絵描きの綴る奇妙と奇怪の風景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

名前以外で人が私を表す言葉は沢山ある。
沢山あるが、ひとまず職業的なカテゴリーで行けば

「画家さん」とか
「イラストレーターさん」とか
「デザイナーさん」

というのが、自他ともに認める職業だ。

雅号やジャンルは変われども、20年くらい前から
“描く”
という事でお金を頂いている。

んでもって、10年くらい前からは
「柴猫由貴」
というヘンテコな名前で、こんな感じの絵を描いたり、

名刺やチラシのデザインをしたり、必要ならライティングもやって
飯を食っている。

 

こんな仕事なので私の所へ来て下さる方は、絵や音楽、文学みたいな
“日常の嗜好品”
のようなものを愛する人が多い。

ただ、そこにもう少し付け加えると
“不思議な話”
“奇妙な話”
が好きな方が多い。

まぁ、もっとついでに言えば
“ドM”
も多い(爆)

ドMはさておき、
前者の人々が仕事を抜きにしても何故私の所へやってくるか?

それは私が、
こうゆう方々のお好みの与太話を沢山所有しているからだ。

何でだか昔から私の周りには
“奇妙な事件”
“奇怪なモノ”
が寄る。

“奇妙な事件”とは、偶然にしても面白れぇなぁって事。
“奇怪なモノ”とは、現実にはいるはずがないモノ。

昔から私はそうゆう
“日常と非日常の境界”
みたいな所にポコっとハマる質らしい。

特に後者については自分でも
「こりゃ~頭のネジが2~3本飛んでいるのだろうか?」
と思ってはいる。

が、非常に残念な事に一度たりとも心理査定に引っかかった事がねぇ。
それどころか「合理主義の理論人間」なんて結果が出やがる。
つまり今の精神医学の基準でいけば頭はマトモなんだ、一応。

それにも関わらず、日常と非日常の境界に引っかかった時、
そうゆうモノを見て、聞いて、嗅いで、触ってしまう時がある。

どうしてそうなるのか、何となく分かっちゃいるが、
明確な原因は特定出来ない。

確実なのは「抜けられない」という事だけ。

そんな時、合理主義の人間が取る方法は一つだ。

どうにもこうにも抜けられないなら
それをトコトン楽しむより他にするべき事はない。

いい加減か? でもさ、

あるのかないのか分からない原因を追い求めたり、
嘆き悲しむより遥かに建設的だろう?

毒を食らわば皿まで。
同じ阿保なら踊らにゃ損。

人生なんて楽しんだもの勝ちだ。
どうせ身に降りかかるのなら、思う存分絵と話のネタにしてやる。

先に言った通り、うちのお客さんはこうゆう話が好きな方が多い。
いつの頃からか、望まれたらこうゆう話を語るのは
“サービスの一環”
って事になっている。

ただ、こうゆう話というのは思い出した時に残さないと結構忘れる。
つまり、ここは私とお客さん用の忘却録って事だ。

 

私がここで語る事は一応私としては事実であるが、
「絶対信じろ!」というつもりもない。

世の中に出回っている話、
特にネット社会の話で確実に信用出来る話なんて一握りだ。

それ以外の事については、全て読む人間の自由。
自由というのは自己判断で自己責任だ。

だから、一介の絵描きの与太話などに興味がない奴は
サクッとブラウザを閉じればよい。

与太話を信じなくても好きな奴は創作として読めばよい。

そして与太話が好きな奴は、
これは世界の境界にある数多の風景の幾つかを語ったもの
だと思ってくれればいい。
別に私が見たり感じる事が世界の真実とかじゃないからな。

 

最後に改めてこのブログというか、私という人間の大前提として
言っておきたい事は、

普段人様が私をなんと呼んでも、
日常的に私に何が見えいても、
私自身は特別でも偉い人間だとも思っちゃいない。

そう、私はただ白い紙の前で神の作りたもうたこの世界を
どうやって再現しようか頭を抱えて右往左往する

“どこにでもいる平凡な絵を描く人”

以外の何者でもない。

そんな絵描きがたまに筆を休めて不思議な話をしている。
ここはたったそれだけの場所だ。

そんなわけで、どちら様もどうぞよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター ふく子 より:

