仕事帰りに京都へ寄りました(←?)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

7月7日に納車された新しいW800。

待ちに待った1か月振りのW800・・・・

なのだが・・・そのWのいない1か月間の間に
私に衝撃の変化が起きていた!!

積載能力のなさに愕然とする朝

納車翌日。
まだビキニカウルに慣れておらず
微妙にバランスがとりにくいので
念のために我が家でライディングブーツと
呼ばれるワークマン製の安全靴に足を突っ込んだ。

で、その靴で運転するのは嫌なので、
運転用にしているいつもの安全靴を小脇に抱えて
駐車場へ。

※現在、どうしても大型車両の運転技能を習得してみたくなり
運送会社でトラックに乗っておる。

そして気付いた。

そういえばWは積載能力が0だった!!

何を今更という話なんだが、
事故から納車まで1か月強の間
ずっと代車のアドレスくんに乗っていて
私はそんな当たり前の事をすっかり忘れていたんだ。

スクーターは積載能力が優秀

代車でスクーターとはいえ、アドレスくんは有能である。

大事な事なので2度言う。
アドレスくんは有能である。

そりゃ高速に乗れないし、
シフトチェンジの楽しさはないし、
見た目もダッサイ。

が、通勤・買い物という街乗りには
非常に向いているバイクである。

なにかと馬鹿にされがちなスクーターだが、
やはりこれも適材適所というか
単純に排気量だけで価値を決められないのがバイクなのだ。

「バイクに荷物を積むなんて」
という奴は、
真っ裸でバイクに乗れ。

バイクだって荷物積まなあかん事はあるんだ。
そしてスクーターは積載にかけては
デフォルトで優秀なんだ。

「どの道、今しか乗れへんし」と
たっぷりその恩恵を享受してしまい
1か月振りにWの積載能力0っぷりを
間の辺りにして愕然とするしかなかった。

名神に乗るんだ!!

ツーリングネットを取りに戻るのも面倒で、
とりあえず靴をリュックに突っ込み出勤。

で、昼間。

今担当している仕事は
待機時間が長いのだが・・・
たまに先方に忘れられる
という事が発生する。

その日もどうやら忘れられていたようで、
4時間近く待ちぼうけであった。

ふとTwitterを見るとツーリング仲間のYさんPさんが
京都にいるというではないか。

京都か。
京都っつったら、デグナーあるんだよなぁ。

そうそう、そもそも事故前の予定で
繁忙期終わったらサイドバッグ付けに
デグナーに行こうと思ってたんだよ。

ついでにうだる暑さの京都を回って
有頂天家族の聖地巡礼をしようと
思っていたんだよ。

そのためにステーの発注頼んで、
来店日を決めないと!と思ってたんだよ。

でも・・・今のWには既にステーがついている。

ステーの発注しなくても
鞄だけ買いに行けばすぐ付けれる。

オマケに・・・翌日は休み。

なんだろう、これはバイクの神が私に
名神に乗れ!
と言っているんだろうか?

確認の電話をしたらガチで忘れられていた事が発覚した直後のTL。

とりあえず神の啓示は聞こえないが、
Yさんの囁きは受診した(笑)

よし、名神に乗るか!!

仕事帰りに京都に寄りました(←?)

車庫にトラック戻してバイクに乗り換え、
納車直後のスカスカのタンクにガソリン満タン。

で、会社の横のICから名神に乗る(笑)

