三重県道の駅巡り ~鈴鹿スカイラインを抜けて菰野へ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて、一度三重県の阿山まで行ったバイクBBA。

※前二つの道の駅、およびWミーティングは
以下からどうぞ。
・Kawasaki Wシリーズミーティング
・三重県道の駅巡り~関宿、あやま~

実はWのミーティングの後は
名張まで‟へこき饅頭”を買いに行く予定だった。

が、予定は未定であって決定ではない。

急遽、ルートを変え、
目指すは、三重県菰野町である。

寄り道「青土ダム」

菰野の道の駅までのルートとして
「早く到着したけりゃR25と高速使えばいいじゃない」
なんだけれど、それはつまらない。

そりゃぁダボハチは高速でもよく走るバイクさ。
確かにうちの愛車にシールドとかないけれど
私は特に気にならん。

でも、コイツには田舎道をトコトコ走るのも良く似合う。
むしろ、そうゆうトコトコと走っても楽しい所に
ダボハチの良さがあると思う。

相変わらず‟毛虫ロード”の甲賀を再び抜けて、
辿り着いたのは「青土ダム(おおづち)」

ダムマニアでもないし、ダムカードも集めてないけれど、
基本水辺が好きなので、地図で見かけるとつい立ち寄りたくなる。

あいにく薄曇りだが、晴れたら中々いい景色なんだろうなぁ。

ダムの事は詳しくは分からんが、この周辺には
「エコーバレイ」というキャンプ施設もあるので、
もっと暖かく(暑く)なったら、
仲間と一緒に来ても楽しめそう。

念願の鈴鹿スカイラインを抜けて

さて青土ダムからの工程だが、
地図を見て気付いた。

「あっ鈴鹿スカイラインのすぐ傍じゃん!!」

鈴鹿スカイライン・・・この界隈のバイク乗りなら、
多分1度は走った事があるか、もしくは聞いた事がある道。
が、私はまだ走った事がない!!

実はだな、過去に鈴鹿スカイラインを使って
滋賀のほうへ抜けてみようと思った事があったのだが・・・
途中で道を間違えて違う峠を超えてしまったんだよ(;・∀・)

しかもまだツーリング記録をつける前だから、
何処走ったかもわかんねっていう・・・
(そもそも寄る予定のなかった多度大社の
ド真ん前に出た時点でおかしいんだって)

ここからなら間違いようがないからな、
よし、今度こそ行くぜ!!

というわけで、そのままダム湖に沿って進む。
しばらく行くと「鈴鹿スカイライン」の看板が。

で、このスカイラインの入口に差し掛かった時、
丁度つけていたBluetoothイヤフォンが電池切れ。

おかわり用イヤフォンに差し替えるために
駐車スペースに停まったんだが・・・おや、先客だ。

車種は分からんが、
若い兄ちゃんとバイクが停まっているじゃないか。

なんか愛想のいい兄ちゃんで、
何でも聞いた所によると、この辺りじゃ女の、
しかもBBAのライダーは珍しいらしい。

そうか、私からしてみたら私に話しかけてくる
若い兄ちゃんも珍しいぞぉ。

珍しい者同士、ここは一つお互いに
‟鈴鹿スカイラインの妖精”
という事にしておこう(笑)

では、さらばじゃ~!!
というわけで、兄ちゃんに別れを告げ
いざ、鈴鹿スカイラインへ。

 

で、まぁそれはいいんだけれど、
思うんだわ。
峠に来るたび思うんだわ。

ダボハチは峠を走るのには向いてない(爆)

いや、走れない事はないし、
倒せないわけでもないけれど、
前のCB400SSのあのヒラリヒラリとした感じは
流石に無理だ。
多分、あそこまでやったらステップのバンクセンサー擦る。

CB400SSはツバメのようなバイクだったが、
そうゆう意味で
ダボハチはアホウドリのようなバイクである。

長距離、長時間走るのには非常に向いているのだが、
どうも小回りが利く感じはない。

まぁどんなものも一長一短だから
仕方がなく、
それに慣れなきゃあかんのだけれど、
いまだに私の体からは、CB400SSの
ヒラリヒラリと身を翻す感覚が消えていない。

に、してもだな・・・・
鈴鹿スカイライン、意外と歩行者多いなぁ。

確かに御在所岳を抜けていくんだけど、
こんなに人歩いているもんなんかいな(;・∀・)

※後日調べたら、中道登山道という
登山口が途中にあるそうだ。

そして路駐も結構あるなぁ。
オマケに猫とか横断しとるし。

これは・・・ダボハチでなくとも飛ばせんわい。
ま、何に乗っていても
スピード出して走るより、
景色見ながらのんびり走りたいほうだからいいけどさ。

確かに標高が上がるとチラチラ見える風景はいいんだけどね。
山の中を突っ切るのもいいんだけどね。
これは紅葉の時期に走るのが良さそうだな。

というわけで、鈴鹿スカイラインは秋に再トライしたい。

道の駅菰野

鈴鹿スカイライン出入口から程なくして
「道の駅菰野(こもの)」に到着。

正直に言おう・・・・菰野なんもない(;・∀・)

少し陶器や名産品なども売られているが、
特に摘まめるような軽食もないようだし、
そもそも人がいねぇ。

一応、食堂はあるんだけれど、
定食とかセットものしかなく
スタンプをもらうついでに何か買おうと思っても
そのちょっとしたものがない。

※食堂には菰野の名前の由来になった植物‟まこも”を
利用したメニュー有。
食べてないので何とも言えない。

菰野町自体は、結構見所の多い場所なんだがのう。
それこそ御在所岳もあるし、
歴史、神社仏閣、伝説民話なんかも多い。

あ、ちなみにな「日月神示」の
岡本天明氏も住んでいた事があるのだよ。

が、道の駅は見所が少ない(;・∀・)

見所っつったら、こもしかグッズくらいかな?

寒すぎて、思わず逆さになるスタンプ。
この右にいる謎の生物が‟こもしか”
こもしかは可愛いんだけれどなぁ・・・

【道の駅 菰野】
所在地:三重県三重郡菰野町菰野2256
TEL:059-394-0116
HP:http://www.michinoeki-ayama.jp/

駐車場:あまり広くもない。
※バイク用スペースは特になし

営業時間 :
9:00~18:00(4月~10月)
9:00~17:00(11月~3月)

※休日は年末年始のみだが、
食事処「まこもの里」は土日祝のみの営業。

4月道の駅巡りツーリングまとめ

道の駅菰野を出た後は、ミニストップで小休止の後に帰宅。
・・・・いやもう寒くて(;・∀・)

まさか4月の終わりに、こんな寒さに見舞われるとは・・・
異常気象が通常運行化しているな。

さて、今回バイクBBAが走ったルートは以下。

最初の目的地「道の駅関宿」以降は
全行程一般道。

いやぁ寒かったのもあるけれど、
行きはGW渋滞に見事にハマったね。

でも懲りずに今年のGWは更に走る事にしたのだ。

しかし、その選択が・・・・
まさかあのような結果になろうとは・・・・

次回の目的地は、あいも変わらず吉野山。
ネタ三昧のGWツーリング。
上ネタきてますので、次回もどうぞお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。