天狗舞踏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「結局、まぶた閉じても自分のまぶたの裏見てるだけですからね~」
と口にすると、大概の人に「はぁ?」という顔をされる。

「まぶたを閉じる」という行為は、
別に‟=目の機能をoffにする”というものではない。
単純に外界からの視覚情報が遮断されるだけである。

そんな閉じたまぶたの裏に出来上がる個人シアターには、
たまに面白いものが映り込む。

寝る前の遊び

人が一日のうちで最も長くまぶたを閉じる時、
それは恐らく「眠る時」だと思う。

まぁ中には目をかっぴらいたまま寝る人もいるが、
それは例外とする。
(実話。実際そうゆう人います)

普通は眠い時は閉じる気がなくてもまぶたが落ちてくるし、
寝る時は自主的に閉じる。

このように人は眠るためにまぶたを閉じるが、
閉じた途端に寝る奴は稀だ。
(のび太君は例外とする)

その布団に入って目を閉じて意識がなくなるまでの束の間、
あなた‟何”してますか?

もちろん動作的な事じゃなく、
頭の中で「何を考えるか?」に限られるんだけど。

まぁ明日の予定とか、週末の予定とか、気になる事とか、
色々・・・考えているうちに寝るって感じ。

私は毎晩ではないが、
たまに面白い遊びをする事がある。

これを簡単に言えば
頭の中で行きたい所に行くシミュレーション
である。

ここでポイントになるのは、
行く段取りを文字や言葉で考えるのではなく、
見たままに頭で映像を再現するという事。
ちょっとイメージトレーニングに似ているかな?

だから行けるのは、実際に訪れた事がある場所に限られる。

重要なのは第三者視点などではなく、自分の視点でやる事。
自分がそこにいると見える風景を可能な限り脳内再生する。
理想ではない。再現だ。

Myルールブックに則って言えば、
昼の記憶を夜に、夜の記憶を夕暮れに変換するのは可だが、
空を飛んだりは駄目。
(空を飛んだりはまた違う時にするんだよ)

遠い場所に行く時は途中の工程を割愛してもいいが、
実際自分の足で歩きたい所だけなるべく詳細に思い出す。
そして動いているものは、極力動かす。

別にこれに特別な意味はない。
少なくとも私にとっては寝るまでの暇つぶしだ。
余計な事を考えて眠れなくなるより精神衛生上いいからな。

コントロール出来ないイメージ

その日の私の「脳内散歩」の行く先は、
隣県の某山だった。
まぁ「脳内登山」だな。

布団に入る前にトイレも済ませ、準備万端。

目を閉じたら、とりあえず麓までの工程はショートカットし、
登山道の入口からスタートだ。

頭の中で実際に何度も通った山道の入口を過ぎ、
少し急な坂道を登っていく。

記憶の通りなら坂を上り切った向こうには、
見慣れた山の風景が広がっているはずなのだが・・・・

坂を上った向こうに見えたのは、県内の某神社の楼門だった。
もちろん、そんな事は絶対にない。

あれ?間違えた。
もう一度、坂の下から。

頭の中で登る、坂のてっぺんから向こうの景色が見えだす。
が、やっぱり某神社の前に出る。

しかも、一度目は楼門から少し離れた場所、
二度目は楼門の前。
更に同じように繰り返すと坂を超える度に切り替わる風景は
楼門を潜り、どんどん境内の奥へと入っていく。

自分の想像のはずなのにコントロール出来ないとはこれ如何に?

自分の記憶が混乱しているんだろうか?
しかし、今見えているのは記憶と違う。

確かにそこの神社へは以前行っているんだが、それは昼間だ。
それなのに見えているのは何かの灯りで木々の輪郭程度は見えるが、
真っ暗と言って差し支えない境内。
全然記憶と違う。

坂を登りなおす度に、頭の中で出る場所はその境内の奥へ奥へと進んでいく。
そしてとうとう拝殿の前まで来てしまった。

個人シアターで繰り広げられる光景

流石に一度目を開けて
「今夜はもうやめておこう」
やめるつもりで目を閉じたのに、
今度はまぶたに白いものがチラチラと動いている。

最初はてっきり窓の外の光が眩しすぎるのかと目を掌で覆ってみたが、
逆に真っ暗にした事でその白いものが鮮明になってしまった。

鮮明になったその白いものは、だった。
背格好から行くと男。しかも若くはない。
中年から初老の男だ。
白っぽい衣をまとった男が、ヒラヒラと動く姿である。

えぇっ!!Σ(・ω・ノ)ノ!