奈良ほど行かない京都だが、
実は奈良と距離的には変わらない。

それなのに何で奈良ほど行かないかというと
無料区間がないので高速代が高くつき
京都市内がいつも阿保ほど混んでいるからだ。

しかし、今回の目的地デグナーは
京都でも滋賀よりの山科区にあり、
京都東ICから10分程度である。

そんな訳で出発から2時間もかからず、
京都東IC到着。

別に特別すっ飛ばしたわけじゃないが
予定よりやや早である。

クラシカルな見た目で
いかにも遅そうなWだが
そこはやっぱり750ccクラスなのだ。

本気だせば速いんだよ、本気だせば。

W800のサイドバッグ選び

IC傍のコンビニから混み混みの五条バイパスを走り、
程なくしてデグナー(DEGNER)到着。

写真を撮り忘れたので、本家サイト様からお借りしています。

バイク乗りなら一度は聞いた事があるメーカー
デグナー。
私もその例に漏れず当然知っていて

そのうちサイドバッグをつけるなら
デグナー製のものにしようと思っていた。

これは見た目のお洒落さだけでなく
中のジッパーや、表の留め具が機能的で
使い勝手が良さそうだからだ。

価格帯も合皮のものであればバッグとしては
妥当な金額だしな。

ただ、サイズで悩んでしまって
中々つけれず今に至るというわけだ。

店内に入ると、直営店だけあって
あるわ、あるわ。
どっさり並ぶ革製品!
目移りしそうになりながら、目的のサイドバッグの棚へ。

デグナーはそもそも革製品がウリなのだから
ここは一発革の・・・と行きたいが、
うちのようなガレージなし、
雨天でも出かける人間に
本革はちょっと勿体ない。

使用環境を考えると、今の所は
合皮辺りで手を打つのがいいだろう。

ツー仲間であり店員のSちゃんに聞くと
試し付けをしてくれるというので
めぼしい鞄を幾つか持って、
更に中で合流したYさんPさんと共に
駐車場へ。

皆、Wにどうやって鞄つけてんの?問題

で、いざ試し付けとなったんだが・・・
S「・・・・固定バンドを通せるところがねぇ(;・∀・)」

え?

サイドバッグ、もしくはサドルバッグは
リアタイヤの上というか側面にぶら下げて使うものである。

そのままぶら下げただけではタイヤなどに干渉してしまうため
ステーというものが存在する。

でもステー自体はそこにバッグを吊り下げるわけではなく、
あくまで内側に入り込むのを防止するためにあり、
サイドバッグ自体を固定するベルトは
違う所につける。

が、うちの場合、引っかかられる部分があるとしたら、
タンデムグリップ以外ないのだ。

ベルトは2本かける必要があるので、
もう一本を何処にかけるかだ。

私「ほかのWの人はどうやってつけているの?」
S「いやそれが、何故かWの人はステーをつけて帰っても
バッグ買っていかない人が多いんだよ

え?

S「とりあえず面倒くさいステーを店でつけて
鞄はネットとかで買うんじゃないかなぁ?」

あ~なるほど。
まぁメル●リとかもあるしね。
私は周りでバッグをつけている人が皆無だから
多少高くても店でつけてもらうよ。

私「webとかでよくバッグつけてるW見るよ。見てみよう」

ググってみると、確かにWのサイドバッグ付き写真は
沢山あるのだけれど、
大体はリアキャリーやグラブバー(タンデムバー)
をつけていて、そこにベルトを引っ掻けているようだ。
という事はステー以外にもバーがいるのか?

S「じゃあシート下のフレームに通してみよう」

というわけで、シートを開けてそこにベルトを通してもらう。
なるほど、これだと何とか通る。
後はここにバッグをぶら下げるだけだ。

が、今度はウィンカーが干渉してしまう(笑)

まぁ蓋の開け閉めの時に蓋に当たるくらいは仕方がないが、
蓋閉めた状態でもウィンカーキツキツなのはなぁ・・・

で、まぁこれはバッグの後ろのベルトを通す部分の長さによって
調節できるみたいなので、その部分が長いバッグを探しに
再び店内へ。

で、色々な条件の揃っていたものがこの12Lのピンスト柄のバッグだ。

丁度在庫もあるという事で、
これを二つ購入し両サイドに取り付けてもらう。

バッグなので確かに積載量は大事なんだが、
やはりバイクとのバランスもあるのでWなら
12Lくらいまでが限界。

一番バランス的に良いのは、ワンサイズ下の9Lくらいの
横長というより縦長のバッグだけれど、
それだとステーが丸見えになっちゃうので
まぁこれくらいが妥当。

ふむ、いいじゃないか。
12が二つで24L。
これだけあれば積載に困る事はなかろう。

実際、取りつけて2週間ほど経過したが、
結構な豪雨でも短時間なら付属のレインカバーでしのげるし、
思った以上に物が入る。

それと‟かさまし効果”で、車体がデカく見えるのいいよね(笑)