    はじめまして。
    猫 死んだ で検索してたどり着きました。

    我が家に、メスの野良猫がやって来て、なぜか私に懐きました。
    余りにもガリガリだったので、一度だけのつもりで餌をやったのですが、翌日以降もやって来て、まとわりついてねだるため、根負けしてしばらく餌やりをしてしまいました。
    野良猫に一番やってはいけない行動だとはわかりつつも、冬の寒い時期だったのでつい・・・。
    すっかり我が家の猫と言わんばかりの表情で庭に居座り続けたのですが、猫が来て1ヶ月後に母が入院することに。
    元々体の弱かった母は、免疫不全のため私に「野良猫から病気が移ったらいやよ」と言っていましたし、わたしももちろん母に病気が移ったら大変だという認識はあったので、常にゴム手袋をして接していました。
    ある時、せっせと世話を焼く私に、母が「猫と私のどっちが大事なの?」と冗談交じりに聞いてきたので、私も冗談のつもりで「猫」と答えました。
    その数日後からの母の入院。
    しばらくは何とも思ってませんでしたが、だんだん母の病状が悪くなり少し怖くなったのです。

    というのも、私は猫に「ごめんね、うちはお母さんが病気だから一緒に住めないんだよ」とか、「お金があったらお家を建てて一緒に住めるんだけどね」などと話しかけていたからです。
    母の病状が悪くなる前に、猫が家に入ってくる夢を見ました。
    父も、その猫が家に入ってくる夢を見たそうです。

    もしかすると、この猫が母を家から追い出そうとしてるのではないか!?
    そんな考えまでよぎり、それ以降は餌やりはもちろん、遊ぶのもやめました。
    それどころか、敷地に入ってこられないように、毎日水をまいたり猫よけのとげとげを置いたりして追い払ったのです。

    餌の取り方を知らないのか、我が家だけをあてにしていたのか、ガリガリになっていて、見るのも辛いほどでした。
    多分ですが、お腹に子供がいたと思います。

    それでも、母を失うのが怖くて、猫を追い払ってしまいました。
    どんなに追い払っても拒んでも、私にまとわりついて離れようとしなかったけど、何度か事情を説明して、謝りながら追い払いました。
    1ヶ月以上攻防が続いたのち、ぱったりと来なくなり、近所でも目にすることがなくなりました。

    近所の家の猫よけがそれと同時になくなっていたので、もしかすると保健所に通報されたのかもしれません(猫を飼ってるお宅なのに、自分の猫は去勢もせずに放し飼い、よその猫は追い払うという謎のお宅です)。

    なつっこくて可愛い猫でした。
    「お母さんが元気になったらまたおいで」と言ったけど、さっぱり姿を見ないので、もしかするともう亡くなったのかもしれません。
    身重の一番栄養が必要な時に、見捨ててしまいました。

    病院から帰ってくるたびに、出迎えに来てないかなと期待しますが、あり得ません。
    あんなひどい仕打ちをしたんですもん。
    戻ってくるはずがない。
    もし戻ってきたところで、我が家で飼えないのは私も猫もわかっていることですし。

    最近になって、2度ほどその子の夢を見ました。

    1度めは、我が家からずいぶん離れたところで、その猫が虫を取ろうとしている様子でした。
    こちらをじっと見て、その後虫を取っていました。
    夢の中で、ああ生きてたんだねと思ったところで目が覚めました。

    2度目は、ガリガリになったその子がぐったりと横たわっている夢でした。
    やっぱり死んだんだと悲しくなり、近づいたら起き上がるというところで目が覚めました。

    このような夢を見るということは、やはり死んでしまったということでしょうね・・・。

    私という人間のエゴで辛い目にあわせてしまいました。
    本当は、避妊手術を受けさせようと、家族で話をしていたんです。
    しかし、どうやって連れて行くか、受け入れてくれる病院はあるかなど、問い合わせている間に母が入院し、結局実現しませんでした(猫を飼ったことがないのでわからないことだらけ)。
    避妊手術を受けさせて、お耳にカットしていれば保健所収容を免れると聞きました。
    もっと早くに行動に移しておけば・・・。
    もちろん、保健所に連れて行かれたかどうかわかりませんし、死んだかどうかもわかりません。

