バイクに乗るのが楽しくなる!初心者ライダーに道の駅巡りを勧める7つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

春夏秋冬問わず、興味を引くものがあれば愛車に跨り飛んでいく!

・・・というのがここ数年の私がやっている事。

だが、別に最初からそうだったわけではない。
そして今も別に「自分、物凄く運転が上手いんです」と言うつもりもない。
大体な~、大型二輪についてはまだ初心者なんだから。

大型自動二輪免許取得とW800納車から約1か月。
もう一か月なのか、まだ一か月なのか。
とりあえず走行距離ならやっと1000kmを超えようという頃。

今回はこのバイク自体は初心者を脱し、
だが大型は初心者という言わば「中堅どころ」の立ち位置から、
楽しく運転技術を向上させる方法を考えてみた。

自分を走らせるトリガーを作ろう

バイクで走り出す切っ掛けというのは人に寄るだろうが、
仕事でもなければ大体
「あそこに行ってアレが食べた~い」とか
「あの景色が見た~い」とか
「あの道を走りた~い」とか
だと思う。

ただ、人には必ず「気乗りしない時」というのがあって、
この重たい気分の時に自分で自分に提示する切っ掛けが軽いと、
「あ、面倒だからやめておこう」
となる。
まぁ後は結構行くまでのハードルが高い所とかね。

別にそれはそれでいいけれど、
これからもっと運転が上手くなりたい、バイクと親しくなりたいという人は、
やっぱりちょっとでも小まめに走ったほうがいいっていうのが、
原付も含め10年近く乗って思った事。

そんな時のために簡単に始められて、
やり始めると妙に制覇したくなる面白いものを見つけた。

道の駅スタンプラリーというトリガー

W800の納車2日ほど前。
前の愛車CB400SSで行った所がある。

それは、瀬戸の道の駅「しなの」

ここにはこうゆうモノを買いに行った。

車・バイクで移動した人なら大体一度は訪れた事があると思う「道の駅」
その中にスタンプが置かれているのを見た事はあるだろうか?

あんまり使っている人がいないので気付いていない人もいるかもしれないが、
何処の道の駅にもあるのだ、各駅のスタンプが。


※こうゆうやつ↑

私も前からこの存在には気付いていたものの、
誰も使っていないし帰ってくるとその事を忘れていて調べた事はなかった。
が、ある時ふと思い出し調べると、こんなサイトがあった。

道の駅公式HP‟スタンプラリーについて”:
https://www.michi-no-eki.jp/stamprally

北海道、関東、中部・・・などと区分けされていて、
それぞれ条件・達成報酬が異なるが、
とりあえず私のいる中部は無期限で上のようなスタンプ用ブックが販売されている。


※中身はこんな感じ。各駅の情報が多少記載されている(350円)

まぁ完走しても物凄い商品が出るわけじゃないけれど、
目的地はいずこかの道の駅と決まっていて、
完全走破という明確なゴールがある。
とりあえず、完全走破するまで目的地がなくなる事がない!


※中部地区は新設された道の駅を含めて全130駅!!

更にこれを制覇しようと思うと、
元々自分が視野に入れていなかった場所にも行く必要が出てくる。

とりあえず中部地区に限って言えば、
愛知・三重・岐阜・長野・静岡の5県
を走りぬかないと全部集まらない(;・∀・)

自分の興味って意外とそのままだと狭くて、
何か外的要因がないと広がっていかないんだよね。

逆を言えば、元々興味がなかった土地で何かを見つけると、
芋づる式で次へ次へと繋がっていく。

このスタンプラリーは、そのための刺激で、次へつなげる芋づるとして丁度いいと思うんだ。

初心者ライダーが道の駅を目的地にするといい7つの理由

道の駅巡りは、中ダレし始めた中堅ライダーさんにもいいが、
特に初心者ライダーさんにお勧めしたい。
その理由を以下にまとめてみた。

1:場所が分かりやすい

道の駅は大体わかりやすい場所にある。
そもそも小規模の道の駅でもある程度のサイズはあるので、
見落としが少ない。
場所にも寄るけど、駅周辺半径2~3kmから「道の駅〇〇」という
結構立派な看板が出ている。
(凄い所は11km先から看板あるよ)

今までツーリングでやったポカは目的地付近まで行ったのに
入口が分からなくて通り過ぎるとかなんだけど、
道の駅でそれはまずない。

2:舗装された駐車場が必ずある

二輪専用スペースはマチマチだけれど、
基本道の駅で駐車場がない所はない。
これは道の駅の本質的存在意義に由来する。
長距離ドライブをする人のための休憩所、それが道の駅だから。

そして、ここが肝心!
何処もちゃんとアスファルト舗装の綺麗な駐車場。

バイクさ~、出来れば砂利とか土の上に停めたくないじゃん(;・∀・)
倒れなかったとしても、砂利とかだと出す時一苦労じゃん。
特に私のような非力な女子(笑)とか、
まだ買って間もない取り回しに慣れてないバイクを砂利や土の駐車場に停めるとか嫌だよね。

そこを考えると道の駅いいんだよ。
駐車場の下調べしなくても必ずあるもん。

バイクでも変な所に停めると駐禁切られるし、
車にぶつけられたりするから、なるべく駐車場に停めたいじゃん。
道の駅はその心配しないで停められるんだよね。

3:休憩に最適

利用できるかは時間にもよるけれど、大体何処も食堂併設。
あと手軽に食べられるライトフードは必ずある。
(鉄板は五平餅とみたらし)
当然の事ながらトイレもある。
(新しい施設だとトイレ超綺麗)

