漢・KawasakiのW800がバイクの妖精すぎるレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無事に大自二(大型自動二輪免許)を取得した中年絵描きである。


ほらな、ちゃんと「大自二」って入っているだろ?(笑)

免許を取ったら、次は
‟免許に合ったバイクに変えてみたい”
のが人と言うものだ。

まぁもっとも、私の場合は
‟免許より先にバイクを買う”
という事をしてしまったのだが(笑)

‟ダボハチ”というバイク

愛車だったCB400SSについては尽きない話があるのだが、
ひとまず、今日から新しい相棒となった
KawasakiのW800。通称‟ダボハチ”
我が家での呼び名は‟ヘイヘイ(黒黒)3世”
を紹介したすぎる。

いやぁ、Kawasaki、Kawasakiねぇ。
‟ばくおん!”でも一番好きなのライム先輩だけどね。
(あぁゆうノッポさん的な喋らないキャラが好き)

中型免許取った時も、
遠出しないならエストレヤもいいなぁ」
って思ってたんだけどね。

まさか、ここでKawasakiに乗るとはな。

こういっちゃなんだけど、
私はあまりKawasakiのバイクを知らない。

Kawasakiといったら、私の中ではエストレヤとNinja。
で、この二つは中型。
「Kawasakiの大型バイクを言ってみろ」と言われると、
今もW650とW800以外思いつかない。

私の周りで750~リッターバイクの人は、
大体Honda、Suzuki、Yamahaで、
何故かKawasakiに乗っている人が一人もいない。
(あとハーレーね、ハーレー)

で、たまたまバイク仲間と飲んでいた時、
ダボハチを勧められ、実際写真を見ると自分好み。

それにW400を跨がせてもらった事もあるけれど、
物凄く足つきがいい。
あんこ抜きしてあったCB400SSより
ノーマルW400のほうが足つきがいいんだよ。

これはシート高よりシートの形状とかの問題らしいんだけど、
その足つきの良さはWなら650も800も共通だと言う。
(人によっては800のほうが足つきがいいという)

「ほんじゃあ、いいダボハチ見つけたら大型免許取っちゃおうかな?」

なんて軽い気持ちでいた。
そんな軽い気持ちでいたのに、まさかSSの車検間近で
こんなにいい状態のダボハチが目の前に転がり出てくるとは・・・・。

掘り出し物に出会う運

今回私が見つけたダボハチは、

  • 2013年式
  • 車体カラー:メタリックマグネシウムグレー
  • 社外マフラー(ワイバンクラシック)

まぁこうゆう条件で、ワンオーナー品だった。

前のオーナーさんが余程手入れが良かったのか、
目立った錆なし、傷なし、見た目ほぼ新車。

そこに高いので有名な社外マフラー(14万円相当)がついている。
でも値段は相場通り。

私よりも沢山のバイクに乗ってきた人に聞いても
「それは掘り出し物だ!!相場どころかマフラー分で相場以下!!」
という凄い一台だった。

私は特に自分に金運があるとは思わないんだが、
昔から
‟欲しいモノが相場より安く手に入る”
という運があって、
どうも今回もその運にあやかったらしい。

そんな訳で、新しい免許をもらって一週間後の本日、
めでたく納車と相成った。

W800生活始めました・初日の感想

前のCB400SSを納車した時は、やっぱり今と同じく免許取得すぐだった。

その時の目標は
「とりあえずエンストさせずに自宅まで事故らず帰る事」

数日前からどのルートでバイク屋から自宅まで戻ればいいか、
綿密な計画を立てて、本当にその通り帰ってきた。

が、今回は
「納車後、慣らしで何処へ行くか」
で悩んでいた。

中型とはいえ、5年も乗ると知らんうちに自信はつくらしい。
「初日から乗って知らない所へ行ける」
って普通に思っているのが凄いと思った。

とりあえずバイク屋(バロン)で、一通り車両の説明を受けて、
CB400SSに別れを告げ、さぁ出発だ!

足つきがいい大型車

展示の状態の時にも思ったが、やっぱりダボハチは足つきがいい。
展示の時は気のせいかなぁ?と思っていたが、
実際路上に出て止まっても足つきがいい。

まぁ私は足を6cm増設しているのだが、
それでもSSはアンコ抜き&リアサスが死んできてから、
両足が踵が軽く浮く程度になった。

が、ダボハチ、ノーマルシートでサスもヘタってないのに
SSと同じくらい両足がつく。
片足だけなら相当しっかりつく。
(ちなみにダボハチもSSもスペック上ではシート高は同じ790mm)

これはやっぱりシート形状なんだと思う。
真上から見ると、ダボハチは砂時計のようにシートの乗車部分が
細くくびれている。
シートの横幅が狭いのでその分真っ直ぐ下に足が降ろせる。

なんでもWシリーズは小柄な人でも乗りやすいようにという事で、
こうゆう設計らしい。
確かに、これは乗っていて安心だ。

重さを感じさせない

ダボハチの車重は216kg。
400の癖に異様に軽かったSSと比較すると50kgくらい重い。
教習車とはあまり変わらないか、確か教習車のほうがやや軽いはず。

確かにエンジンを切って取りまわす時には
「あぁ200kg(;・∀・)」
とは思う。

が、エンジンが掛かって走り出すと、あの軽さは何だろう?