    できれば、どこかで生きていて欲しいと願っています。
    ですが、もともと小柄なうえに身重で栄養不足ともなれば、生きてるのは難しいですよね。
    本当にかわいそうなことをしたと反省しています。
    ありがとう猫、ごめんね猫。

    取り留めのない話をお聞かせしました。
    誰にも話せず心の中にしまっていたので、つい。
    お許しください。

    1. アバター yutaka100 より:

      ふく子様
      コメントありがとうございます。
      お話全て拝読させて頂きましたが、
      それはあなたも大変お辛かったかと思います。

      しかし、あなたがもしその猫に情をかけなければ、
      ひょっとしたらその子は、他者から与えられる温かさを知らず、
      誰にも想われる事もなく、もっと早くに亡くなっていたかもしれません。

      お互い想いがあっても上手く行かない時はあります。
      でも忘れないでいてあげれば、今度は助けられるタイミングも
      巡ってくるでしょう。

      もし、ご家族の皆さんも含め、猫と暮らしてみたいというお気持ちがあるなら、
      条件がきちんとそろった時、里親募集をしている所から
      猫を引き取ってあげてもいいと思いますよ。
      その子に限らず、この国には温かい人の手が必要な動物は
      沢山いますから。

      後悔ではなく教訓という形で覚えていてあげて下さい。
      きっとそのほうがその子も喜ぶでしょうからね。

  2. アバター ふく子 より:

    管理人様

    仰る通り、後悔で終わらせず、今回の体験を教訓として生かしたいと思います。

    優しいお言葉をありがとうございました。
    救われました。

  3. アバター けろちゃん より:

    たまたま見付けたのですが、どのお話も非常に興味深い内容で、ついつい読んでしまいました。

    日常で姿は見えませんが、夢で今でも会いに来てくれる昔世話をした猫達の事をふと考えて、そういう事もあるんだろうと勝手に納得して読ませて頂きました。

    ここ最近やたらとついてなくて、3ヶ月に1回何かしら怪我をしてます。
    3月は車に跳ねられ右足打撲、今月9日にはこけて左腕を折ったばかりです。
    オカルト的な物で無いにしろ、一度ダンナさんに見てもらいたいなと思った次第です。個人的にダンナさんに会ってみたい気持ちも強いですが(笑)

    もし本当に見て貰える様でしたらメアドを載せますので、お返事頂けたら幸いです。ちなみに愛知県の刈谷市在住です。

    上記が叶わないにしろ、一読者として今後も楽しみに拝見させて頂きますので、連載頑張って下さい。それでは。

    1. アバター yutaka100 より:

      ご訪問ありがとうございます。
      私自身、特に霊感があるわけではないので、日常的に物凄い視えたり・・・はないのですが、
      ふとした瞬間に「あぁ、きっと付いてくれているんだなぁ」と思ったりしますし、
      そうゆう気持ちが大事なのだと思っています。
      その子の事を最もよく理解しているのは、霊能者でも獣医でもなく世話をしている本人ですので、
      自分が納得出来たら、それでいいんだと思うんですよね。
       
      さて、最近ご不幸が続いているとの事で
      うちのダンナさんに相談・・・なのですが、そうすると中々高くついてしまいます(;・∀・)
      ですので、もしご近所で懇意にされている神社があれば、
      そこに通う頻度を上げるなどをしてみるとよろしいですよ^^
      あと、ちょっとなんかすっきりしないなぁという時は
      「塩(国産の天然塩)を一つまみ舐める」
      のを試してみてください。
      もしどうしてもあかんなぁという事であれば、コメント頂けたら
      こちらで表示されているアドレスに一度ご連絡させて頂きますので^^

  4. アバター けろちゃん より:

    コメントありがとうございました。
    骨折の事も有り、仕事が忙しくなかなか返信できませんでした。

    知立神社がとても近いので、行く様にしたいと思います。
    塩の方も試してみます。

    どうしても駄目な時はよろしくお願いします。

    腕はだいぶ良くなって来まして、明日の検査結果次第でギプスが取れそうです。

    管理人さんもお元気でお過ごし下さい。

コメントを残す

*

CAPTCHA