思わず目を開ける・・・が、どっこい!その像は消えない。
折りたたまれたまぶたの奥で、相変わらずヒラヒラと動いている。

何とも説明し難いが、目に映っているわけではない。
目の前にあるのは見慣れた寝室の風景である。

本当「どこ?」と聞かれたら「まぶた」としか言えない所に
ず~っとそれが見えている。
まぶたを閉じれば目の前に、
まぶたを開ければ折りたたまれたまぶたの中に。

でも目の上に折りたたまれたまぶたは肉眼で見れない訳で・・・
俺の視覚野どうなってるんだ?

しかも、その見えているものは自分で考えて動かしているわけではない。
勝手に見えて動いている。

まぶたを開けても閉じても見える。
なんじゃこりゃぁぁぁ~!!

駄目だ、松田優作の真似しても何も解決しない。
(困るととりあえず脳内で松田優作になる不治の病)

どうやっても見えるのであれば、
もういっその事、見てしまおう。

どの道どうにもならんのだ。
だったら、トコトン見てみよう。

そんな訳で、再び目を閉じまぶたに映るその姿を
じっくり観察してみる事にした。

踊る踊るイケオジの槍舞踏

今までの流れでいけば、某神社の拝殿のずっと奥、
恐らく本殿かと思う所で、
相変わらずその男はひらりひらりと動いている。

改めて見ると、やはり若者ではなく初老の男だ。
若者のようなはち切れんばかりの筋肉ではないが、
程々に引き締まったしなやかな筋肉が
衣の下で淀みなく動いているのが見て取れる。

ちなみに服装は、袴などではなくもっと古い・・・
大和時代の男性の装束のような服で、
首から何か下げていた。
音はしないんだが、石と石がぶつかる小さな衝撃が伝わるので、
石を繋いだ首飾りだろう。

その背や肩に掛かるのは、ロマンスグレーと呼ぶにふさわしい
白と灰色の入り混じる、少しちぢれの入った長い髪。

面白いのは「ヤマトタケル」みたいな服なのに
お約束のみずら頭ではない事。

よくロングヘアの女子がやる「ハーフアップ」という髪型があるのだが、
アレに近い髪のまとめ方をして、
それでそのまとめたところで緩い団子を作ってるみたいなヘアスタイルである。
(ハーフアップとは、サイドや長い前髪だけを後頭部で一部まとめて後ろに垂らす
ヘアスタイル)

年のせいで顔の肉が落ちているのか、彫りが深く見える。
枯れてシワが刻まれてはいるが、引き締まった頬がなんとも渋い。

そしてその渋い面差しの中央に座す鼻は高い。
人としてありえんほどではないが、
大分鼻が高い。
(この印象が強くて髭はどうだったか覚えがねぇや)

そうだな、全体的な雰囲気は、
「スター・ウォーズ エピソード1」に登場した
クワイ=ガン・ジン師匠(リーアム・ニーソン)に近いな。

つまり・・・イケオジだ!!( ✧Д✧) キラーン

ただ、一見西洋人と見間違えるような風貌だが、
やっぱり東洋人の顔と骨格だ。

何より目が西洋人とは違う目だ。
色とかじゃなく、眼差しが日本人というか
この日本という国をよく見ている目だ。

そして手には一筋の槍
その長槍を持て余すことなく鮮やかに操り、
速くも遅くもなく、止まりもせずリズミカルに
ひら~りひらりと動いている。

一見、槍術の一人稽古のようだが、
その動きはまるで舞いだ。

武器を持って舞うというと、太極拳の演目でそうゆうものがあるし、
私が見た事があるのもそれだ。
だが、あそこまで激しいものではない。

何処までも静かに、緩やかに、
柔らかく舞うのである。

バックの暗闇と白い衣と白髪に近い灰色の髪のコントラストが
非常に美しい。
舞っているのはイケオジといえどオッサンなのに優美だ。

音は一切聞こえないんだが、トンと足をつけば、
その振動がまぶたを伝って耳まで届き、軽い足音が聞こえるようだ。
そしてそれもリズミカルで音までも美しい。

これは・・・3D映画以上の臨場感だ。

妄想にしては上出来過ぎる妄想だ。
つーか、イケオジ万歳ヽ(^o^)丿

もうこの時は何で見えてるとか、この人誰だ?とか、
そうゆう疑問は全てぶっ飛んでいた。

え?だって、美しければそれでいいんだよ。
美こそ正義。
あそこまで美しいものに悪いモノがあるわけない!!