特に食堂ではそこの名物なんかがあるから、
胃袋に自信がある人は道の駅を巡りながらグルメ旅も出来ちゃう。

それに足湯が無料、リーズナブルな温泉併設の場所もあるから、
懐が寂しい時に行ってもそこそこ楽しめる。

4:情報収集できる

どの位の情報があるかは駅によるけれど、大体何処も
周辺の観光スポットを紹介している大きな看板がある。
走るのに慣れたら、この看板を見てその場で行先を決めて
いきなり行ってみるのも旅の醍醐味。

あと働いているのは大体地元民だから、分からなかったら聞いてみるといい。
大概の人は親切に教えてくれる。

5:ルート選びで苦手を克服

高速道路の各SA・PAと違って道の駅は一般道にある。
つまりそこまで行くルートが何通りもあるっていう事。

慣れないうちは自分が走りやすいルートを組んで、
慣れて来たなぁと思ったら今までと違う方角から目指したり出来る。
同じ道の駅でも行き方は何通りもある!
(遠くなら途中まで高速に乗るとか、有料道路を使ってみるのもあり)

更に道の駅は大体郊外にあるので明らかに市街地より交通量は少ない。
「まずは一人で走るのに慣れたい!」という人は田舎の道の駅を目指すと
煽られたりする事少ないんじゃないかなぁ?
(まぁ絶対とは言わないけれど。非常識な人は何処にでもいるので)

6:とりあえず財布に優しい

やっぱりさ、生きていれば「懐寂しいけど遊びに行きたいな」って時あるのよ。
道の駅はとりあえず足とガス代だけあればいいんだよ。
5の通り一般道にあるから排気量関係ないんだよ。
別にスクーターで道の駅巡りしてもいいのだ!

オマケに場所によっては新鮮野菜や卵安~い!!
そして美味~い!!
ツーリング気分を満喫して、スーパーで買うより安く食材Get!!
(主婦ライダーにとってかなり重要事項)

7:人との出会いが生まれる

道の駅は基本旅行者が集まる。
勿論地元民も買いに来るけど、旅行者も当然立ち寄る。

んでバイクで動いているとライダー以外にも結構話しかけられる。
こうゆう時って普段あまり人と話をしない人も意外と話せる。
ツーリングって言わば日常から外れる事だから、
良くも悪くも日常では出来ない事が出来るんだよ。

まぁこれは道の駅に限った話じゃないんだけど、
私はそれで缶コーヒー貰ったとか、野菜オマケしてもらったとかあるしね。
4に繋がるけどお店の人に近所の安いガススタ教えてもらうとか。
ナビは場所出ても値段まで出ないし。

SNSが普及してから、皆‟のちの繋がり”(つまり人脈で損得)をやたら気にしすぎる所があると思う。
でも、こうゆう一期一会の出会いも楽しいと思うんだよね。
全部後々に繋がる出会いなんて煩わしいよ(;・∀・)

特に二輪用駐車スペースが広い道の駅ってライダーが集まりやすいみたいだから、
「ヤエー!!」をしたい人はこの界隈走っていると、結構ヤエー出来るよww
(一番分かりやすいのが針テラス。めっちゃバイク集まる)

※ヤエー(YAEH)とは、バイク乗りがすれ違い様に片手を上げて挨拶する文化。
義務でもマナーでもないけれど、やり始めると面白い。
ま、登山の挨拶みたいなもんっすよ。

走る事で更に走るのが楽しくなる

最近は道の駅に関するアプリも結構増えた。

道の駅アプリランキングTOP10:https://app-liv.jp/maps/spots/2325/

それにスタンプラリーも中国地区については
‟デジタルスタンプラリー”というアプリでやるタイプも出ている。

まぁでも仮に中部でデジタルスタンプラリーが出ても私は紙のほうがいいかなぁ。
子供の頃夏休みにスタンプラリーとかやったじゃん?
あれを思い出して楽しいんだよね、スタンプ押す時!
(あのスタンプを押す時の緊張感と綺麗に押せたときの愉悦感)

先の通り、これをコンプリートしたからと言って、
賞金が出るわけでもない。
確実に貰えるのは「走破認定書」くらいのものだ。

でも、もしあなたがバイク初心者で、
まだ走る事に自信がなく、
そもそも普段からあまり自分に自信がないタイプだったら、
かなりやってみる価値がある。

結局、車にしろバイクにしろ乗り物系の熟練度は
走行距離に比例する。

上手くなりたきゃとりあえず乗る事。

スタンプが貯まるというのは、同時にそれだけの距離を実際に走った証明だ。
自分がやった事が目に見える形になるというのは、
自信がない人に物凄い自信をくれるんだよ。

私がこのスタンプラリーの最初の一駅を、
前の愛車CB400SSで取りに行ったのもそんな理由だ。

特別乗るのが上手いかどうかはさておき、中免からなら乗り出し5年、
単純にバイクだけで括ればそろそろ10年になるかならんか。
オマケにその間に4年仕事でカブに一日中乗っていた。

流石にもう初心者とは言えない。
「初心者なんでぇ怖いんですぅぅ」
って言ったら、関係各所から銃撃される(;・∀・)
まぁ、立ち位置としてはそろそろ中堅に片足を乗せたくらい。

その私が自信を持って中堅に両足を乗せるために
始めたのがこのスタンプラリーなんだ。

謙遜は美徳だが、
その謙遜が己を信じられないという気持ちに由来するなら、
それは謙遜ではないからな。

CB400SSで始めてW800で終えるまで、
一体どれだけの距離を走るのか・・・

分かっているのは、
走ればその分上手くなるし、
上手くなればさらに走りたくなり、
走れば走るほど、走る面白みが増す。

せっかく自分の世界を広げる手段を手に入れたんだから、
デッかくいこうや、デッかく!!

そのために、まずは近所の道の駅を巡ってみよう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。