シールでデコって手帳生活を楽しくしてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

年末も手帳の話をしていたが、年始も当然手帳の話。

何しろ元旦から
「EDiT 2019」が本格稼動しているのだから!

とはいえ、三が日も過ぎ
いよいよ今日で今年も4日目!

3日坊主対策は大丈夫?

今日は手帳4日目にして既に挫折しそうな人のための
手帳を遊びながら使う話。

手帳を見やすく&楽しくして挫折を防ぐ

すでに今年が始まり4日経過した。

1月1日開始の手帳を使う決意をした人の中には、
ひょっとしたら既に

「手帳を始めたが、書く事がなさすぎて挫けそう」

という人もいるかもしれない。
だが、これは仕方がないのだ。

なぜなら「正月休みは思った以上に暇」だから(笑)

正月は、確かに手帳を始めるいいタイミングであると共に、
結構鬼門(;・∀・)

だってさ~、シャレオツな個人店は軒並み休みじゃん!
誰かと遊びに行こうと思っても帰省とかしてて、
誰もいなかったりするじゃん!!

もう行くところファミレスしかないよ、
行くところなさすぎて関係各所の挨拶周りの後、
デニったぜ!!(爆)

デニーズのセレクトモーニング。 646円でこのボリュームは、ブランチにするならかなりいい。

まぁこのデニるのも、今年の目標
「月に1度はカフェ手帳の日を作る」
に則ってやってるんだけれど。
(たまには違う所で手帳時間取りたいし、
日常と切り離すことで頭の違う所のスイッチ入るから)

確かに手帳は「埋めりゃいい」ってもんでもないが、
あまりにも真っ白だとモチベーションが下がる。

今日は、そんな‟空白恐怖”に屈しそうなあなたに
簡単に手帳が華やぎ、楽しくなってしまうアイテムを
紹介したい。

増える手帳グッズ

スマホアプリなどが充実している昨今だが、
そのデジタル化の波に反して増え続けているのが
「手帳専用」と思われる文具

別に「手帳用」でなくても手帳に使えるものは多いが、
そこにあえて「手帳用」と表記されているものが
最近本当に多くなった。

特に手帳の民狙いできているなぁと思うのは

  • シール
  • マスキングテープ
  • 付箋
  • スタンプ

もちろん手帳はペン一本あれば書けるが、
これらを活用すると簡単に便利かつ
見て楽しい手帳作りが出来る。

今回はこの中から特に「シール」を使って余白を埋めてみたい。

枠からイベントまで、貼って楽しむシール

シールというのは、子供が喜ぶものとされているが、
私は大人も結構シールを貼るのが好きなような気がする。

子供の頃と違って大人になるとシールを貼る機会は減るが、
ペタペタとやっていると童心に帰れるというか
大人も結構燃えてしまう。

で、シールの利点は良いデザインのシールさえ選べば、
例え絵心などなくても手帳を簡単に華やかに出来る所。

いやまぁここは絵描きらしく
「誰でも簡単に描ける可愛いイラスト」
とかを紹介すればいいんだろうが、
それはまた次の機会に。
(実は絵ってポイントさえ抑えれば普通に描けるものなんだよ)

今回はとりあえず技術も何もなくてもペタっと貼るだけで
それなりになるシールの話。

マンスリーページを飾るスケジュールシール

最近の手帳の傾向として、後ろにつくのがバーチカルだろうが何だろうが、
必ず最初に
マンスリーページ(月間の見開きページ)
が付属しているものが多い。

そのマンスリーページ用のシールというのが
結構出回っている。

マンスリーページ用シールとはどうゆうものかというと
原則的にマンスリーの1ブロック(約2cm~2.5cm角)に
収まるサイズで

  1. 手帳によく記入する項目がそのままシールになっているもの
    (休みや給料日、矢印等)
  2. 日付部分をデコって強調するもの
  3. ブロック線を利用して遊べるもの

などに分かれている。

1.よく記入する項目をシールにして目立たせる

1の中で私が最強だと思ったのは
ワールドクラフト「趣味別スケジュールシール」

シリーズとして全10種あって、カフェ好きからアイドルヲタ用
読書から野球ファンと言う具合に、
各趣味に応じて必要であろう項目がセットになっている。

Amazonさんからお借りしてます。 読書が趣味の人向けシール。

 

画像はAmazonさんからお借りしています。アイドル好き向けシール。

別に手で書いても同じだけれど、
繰り返しある!とか、
目立たせたい!という場合、
こうゆうシールをペタっと貼ると
何度も書く手間が省けて
とにかく目立つ。

んで、特に趣味は楽しみなんだから、
その日になるまで楽しく待ちたいでしょ?

手帳の上でもこうゆう特別仕様にしてあげると
待っている間がより楽しい。

 

もう少し万人向けの使い勝手で考えるなら
手帳好き、シール好きにお馴染み
デザインフィル(MIDORI)社の手帳用シール。

MIDORIさんはこの手のシールを豊富に作ってくれていて、
多分、ここだけで上記の1~3のシールを網羅できる。

参考写真は私の周りで密かな人気の「オジサンシリーズ」

画像はやっぱりAmazonさんからお借りしてます。 手書きっぽい文字はシールに含まれません。

こう、ちょびっと・・・オジサンが手帳にいるとほっこりするし、
やっぱり何もないよりも目立つ。

そして大人っぽいシックな手帳にも合ってしまう、
不思議なオジサンなのだ。
(しかもオジサンシリーズは1~3どのタイプもある)

2.日付をデコって強調

日付をデコって強調するタイプだと上記のMIDORIシリーズでは
こんなのもおススメ。

使い方としては以下のように日付の所にペタっと貼ってデコる。

星空柄なので、天体イベントが好きな人なんかいいんじゃないかな?

