ずらりと100台集結 Kawasaki Wシリーズミーティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バイクには沢山のメーカーがあり、
また同じメーカーの中にも
無数に車種やシリーズが存在する。

バイクは基本一人で乗るものだが、
たまに同じメーカーや車種の人々が集う
「ミーティング」
というのが開催される。

事の始まりは、3月末のあの大人のBBQの道中に
立ち寄ったセブンイレブンの駐車場。

そこにたまたまW650が停まっていて、
たまたまそのライダーのおいさんに
「阿山でWのミーティングあるんだよ」
と教えてもらった事だ。

ミーティング、ミーティングねぇ。
よく聞くミーティングの話は、ハーレーのものだ。
つーか、私の周りは意外とハーレー乗りが多く、
Kawasakiに乗ってる奴が少ない。

いや、Kawasakiに限らず
現行としてクラシカルなスタイルの
バイクに乗る奴が少ない。

周りで多いのは、昨今の流れに則って
やはりSSだ。
そしてクラシカルなタイプもアメリカンが多い。

私がWに興味をもつきっかけになった友人も
結局W400からハーレーに乗り換えてしまったしな。

そうか、Wのミーティングか。
では、一度覗いてみるか!!

ってなわけで、4月28日。
今日も今日とて名阪をかっ飛ばし、
三重県の阿山まで出かけてみた。

ウェストW1ミーティング

毎年、阿山の道の駅の隣にある文化会館で
Wのミーティングを開催しているのは
‟ウェストW1クラブ”
という所らしい。

なんでも、この辺りでは一番大きな所らしいのだが、
そもそも私はそうゆう集まりに興味がないので
全くもって、そのような愛好家の団体みたいなものの事が
よく分からない。

とりあえず、阿山の道の駅に到着し、
一服しながら道を見ていると・・・
あぁ、Wが1台通り過ぎて行く。

更にまたW。
次もW。

お、団体来た。
Wが1,2,3,4・・・

Wシリーズしか前の道を通らない!!

別に、KawasakiのWは
そう珍しいバイクではないと思うが、
それにしてもこれだけ多くのWが
走っているのはそう見るもんでもない。

で、皆前の道を通り、横の信号を左折し
確実に裏の文化会館に入っていく。

という訳で、すぐ隣の会場へ行ってみたら
・・・・こんな事になってた。

駐車場にW、W、W、W・・・・
なんだこれは(;・∀・)

本当にミーティングって同じ車種のバイクが集まるんだな!!

確か、この時は11時くらいで・・・ざっと見ても50台以上は
Wが停まっている。

のちに主催の方の挨拶によると100人程度の参加者がいたらしく、
単純に一人一台で考えれば、
100台のWが集まっている
というわけだ。

とりあえず、端っこの受付的な所に行き、
参加費1000円を支払う。

ここで受付をすると、
次回からミーティングのお知らせなどが
届くようになるらしい。

とりあえず・・・見て回るか。

KawasakiのWというバイク

結局、KawasakiのWシリーズはなんぞや?
という人のために軽く説明。

Wの元型は、あの目黒製作所(メグロ)が制作した車両(K1)だそうで。

で、それを時代に合わせて排気量を拡大し、
1966年に発売されたのが
‟カワサキ650 W1スペシャル”
当時は国内最大排気量だったそうな。
(当初は英国車仕様で、右シフト、左ブレーキだったんだってよ)

で、その後W3なども発売されるものの、一旦生産終了。

次に出たのがW650(1999年)
更にもっと手軽にってなわけで、中免で乗れるW400。
んで、それで儲かったお金で作ったよっていうのが、
うちのW800という事らしい。

※W800は一度、生産終了っつってファイナルエディションが
出たものの、結局またなんか出てる(笑)

つまりKawasakiの『W』というのは、
昭和から平成を駆け抜けたバイクなんだが
私も細かい所は把握しきれていないし、
把握する気もないため、
もっと詳しく知りたい&写真付きで見てみたい方は、
以下のサイトをご参考に。

バイクの系譜https://bike-lineage.org/kawasaki/w/w.html
※メグロから、最新のW800STREET/CAFEまで網羅。

 

ひとまず、最近普通に見かけるのは・・・
再発売されたW400~W800が多いという事でいいと思う。

いや、実際、私もW1とか見た事ないんだよ。
当然だよな、私であっても発売当時はまだ生まれてないんだから。
(私は1977年生まれ)

ただ、ダンナ世代(団塊)には馴染みのあるバイクで、
うちのダンナもメグロは知っているし、
私がたまに声を掛けられる時も必ず
「これってあれやろ?メグロのアレやろ?わしも乗ってたんよ」
と言われる。

で、ちょっとランクアップして
バイク好き&Kawasaki好きだと
「これってW1の後継車なんでしょ?」
と言う。

余談だが、W400の対抗馬は、
前の愛車CB400SSと同じくSRだとか。

(CB400SSの所有者は、大概この事情を承知しているので
自ら「パチモンSR」と言う。
まぁ実際、乗ると全然違うんだけどね)

そんなKawasakiの名車Wが所狭しと並ぶ駐車場。

殆どがなにがしかのカスタムがされている風。

小さいスクリーンついてたり。

マフラーこんなだったり。
これどんな音すんねん?

サイドカーついてたり。
(まさかつくとは思わなかった)

ちなみに、上の写真のフロントフェンダーについている板は
‟風切り板”というもの。
つけるとレトロ感アップなだけでなく、
名前の通りちゃんと風を切ってくれるらしい。

会場をウロウロしていると・・・あっ、いたいた!
滋賀で会ったおいちゃん!!