とはいえ、楽の音があるわけでもなく、
あの淀みないリズミカルな動きというのは、
眠りを誘う。

飽きたとは言わんが、それを眺めながらいつの間にか寝入ってしまった。

まだまだ続くよ、イケオジ、オンステージ

で、翌日。
「昨夜は変なモノを見てしまったが眼福であった」
とニヤニヤしながら起きようとして、布団の上で固まった。

あのイケオジは、
いまだに私のまぶたから出て行かないのである。
オッサン、まだまぶたの中で踊ってる!!

昨晩と同じ何の光もない中で、
古風な服装のイケオジは演舞を続けている。
疲れた様子も汗をかく事もなく涼しい顔だ。

相変わらず、まぶたを開ければまぶたと共に上に移動しているので、
別に生活に支障はなかった。

ややまぶたの奥がもにょもにょとするが、それで視界を塞がれるわけではない。
というか、ソレが現実には存在しないものだというのは十二分に分かっている。
だから、視界さえ塞がれなければ無視できる。

そうこれは・・・怪異が見えてしまっている時と同じ状態だ。
だから、実際にはまぶたじゃないのだ、映っているのは。

このオッサンがおわすのは、私が「怪異認識領域」だと思っている所で、
今回はそれのSPとか、EXとか、Zバージョンなのだ。

そう、理由は良く分からんが、
またチャンネル主導権を怪異に取られたのである。
しかも理由がわからないので、いつ主導権を返してもらえるか分からない。

・・・・これは、ダンナかジジイに相談の案件か?とも思っていたが、
一日中踊り続けたイケオジは、
日付が変わる頃に勝手に消えた。

不思議なモノで、消えてしまうとあの独特の臨場感や感覚も消え、
姿を思い出しても、それは何処までも記憶の再起であり、
明らかに違うものなのだ。

あのイケオジが消えた後のまぶたは、なんだか妙にスコスコし、
その違和感にまた2~3日悩まされる事になった。

あのイケオジは誰なのか?

さて、気になるのはあのイケオジの正体である。

ちなみにその神社ってのは、
祭神はヤマトタケルの双子の兄って事になっているので、
それならあの装束は納得っちゃ納得だ。
みずらじゃないのが気になるが。
(あの時代のトレンドはみずらだろ?)

ただなぁ、もう一つ心当たりがあって、
最初に登ろうとしていた山ってのが、某神社の奥宮のある山なんだが・・・
そこの祭神は天狗のような顔で描かれる事が多いんだ。
そう、鼻高で中年~初老で白い髪の。

んで、あの楼門の神社というのは、
今はヤマト(兄)が祭神に据えられているが、
それは割と近代の話で、
元々は違う神が祭神だったという説がある。
で、その何柱かある候補の中には、その天狗顔のお神の名もある。

私は個人的にそれはあながち間違いではないかもと思っている。
何故なら、その県内の神社へ行った際に見てしまったのだ。

境内に槍を手にした天狗がずらりと並んでいるのを。

別に神社に天狗がいるのはおかしかない。
少なくとも私にとってはおかしくはない。
特に山持ちの神社にはたまに天狗がいる。

私は系統的に山のモノと相性がいいから、
見える時には見えてしまう。

ただ、ここの神社の由来には天狗の天の字もなかったし、
一応祭神はヤマト(兄)という事だったので
「何故天狗?しかも大勢?」
と思ったが、
後から調べたらしっかり天狗伝説のある場所だった。

火のない所になんとやら。
伝説の残る場所には今もやっぱりいるのである。

結局私はこのイケオジの正体が分からないので、
ダンナにこの話をしたのだが、すかさず
ダ「それは君がいつも行く山の・・・」
と言いかけたので、聞かない事にしておいた。

確かに某神社の某山にお住いの天狗の神さんは私も好きだ。
多分、大分ご贔屓にはして頂いているし、
その理由も何となく分かる。
その事については大変感謝している。

が、私如き凡人の「まぶたシアター」にご出張されて、
あまつさえ、あのような美麗なモノを見せられる理由は、
あまり深く考えたくない。
意味がわかると怖い話に分類される気がしてならない・・・

そんな訳で、とりあえず私の中でこのイケオジは
「ただのイケオジ天狗」という事にしており、
この一件は
「天狗舞踏事件」
もしくは
「踊るジェダイマスター事件」
として、心の怪異記録簿に記録されている。

確かに眼福ですがね。
ありがたいものですがね。

本当、何がしたかったのかサッパリ分からん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。