何故か、全く200kgを感じさせない。
重くないどころか、軽い、軽すぎる!!

同じくらいの重さでも、やっぱり教習車は乗ってて重さを感じた。
正直「あれ買う?30万でいいよ」って言われても私は買わない。
その位明らかに違う。

でも走った感じ、軽くてフラフラする事はない。
だって実際には200kgあるから。

この軽い乗り心地・・・・思わずこれはバイクじゃなくて、
バイクの妖精さんだと思った(爆)

SSも勿論軽いけど、あれは本当に車重そのものが軽いから
軽いが安定した乗り心地とはまた違う。

バイクの構造については今も全く分かっちゃいないが、
多分、ダボハチの軽さは、パワーと車重の釣り合い、
そして重心配分で生まれているんだと思う。
(あれ絶対重心が低いんだよね)

低~中速が楽、でも高速も余裕あり

今日はとりあえず一般道を走ろうと、ヘロヘロと走っていた。
割と狭めの道だから、平均時速40~50kmかな?
途中、ちょっとした工事渋滞なんかもあったけど、全然苦じゃない。

事前に既に乗っている人のレビューでも言われていたんだけど、
低~中速が物凄く楽。

私がよく使う東名阪は鬼のように渋滞する事があるので、
これは助かる。
それに確かに私は高速をすっ飛ばすのも好きだが、
一般道、特に見通しの悪い所では絶対に出さない。

市街地なら出しても精々60kmだ。
これだったら多分4速で十分走れる。

で、途中、3車線以上ある直線道路があったので、
試しに80くらいまで出させてもらった。

これはこれで、ちょいとアクセルひねれば出る。
しかも上にかなり余裕ある気がする。

「あんまり飛ばすバイクじゃない」とはいえ、
やっぱりそこは排気量ナナハン越えなんだよなぁ。

まぁ実際にまだ高速走っていないから何とも言えない部分だけど、
今日のタコとか見た感じ、
「何だかんだで上もまだ余裕あるだろう?」とは思った。

メーターは190kmまでメモリあるから、
理論的にはそこまで出るんだろうけどね。

いや、流石にそこまでは出さん。
幾らなんでも出さんって(;・∀・)

最高速チャレンジはしません。
しないけど、まぁ必要なら必要な分は出すよ。
(何キロまでやったか聞かないで)

「あとちょっと遠くまで」が楽々と行ける

今日は慣らし(自分の)のつもりで出たので、
当初は往復50kmくらいで戻る予定だった。

が、あまりにも乗り心地がよく、
またあまりにも楽しすぎて、
結局今日の走行距離は100kmになってしまった(笑)

いやぁ、本当に土岐の道の駅に行って帰ってくる予定だったんだよ。
だけど、行った先で周辺の道の駅情報あるんだよね。

疲れていたら、どれだけ近くても「あ、帰ろう」ってなるんだけど、
「まぁいいや、行こう」
と言ってしまって・・・・結局3箇所も道の駅を回る事に(爆)

10時半に受け取って、結局自宅に戻ったのは16時半。
普通に半日ツーリングをしてしまった。

確かに暑くてダルくはなるんだけど、
「疲れた~」
とはならないね。

しかも今回途中(瀬戸まで)は知っている道だからいいけど、
そこから先は知らない道で、そうゆう一般道走ると
高速走るよりグダグダに疲れるんだよ。

だけど全然疲れてない。
ケツもそう痛くない。
(SSはあんこ抜きしてあるから、結構ケツが痛い)

もう楽過ぎて、しょっちゅうにやけっぱなし。
メットのシールド、ミラーで良かったよ。
そうでなかったら完全に危ない人だったよ。

もう乗るの面白過ぎて、ニヤニヤが止まらないんだよね。

ダボハチは妖精のバイクです(笑)

よく各バイクメーカーの擬人化とか、たとえ話だと、
Kawasakiって物凄い硬派というか、
そもそも「漢のKawasaki」くらいに言われているじゃない?

他のバイクで乗った事あるのはエストレヤくらいだから
アレだけど、ダボハチは‟漢の”なんてとんでもない。

これは妖精さんだよ。
バイクの妖精。

本当、ここまで乗りやすいと思わなかった。
いやぁ、ビックリした。
BBA、久々に驚いたよ。

 

今後本格的に遠出すると、また違った印象が出てくるかもしれない。
何しろ完璧なものというのはこの世にはないからな。

面白みと言うと、SSも相当乗って面白かったけれど、
自分の経験が足りない時に乗り始めたので、
楽しくなってきたのはやっぱり乗り出して
半年~1年目くらいからだったかな?

そうゆう意味で最初からスンナリ乗れちゃうのは
つまらないといえば、つまらないのかもしれない。

そうゆう手ごたえのなさは確かにある。
でも多分そこはバイク性能の話じゃなく、
私のメンタル的な部分が大きい所だと思う。

 

いずれにしろ、ダボハチ生活初日の感想は
「ダボハチはバイクの妖精さんでした」
この一言に尽きる(笑)

あぁ、仕事あるから当分出掛けられんけど、
ツーリング行きたすぎてウズウズする(爆)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。