これは見栄ではなく、
バイクは車に比べて小さく(遠くに)見えるので、
まだ大丈夫と誤認した車が飛び出てくることが多いからだ。

ただでさえ黒は後退色(収縮色)なので、
今回車体がオール黒になってそれが心配なんだよ。

収縮して見える分、かさましすればプラマイ0だろう。

それにしても・・・シート下のバーにベルトを通して
シートを閉める時、
私2人分くらいある大男のSちゃんが全力で乗って
閉めていたんだが・・・・

これ、うっかり私がシート外したら
シート閉まらなくなるんじゃないだろうか?

・・・やはりグラブバーの取り付けと
車用のETCのを別に持つことを検討しよう(;・∀・)

閉店後の妹子の郷で夜遊び

仕事帰りの寄り道とはいえ、
せっかく高速代を払って京都まで来たのだから
真っ直ぐ帰っては勿体ない。

ここは一発、夜遊びをしよう(`・ω・´)ノ

ってなわけで、YさんPさんと
ナイツー的に向かった先は
道の駅「妹子の郷」

訪れた時間は既に閉店後だったのだが、
ここはコンビニがあり、そこは24H営業らしく
夜でもライダーがそこそこ集まるようだ。

で、コンビニで飲み物買って、
バッグをつけてくれたSちゃんと
京都組のVちゃんを3人でダラダラ喋りながら待つ。

家が近い(←?)この4人組は、どうもしょっちゅう
妹子で落ち合っているらしい。
もはやノリは放課後の学生だ。

まぁそこに会社の作業着で混じってる私も
同類なのである。
(制服で名神を駆け抜け、制服でデグナーでお買物。
制服で妹子の郷でダベる)

・・・・京都と滋賀なんて近所だからなっっ!!

学生とちょっと違うのは、
地べたにヤンキー座りではなく
Yさんがいつもサイドバッグに積んでる椅子と机がある事だろう。

即席・カフェテリア!!

大人だね(笑)

待っているうちにポツポツと降り始めたが、
まぁそこは希代の雨男Vちゃんが徐々に近づいてきているって
事なので無問題。

水神Vちゃんが到着した所で
向かった先がii・cafe×da・bar。

※詳細は前記事のカフェ巡りをどうぞ。

そこで先ほどのSちゃんとも合流し、
皆で飯を食う。

そして確か23時頃に解散し、
再び名神へ。

距離ガバ?

案の定、伊吹山あたりでほんのり降られたため、
帰りは小休止で養老SAに立ち寄る。

やはりこんな時間なのでバイクはなし。
代りに駐車場はほぼ大型トラックで埋め尽くされている。

最近、夜目が利かなくなってきているが、
元々夜に出歩くのが好きだ。

バイクに乗ってもそれは変わらず。
まぁあまり真っ暗な道は見えなさすぎて困るのだが
程々に仄暗い道を走るのが好きだ。

まぁ猫と犬待ってるから帰るけれど、
根本的に夜の住人なのだよ、私は。

高速の分岐に差し掛かる度に、
「もう少し他所を走って帰ろうか」
と思う誘惑を振り払い、1時半頃に自宅着。

本日の走行距離は329km。
燃費はL=27kmと安定の良さでございますな。

ただ前のWと乗り味が同じかといえば
そうでもない。
まぁまたそれについては、納車から1000kmくらい
走ったところでまとめてみようと思う。

 

バッグつけて積載量も増えたし、
益々遠出が楽しみだと思う夜である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。