そしておいちゃんのバイクがこちら。

カスタムの事はさっぱり分からんのだが、
本日もペカペカに磨き上げられている。

正直、私はパッと見てW1なのかW3なのかサッパリ分からん。

どうもW3まではクランクケースがYの字っぽい形していると
いうのしか分からん。

これとかW3なのか?
でもこれはバイクよりもサイドバッグにしてる
ランドセル見ちゃったよ。
これ、実はメッチャやりたいんだよな(笑)

あと、別にWに興味があれば参加可能なので、
W以外のバイクも来ていた。

これはこの間私が道の駅で見かけてレトロ可愛いと思った、
ロイヤルエンフィールドのバイクだな。

まぁWも英国仕様だったってのがあるから、
こいつも仲間と言えば仲間だなぁ。
(むしろ本家?)

ミーティングって何するの?

所で、バイクのミーティングって何をするか
疑問じゃありやせんか?

実は私もそこは疑問だったんだよ。
大概の人がグループなど2人以上で来ているから、
私のような新参、しかもWはWでも
800で、ほぼドノーマルだから
ハッキリ言って誰とも会話せん(;・∀・)

いや、まぁ私としてはこれだけのWをみれたので満足だが、
そうではない人は何を楽しみに来ているのか?

ライダー同士の交流はさておき、
こうゆう古いバイクに関しては
部品が少なくなってきているので、
そうゆうのを交換・購入したりってのも
あるらしい。

ここでもメインはそうゆう部品の販売っぽく、
人が群がっていた。

ここもメインはW1~3などなので、
私には用はございませんわ。

バイクを弄るのに興味がないわけではないけれど、
現行として一台所有で、しかも日常の足のため
それを弄るのは中々ハードルが高い。
(弄っている間は足がないわけだから)

あと、仮に知識があっても・・・
如何せん公道を走るもんだから
自分でやるのは色々と心配だもんなぁ(;・∀・)

まぁいずれにしろガレージのない今の状態では無理だ。
ガレージのある所に引っ越せたら考えよう。

 

途中、また道の駅まで行って食べたり飲んだり、
「じゃんけん大会」なるものがあり、
勝ち残ると部品がもらえたりする
イベントもあり、
13時過ぎには集合写真を撮ってミーティング終了である。

初めて行ったミーティングの感想

で、初めてミーティングと呼ばれるものに行ってみたんだが、
・・・・多分、もう行かないかな?(爆)

これは別に主催が悪かったとか、
ミーティングがつまらないってわけではない。

面白いには面白いんだけれど、
興味が先に立ったせいですっかり忘れていた。

そもそも、私は人が一杯いるのが
そこまで好きじゃなかった!!(爆)

今回はせっかく滋賀のおいさんが教えてくれたから、
「せっかくだし」
って来た所もあるからなぁ。
(本当、気さくで良い方だったのだ。
あぁゆうライダーオヤジがもっと増えたらいいと思う)

おいさんの顔を立てるってわけじゃないが、
これは道で会ったライダーの縁だと
思ってきてみたわけ。

ただ、道に落ちているのは良縁だけではないからな。

実は会場で古参らしい女の人にかけられ、
一応、連絡先を交換とかしたんだけど
この人と最初から反りが合わない。
(そもそも、おいさんと喋ってる所に割り込んできたしね)

その後もSNSでコメントをつけてくれるのはいいが、
凄い先輩風を吹かされて
鬱陶しいのでブロックしたんだ(;・∀・)

※私はミーティングなどにも興味がないし、
SNSの同じ車種だけで集まるグループにも参加しなくて
そうゆう情報を持ってないから
‟免許取り立ての人”
だと思われていたのかもしれない。
確かに私は日帰りツー派だし、
カスタムにも興味がないが
とりあえず霧・雪・台風・豪雨・極寒の
天候の中でも事故らずに走ってきた経験はあるんだけど。

 

で、まぁこの人曰く
「女性ライダー来るの待ってたの!!」
って事だったんだけれど・・・・

確かに私は女性だし、たまたま仲良くなったのが
女性で同じ車種なら嬉しくはある。
「女ももっとバイク乗ればいいのに」
とは思う。

が、同性だからとか、同じ車種だからという理由で
無理に仲良くしたいとは思わない。

そこは、例えば「仲良くなる10項目」があるとして、
そのうちの1つ2つでしかない。

仮に1~2合致しても、残りが合わなかったら
仲間や友達にはなれん。

逆に1~2違っても、残りが合ったら
友達にも仲間にもなれる。

その1~2が私の場合は大体
‟性別”と‟車種(排気量)”

そしてその二つは、私にとって重要ではない。
一番どうでもいい問題なのだ。

いつでも一番重要なのは「人柄」「相性」

経験とか排気量とか性別とか知識とか
私はそんなのどうでもいいけどな。

つーか、あからさまに「お友達になりましょう」
みたいな人と昔っから反りが合わないんだ。

友達になる奴とは、ノリと勢いだけで
大体普通に和気あいあいとしてるから。

※で、そうしてしばらくしてから
「あれ?コイツとは確か数時間前に知り合ったばっかりで、
お互いに何処住みかも知らねぇわww
そう言えば名前も知らないじゃんww」

ってなる。

 

こんな調子で、今年は珍しくGWの間中
方々を走り回った。

次回からはそんなGWツーリングの話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。