短縮ができる。

よく‟願いを叶える参拝の仕方”で

拝殿の前で自分の住所氏名生年月日
うっかりしたら両親の名前まで語り、
更に願いについて事細かに長々と言う

っていう話があると思うんだが、
地元の神社から事前にアポを取っているので
やらなくて済む。

まぁ何かの手続きで先に必要書類を送っておいて、
窓口での確認時間を短縮するようなもんだわ。

あと、どうゆう用件で行きたいか?
も一緒に伝わる。
心配であれば地元の神社で細かい事を言っておく。

だから、私は何処行っても大概
「本日はありがとうございます」
くらいしか言わない。

そうすると長くても10秒くらいしか
手を合わせなくていい。

これの何がいいかというと
自分の参拝時間を短縮して
サッと次の人に譲ってあげられること。

いや、誰だって長い時間並びたくないじゃない。
※「私はいつまでも待ちます」っていうドMは除く。

特に有名神社で長蛇の列が出来ているのに
他人の事を考えず、ダラダラと拝み続けるのって
神意に添う事なのかな?

参拝にくるのは、必ずしも若くて
元気な人ばっかりでもないでしょ?

大変な人ほど切実な思いを抱えて
来るだろうし、
体の悪い人こそご神徳にすがりたいもんだと思う。

別に私は大して信心深くもないし、
神をマンセーしてないし、
善人でも慈悲深い人でもなく、
どちらかと言えば軽薄な分類だけれど
不思議と参拝については、こう思うんだわ。

アポを取って1泊2日伊勢の旅

今回の伊勢参りも当然これをやっているのだが、
ちゃんとアポが取れるとどうなるか?だ。

ちなみに今回は人を連れているので
「案内兼運転手でお伺いしますので」
とアポを入れている。

あえて「参拝」と言わないのは、
いつものストイック参拝じゃないからだ。
(人にはあれは気の毒過ぎてさせられない)

同行者にも同じようにしてもらい、
更に天気予報は強烈に雨マークがついていたため、
ダンナが
「よし、俺からも頼んであげよう」
と張り切っていた。

と、いうわけで、
3人掛かりでアポ取りである(笑)

さて、今回は名駅でレンタカーを借りて
一泊二日の予定。

まずレンタカー屋。
この日、bitsクラスで予約を入れていたのだが、
いきなりカローラクラスに代わる。

あくまで店の都合なので料金はbitsのままで
乗り心地のいい車種にランクアップだ!

事前の天気予報で、
予定の二日間は雨だったが
初日は殆ど降らない。
降ったとしても車で移動している間だけ。
神社につくと止んでいる。

乗った事がないカローラだが
事故もなく無事に宿へ到着。

二日目。
前日の時点で雨予報だったのに
朝から晴れてる。

快晴ではないが二見についた時点では
日差しも覗いて明るい夫婦岩を楽しむ。

そこから外宮へ行っても降る気配はない。
内宮に入って少し怪しくなったが、
本格的に降り始めたのは
参拝を終えて休憩所辺りまで来た時である。

でも、見た目凄い降っているんだけれど、
外に出ると霧雨に近い感じで
意外と濡れない。

その後、徒歩で猿田彦社へ行って
河川敷の駐車場まで戻るのだが、
その間も降ったりやんだり。
だけど殆ど濡れてない。

更に月読宮などを回り・・・・
本格的に降り始めたのは
高速に乗ってからだった。

その頃にはもうある程度カローラの運転に
慣れていたから、多少の雨は無問題。
高速、市内共に渋滞も全くなく、
ほぼ予定通りに帰還である。

・・・・ちゃんとアポが取れると
こうゆう事があるんですわ。

一番のご神徳は無事に行って帰って来れる事

まぁ皆、ご利益とかご神徳っていうけれど、
私は無事に行って帰って来れるのが
一番だと思うけれどな。

人生色々あるけれど、
結局そこそこ元気にしているから
好きな所に行けて、
ついでに食べたいモノ食べて
友達と喋ってって出来るわけじゃない。

それだけで十分じゃない?

確かに私も「もっと運があれば」
と思わない事もないけれど・・・・
ぶっちゃけ、本当に運が尽きたら死ぬしな!!

死んだら運もへったくれもないわけで、
生きている間は運もある、加護もある。
そんなもんではないんだろうか。

まぁそんなのは詭弁で
「私は何が何でもご利益を!!」
って思う人は好きにしろと思うし、

それ以外の人や
ちょっと何か思った人は
出掛ける前に是非アポ取りをしてみてくれたまい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。