着せ替えカバーを作って簡単手帳カスタマイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回「手帳カバーがあると便利だよ」という話をした通り、
私も自分の手帳にカバーをつけている。

で、今回はもっとも安価に、かつ誰でも簡単に作れる
「着せ替え手帳カバー」の作り方、実践編をやってみたい。

実は優秀、ビニールカバーという選択

手帳カバーの最高峰は本革だとは思うけれど、
手軽かつ軽量で更に安価なものでいけば
ビニールカバーが優秀だと思う。

ビニールといってもそこそこ厚みがあり、
厚みがあっても軽い。
ビニールゆえに汚れを防ぐのが得意。
そしてカスタマイズが簡単。

何しろビニールだから、加工に特別な道具はいらない。
‟切る”なら、ハサミかカッターで出来る。

‟貼り合わせる”も、両面テープやマステで貼れるので、
多少不器用な人でも「できるかな」のノリで作れる。

あ、はい、そうですね。必要に迫られたらやるしかないっすな、ノッポさん

中でも一番簡単なカスタマイズは

「着せ替え」

ビニールカバーは大体が透明~半透明
それを利用して手帳とカバーの間に
お気入りの写真や洒落た包装紙などを入れると

世界に一つだけ!
オリジナル手帳カバー!!

が、出来る。

私もそんな感じで今年のオリジナル手帳カバーを作ってみた。

オリジナル着せ替えカバーの作り方

オリジナル着せ替えカバーの作り方としては

  1. 自分で画像を編集する
  2. 包装紙を切って使う
  3. コラージュする

という感じだと思う。

どれも共通する注意点は

「ちゃんと手帳のサイズを測る事」

んで、手帳や本のカバーというのは
開閉する時、横幅に‟あそび”が必要なので、
そこは適当に考慮しておく。

そこから先は1~3まで色々。
私は全部やった事があるが、今回は1でいきたい。

1:自分で画像を編集する

1はPhotoshopなどの画像編集ソフトを持っていれば簡単。
サイズを計って、それに従って画像を作る。

これは私が作っていた時の画面。
左右のセピア帳の画像は折り返して袖ポケットになる部分の予定‟だった”

このサイズ(折り返し付)だと
A4の長さを超えてしまうので
コンビニで印刷したのだが・・・・

何故か色とサイズがおかしくて、
しかたなく真ん中だけを切り取り自宅プリンタで印刷する事に(;・∀・)

※自宅プリンターだとサイズが狂ってなかったので、
なぜコンビニでそうなったのか不明。
私はどうもミニス〇ップのプリンターと相性が悪い。
セブンではそんな事ないのになぁ(;´Д`)

そして作ったのが、前回もアップしたこれ。

どうせだったらロゴっぽいの入れようと、
加工してスタンプ風のロゴを。

そしてオマケでピカソの言葉
「I do not seek, I find」
を入れる。

前からみるとこう。

後ろから見るとこう。

まだ本稼動から1か月経っていないが、
評判は上々。
でも制作時間1時間もかかってないから!!

ちなみに印刷する紙はちょっぴり厚手で、
印刷が綺麗に出るものならモアベター。
だけど拘りがなければ普通のプリンター紙やコピー紙でOK。

あ、印刷に失敗したほうは、
普通にブックカバー折りをして
もう一冊ある家計簿の表紙にした。

本当はこんな感じで袖ポケットもバイクになる予定だった。

3:綺麗な千代紙で簡単コラージュ

2を飛ばして3である。
いや、2はハッキリ言って切るか折るかすればいいから。
説明の必要ないからヾノ・∀・`)

3は特にお洒落な包装紙なども持ってない人のための
作り方。

用意するものは
綺麗な千代紙(折り紙)とノリだけ。

「え?折り紙小さいじゃん?」
って思うでしょ?