3.枠をデコって遊ぶ

今度は特に文字などはないけれど、
枠線に沿って貼る事で楽しい効果が得られるタイプ。

私のおススメはEDitの発売元、マークスから出されている黒猫シール。

なんだか中途半端なデザインに見えるけれど、
マンスリーに貼ると「なるほど」のデザイン。

貼り方で、枠線からぶら下がったり、横からにゅ~っと出てきたり。

これもちょっとシックなデザインなので、
大人がチョイチョイと貼っていても違和感がない。

また、記念日にだけ貼れば、そこを目立たせる効果ももちろんある。

やはり百均は侮れない!!ダイソー発の手帳シール

MIDORIもマークスもそう高いほうではないが、
もっとシールに手軽さとコスパを求めるのなら、
やっぱり百均は外せない!!

ダイソーやセリアなど百円ショップは、
手帳もシールも意外と秀逸なモノが多い。

これは2の日付部分をデコったり、枠の縁をマーク出来るタイプ。

セットで吹き出しシールもあり、やや書きにくいものの
一応上から文字が書けるのも便利。

そして・・・キャラもの。

あんまり色んなモノを貼ると、統一感なくなるなぁと思いつつ
‟隠れぐでたまファン”
として、これは我慢出来なかった!!

このぐでたまもほぼ2と3の詰め合わせタイプ。

実際に貼ると・・・こんな感じ(笑)

ぐでたま追加のせいで、大分手帳の雰囲気がカオスになったが、
まぁよし。

ぐでたまだから、まぁよし(爆)

シールじゃないけれど、マンスリーに使えるグッズ

んで、ここからはシールとは言い難いけれど、
マンスリーに使えるシリーズ。

まずこれ。
「プチデコラッシュ」のシリーズ。

一見、修正テープかテープノリのようだが、
同じ要領で紙にイラストやラインが引ける文具。

前は本当にドットとか星とかそうゆうものしかなかった気がしたが、
いつも間にか手帳に使えるアイコンシリーズが発売されていて驚いた。

あと、こちらもワールドクラフトのスケジュールシリーズ。


こっちはシールではなくマステ。
4mm幅のマステに「休み」や「出勤」など
手帳に繰り返し書く事がプリントされている。

フルセットを全部使いきるか?って言ったら疑問だけれど、
ばら売りもあるんじゃないかなぁ?

そしてシールと付箋のあいの子のような「ポイント付箋」

これはセリアで入手したものだが、
100均手帳グッズの中で一番私の心を鷲掴みにしたもの。

分類としては「フィルム付箋」に入ってくると思うんだが、
この吹き出し状態になっているのがピンポイントで重要箇所をさせて便利!

ノリは全体の2/3までしかついていないが、フィルム素材のためか
割とピッタリとくっつき、脱落の心配があまりない。
そして半透明なので、一応向こうがやや透ける。

んで・・・この微妙に正統派可愛いから外れた所が逆に可愛い。
(特にハシビロコウ)

このコテコテ可愛いじゃない所は、
割と男性でもいけちゃうんじゃないか?
なんて思ったりする。
(鳥好き男子よ、どうですか?)

ぶっちゃけ決まりはない!!

とりあえず今回はマンスリーに貼る!を中心に話をしたが、
別に必ずマンスリーに貼らなくても
バーチカルページに貼ってもいいし、
1日1ページや、
レフトページに貼ってもいい。

ただ、真っ白で味気ないって思ったら
貼ればいいのよ、貼れば。

シールってとりあえず買うと貼りたくなるし、
そのために「予定入れようかな?」って思っちゃったり
する事もあるんだよな。

いや、本当。
グッズを使うために行動するっていうのも
それはそれで有りなんだよ。

ここが恐るべき手帳効果、
手帳グッズ効果ともいうべき所なんだが、
「なんか書かなくちゃ」って思うと
書く事を探したり、
書く事を作り始めちゃったりってのがあるんだよ。

なんか最近「やるべき」は駄目だ~とか色々あるけど、
やらなきゃならん事は、
やり終えなければ絶対になくならないし、
‟やるべき”でも‟やりたい”でも
終わればやった事に変わりはない。

特に習慣化されるまでは書く理由なんて何でもいいんだ。
まずは楽しいシールを見るため貼るために手帳を開けばいい。

これを「手帳に振り回されてる」と思うか、
「手帳のお蔭で行動出来てる」って思うかは
考え方次第。

まぁ私は、結果的にそれで物事が進んだり、
自分が楽しめればそれでいいんじゃないかと
思ったりもするんだけれどね。

いいじゃん、可愛いお休みシールを貼るために休みを作ったって。
いいじゃん、面白いGoodシールのために何か一つ達成しても。

それで君が一つ行動したという事実は変わらないのだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。