神とネコの考えは人ごときには理解できない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私は昔からどうにも神社と縁が切れない。

自ら赴かなくとも、物件探せば
「ブス・ブス・並」の
並物件は必ず神社の横だし、
そもそも実家の裏が神社だ。

オマケにダンナは拝み屋だ。

そんな感じで人生ほぼ全て
神社を見ない日がないという感じで生きているが、
今でも思う。

神の考えは猫の考えている事くらいよく分からん。

奈良のお神のおわす所の話

私が20歳かそこらの頃
「お越しください」
と招いたのは、
かの有名な三輪大社の神らしい。

あくまで‟らしい”

だって別に神から名刺貰ってねぇもん(爆)
身分証明書も提示されてねぇもん(火暴)

‟三輪に来い”って言うからにゃ、
そこの関係者だろうって話。

で、それ以来「桜井に行く」と言うと
大体寄っている。

バイクで神社を巡る旅の出発点はここで、
今の愛車W800も

「どうか新しい良き相棒を行きつけの店に連れて来てください」

と願掛けをしていたら入荷したバイクだ。

そもそも、最初に招いた理由もよく分からんし、
私のように無条件で人外を崇め奉らない人間の
「バイクくれぇぇぇ~!!」という
変な願掛けを聞いてくれた理由もよく分からん。

更に・・・三輪さんにはどう考えても
意味の分からない事をされている。

三輪そうめん攻め

一昨年・・・三輪大社に参拝をした後の話だ。

三輪といったら「三輪そうめん」

なのだが、別に行く度に食べているわけじゃない。

私が参拝前や参拝後に必要以上に飲み食いしないのは
通常運行で、その日も特に何も食わず帰った。

いや、別にそうめんはそうめんだし。
家にもあるし、
わざわざ桜井で食わなくてもいいじゃん。

そう、こう言ってはなんだが
ブランドとして「三輪そうめん」とあるものの
結局は普通にそうめんだ。

三輪そうめんだけが特別美味いわけじゃねぇ。
普通だ。普通にそうめんだ。
だから、別にいつも食ってるわけじゃない。

が、その年は何かが違った。

そうめんを華麗にスルーして帰ってから
異変はおきた。

何軒かある行きつけのスーパーの乾麺コーナー。
そこへ急に‟三輪そうめん”が並び始めた。

何それ?って思うでしょ?

夏場は必ず常備しているもの、そうめん。
うちは、夏の食い物は8割方そうめんだ。

だから、普段行くスーパーに
何処の銘柄のそうめんがいくらで売られているか
大体把握している。

だから、
去年まではそこに三輪そうめんがなかった事
私は覚えている。

もちろんギョッとはしたが、
そこはリアリスト柴猫だから。
伊達に心理学やってねぇし。

これは「カラーバス効果」と呼ばれる
自分が意識しているモノ、
見たいモノがやたら目につく現象

だと思った。

そう、何処までも「ただの偶然」

が、本格的に夏になった頃、
とうとう私が行くスーパー全てに
三輪そうめんが並んだ。

・・・ぐっ偶然だろう。
いや、ただの偶然か、
もしくは、今私の近所で
三輪そうめんがブレイクしているんだ!!
それだけに違いない!!

偶然と言いつつ、買い物に行き乾麺売り場にいけば、
かならず「三輪」という文字が目に入る日々。

なんだろう、この無言圧力。

そんなに、そんなに三輪そうめんを食わずに帰ったのが
悪かったのだろうか?
どうあっても三輪そうめんを買わせたいのか?
買わせて食わせたいのか?

と思ったが・・・ごり押しされると
なんか嫌になるのが人の性。

三輪そうめんが並んでいるのに
私はいつも違うそうめんを買った。

そうそう簡単に
神の思惑にハマッてたまるものかww

と悦にいっていたのだが、
甘かった。

受け取り拒否不可能

更に数日、数週間、
お中元の季節がやってきた。

我が家には毎年某神社の宮司さんから
立派なお中元が届く。

まぁ・・・大体「松〇牛」だ。

その年もやはりヤ〇トの兄ちゃんが
お中元を持ってやってきた。

受け取りながらおや?っと思う。

今年の箱はやけに幅広で、しかも通常便だ。
肉はいつもクール便だよね?

ふと、中身の項目を見て
「やられた・・・」
と呟いてしまった。

 

箱の中身は・・・・

贈答用の三輪そうめん

木の箱に収まった、
非常に立派な・・・三輪そうめんだった。

今まで一度たりとも
肉以外を送って来た事がなかった所が
今年に限って三輪そうめん・・・だと?

しかも、送り主が宮司・・・だと?

駄目だ、これ完全に
「だが断る!」
言えんやつだ(;・∀・)

このそうめん事件を
最初は笑って聞いていたダンナも
流石にこれはビビったらしい。

ダ「本気だ。三輪さんは本気でお前に
自分の所のそうめんを
食わせたいらしい」

それは分かった。
三輪さんの本気はわかった。

・・・が、何故そこまでそうめんを食わせたい?

意味がわからん。
本当に意味がわからん。

私「ちょっと、本店(桜井)まで行かんでいいから、
とりあえず支店(大須の三輪神社)から
本店に連絡いれて聞いてみろ!!」

とダンナに散々いい、
ダンナも流石に異様と思ったのか、
どうも何処かの神社で
「今回のこれなに?」
ってお伺いを立てたらしいんだが
・・・特に返答はなかったらしい。
(馬鹿馬鹿しい事は答えてくれないらしいよ、神は)

え?そうめん?
もちろん、食ったわ。

かなり大量にあったから、
その年はそれ以降スーパーでそうめん
買わなかったよ。

で、更に翌年(去年)
新しい愛車W800を見せびらかすために
私は三輪大社を訪れた。

そしてちょうど人に落ち合う場所として
三輪そうめんの店を選んで
そうめんを食った。

※この話はこちらから「W800とハーレーで行く奈良」

これが7月上旬くらいの話なんだが、
この年は去年あれほどあちこちに入荷されていた
三輪そうめんが店頭からキレイに消えていた。

更に宮司からも肉ではないが、
別のモノが送られてきた。

・・・え?
本当に?

本当に私にそうめん食わせたかっただけなんですか?

神と猫の考えは人ごときには理解できない

今年もぼやぼやしていると、
あっという間に夏が来る。

夏までには、また三輪さんへ伺う予定だし、
三輪山本屋のそうめんは、
そうめんの概念を覆す旨さだったので
また是非立ち寄りたいとは思う。

が、当然他にも食いたいものはあり、
三輪そうめんを食わずに帰ったら
またこうなるのかな?と思うと・・・
それを試してみたい所もある。

いや、その前に、まず
何でそうめんやね~ん!!

確かにあそこの主祭神オオモノヌシは、
白く巨大な蛇の姿をしていると言われているので、

そうめん=白蛇なのかもと思ったりしたが、
あれを表現したいのなら、
そうめんより‟うどん”だろうと思う。

米・酒だったら奉納にも使うし、何となく分かるんだが・・・
そうめんは、本当に意味がわからん。

単純に自分の社の名前が入っているものだからなのか、
他に理由があるのか・・・

わからん、どう考えてもわからん。

確かに、そうめんを七夕・祝い事忌み事の席で食うって
食の風習はあるし、
その意味は邪気払いだったり秋の収穫祈願という
考えもあるんだけれどな。

今まで散々「あれ?」と思う目には合わされているが、
その中でもっとも
「本当、お神の考えはわからんわぁ」
と思ったのが・・・このそうめん事件である。

・・・本当、なんでそうめんなんかなぁ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。