確かに1枚は小さいけれど、繋げれば大きくなる。

一枚一枚の端をつなげてパッチワークの要領で
自分の好みの大きさになるまで繋げて
手帳サイズに合わせて折るなり、切るなりする。

で、更に千代紙パッチワークのいい所は、
余った紙の保管と使いまわし。

大きな包装紙は余った分を保管するのが面倒だし、
かといって捨てるのも勿体ない。

その点、千代紙は元が小さいし、
余ったものは両面テープを貼って
付箋代わりにも使える。

前にその事についてアメブロで書いてあるので、
写真入りで見てみたい人は以下からどうぞ。

https://ameblo.jp/saibyou/entry-12159131350.html

最後の仕上げはビニールカバー

1~3いずれの場合も、最後の仕上げはビニールカバー。

ビニールカバーは豊富にあり、
それこそ百均のペラッペラのものから、
もう少し厚手でのものまで様々。

手帳に使うのであれば、
やっぱり程々に厚みのあるものがいい。

例えばこれ。

私も今回これを使っているんだが、そこそこ厚手で埃もつきにくい。

手帳用ではないが、片側で厚みを調節できる仕組みになっているので、
厚さ1cmのEDiT分冊も問題なく収まっている。

こんな感じで折り返して止める。
メーカー見解としては1~3cmまで許容範囲だそう。

実際にEDiT分冊に装着しても、まだ2cmほど余裕があるので、
3cmは無理でも2.5cmくらいまでなら大丈夫そう。

一応、折り返し部分を止める両面テープが最初からついているが、
少し粘着力が弱いのでマステで補強。

まぁ1~3の方法でも、少し大きめの紙にして
ブックカバー折りをしてしまえばいいんだけれど、
やっぱり紙だけだと痛むのが早いからね。

いくら簡単に作れるとは言え、しょっちゅう作り直すのも面倒だし、
水分は紙カバーだと防ぎにくいから、
やっぱりビニールカバーは付けたほうが無難だな。

B6変形とは?EDiT使用者のカバー探し事情

で、サイズの話で
ここからは完全にEDiTの人向けの話。

マークスから発売されている手帳「EDiT」は
サイズが色々あるものの、
基本「B6変形」

B6変形?B6変形とは通常のB6とどれほど違うのか?

というわけで、以下がそのサイズの寸法を比較したものだ。

  • B6:横128mm×縦182mm
  • B6変形:横120mm×縦180mm

B6変形は、縦2mm、横8mm、通常のB6より小さい。

まぁ・・・・普通に考えたら大きいより小さいほうが
他の市販カバーで代用する場合は問題がない。
小さいという事は多少ブカブカでも入るから。

私もそう思い、最初は手元にあったセリアのバーチカル手帳に
ついていたビニールカバーを剥がして
Editに取り付けてみた。

・・・が、思った以上にブカブカだった(;・∀・)
特に横幅!!

いや数値で見ると「たった8mmじゃない」と思うんだけれど、
実際、B6手帳とB6変形手帳を比べると
これくらい差がある。

カバーが付いた状態、しかも同じカバーなので分かり辛くて申し訳ないが、
上がEDiT、下がB6セリア手帳。

余っている部分をクローズアップ。
手前がEDiT。
奥がB6セリア手帳。

8mmというか、感覚的には1cmくらいサイズ違うんだけど。

セリア手帳よりEDiTのほうが分厚いから、
その厚みでサイズがカバーされるかと思ったが
実際に入れてみると想像以上にブカブカだった。

実は新書版がEdiTにピッタリフィット

んで、東急ハンズで上記のビニールカバーを発見したわけだが、
なんと、ピッタリフィットするのは新書サイズ。

このメーカーの新書版サイズ、
数値的には縦175mm×横115mm
とEDiTより小さいのだが、
店頭で手帳を当ててみると入りそうで、
実際に入れると本当に入って、
オマケにピッタリフィットだったという。

※とりあえずEDiT分冊についてね。
スタンダード版はどうか知らないよ。

EDiT分冊で「カバーない!!」とお困りの方、
是非、新書版のカバーを試してみて!!
ガチでシンデレラフィットするから!!

手帳カスタマイズ予告

とりあえず基本的な手帳カバーカスタマイズはした。

でもさ、せっかくだから今年はもっとカスタマイズを
楽しんでみようと思っている。

とりあえず予定として

  1. 背表紙の所にストラップホルダーをつける
  2. 手帳が開かないようにゴムバンドをつける

1はともかくとして、
2は市販の手帳ゴムバンドも売っているんだが、
値段の問題ではなく、
今回はカバーを自作してしまったので、
それに似合うものを自分で作ってみたくなった。

今の世の中、確かにお金を出せば大概のものは買える。

でも、何でもかんでも
「おいくら万円で買いました!!」
って、つまんないから。

何処まで安く、
かつ自分がもっとも使いやすいものを
作れるか?っていうゲームなんだよね。

まぁ流石に全てを手作りは時間が掛かるから、
市販品をベースにアレコレ足していくんだけれどね。
(別に色々一から作ってもいいけれど、
根が凝り性なのでやり始めたらドロ沼化するのが
目に見えている・・・)

 

と、いうわけで
「やっぱり手帳にカバーつけてみようかな?」
って思った人は、とりあえずビニールカバーをつけてみよう。

で、せっかくだから着せ替えカバーにして
世界に一つだけのオリジナルカバーにしてみよう。
せっかくの手帳なんだから、
自分好みに出来る所は自分好みにしてみようじゃないか!

でっきるかな でっきるかな
ハテハテフム~♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。