バイクを選ぶ条件とは? ~W800を‟おかわり”した女~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ミサイルに撃墜され、
バイクの買い替えとあいなった
バイクBBA。

しかしながら、あのダボハチは
一目惚れで買ったものである。

一目惚れしすぎて免許取得前に契約する
という馬鹿っぷりを発揮した一台である。

あの1台を超えるバイクなんてあるんだろうか?

バイクを選ぶ条件って何だろう?

バロン店長の勧めで、結局修理ではなく
新しいバイクを買う事にした。

で、普通に考えたら
「同じW買えばいいじゃない」と
なるかと思うんだが・・・・

あのWはただのWではない。
破格の一台であった。

13年式で3万Km走っているにも関わらず、
殆ど錆・傷なし。
オマケにお高い社外マフラーまで装備。
で、確かにその音は、
最初のオートチョークの間こそデカイが
落ち着けば品よく、
時折鳴るアフターファイヤーも残響が美しい。

そしてあの車体カラー。
メタリックマグネシウムグレーというが、
ほぼブラウンのあの地味渋い色。

・・・何故かあのカラーリングは
一度たりとも人とカブった事がない。

どんな人に聞いてもお値段以上の一台。

それが前のダボハチ、我が家では
愛称‟黒黒Ⅲ(ヘイヘイ・3世)”
というバイクだった。

そんな好条件の車体だった故に、
同じWを探す場合、よほどいいものを見つけてこないと、
絶対前のと比べてテンションダダ下がりする
事案になるのは確定している。

では、いっそ・・・・
W以外のものを選択するというのも
ありなのではないだろうか?

バイクに求めるモノは人それぞれ

バイク選びなんて、極論
「好きなの乗ればいいじゃない」
なんだが、それを言い始めると収拾がつかなくなるので
私としてはこうゆう条件を設定している。

自分がどのようにバイクを使いたいのか?

何だかんだ言いつつ、バイクも道具の内。
使い勝手が自分に合わなければ
どんなに良いバイクも宝の持ち腐れ。

ここが私がバイクに関しては
「大は小を兼ねない」
と思う所以だ。

私の求める条件はこんな感じ。

  1. 足つきが程々に良好であること
  2. 適度に軽く、大きすぎない事
  3. 長距離ツーリングと
    街乗り両方を一台でこなせること
  4. マフラー音は常識範囲内(車検が通る)の
    音量以外は不可。
  5. 地味クラシカルなデザインであること

1~2は自分の体格考慮と3の街乗りのためである。
私は乗って疲れるバイクに乗る気はない。
見栄のために過度に大きいバイクに乗る気はしないのだ。

何しろ私はバイクで普通に買い物も出勤もする。
大きいとフットワーク性が下がる。

4は、自宅の駐車場に出し入れする際に
気を使いたくないからだ。
あまり音が大きいと早朝深夜の出し入れに
気を使わねばならん。
そんなのは嫌じゃ。

5は、私は別にバイクに乗る事で目立とうとか
バイクで何かを誇示しようという気がない。

確かにバイクは好きだし、
バイクに乗っている自分も好きだ。
が、気に入って私の用途にあえば
正直カブでもいいくらいなんだ。

そうして考えていくと・・・・

街乗りとツーリングをこなすという時点で
400cc以上~1000cc以下

別にツーリングは250でも出来るが、
それなりの距離を移動するので
そこそこの排気量が欲しい。

やっぱり排気量が大きい方が乗ってて楽なんだ。
(特に高速道路)

それと私は一度出ると300km以上走るから、
程々のタンク容量と燃費の良さは大事だ。
下道でもL/20km、高速ならL/25kmは欲しい所。

行くのが大体田舎だから、
たまに走っても走ってもガソリンスタンドない時が
あるんだよなぁぁぁ~(;・∀・)

足つきを考えるとアメリカンという選択も
出てくるが・・・アメリカンは全体的に重い。
そしてデカい。

更に普段私が走り回っている所を考えると
・・・駄目だ、直線番長系は駄目だ。
(攻めにいくわけじゃないけれど、絶対に峠越えて走ってるから)
加えて、よく未舗装の駐車場に停めているから
重いと絶対に大変な事になる。

そりゃ、いつかトライアンフの
サンダーバードに乗りたいなぁと
いう希望はあるが・・・
それは今ではない。
今はいらん。

今はもっと取り回しがよく、
フットワーク軽く
何処にでも走っていけ、
程々に止める場所を選ばないバイクが欲しい。

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

W800しか選択肢ねぇじゃんっっ!!

しかも、状態のいいダボハチなんてそんなにないんじゃない?
と思って、レッドバロンに行ったらさ。

普通にファイナルエディションあるんだよ、
距離133Kmの(笑)

※どこかの社長さんが新車で買って乗って帰って、
そのまま売りに来たらしいよ。

結局W800しか選ばせない気かっっ!!

そりゃ、前のCB400SSから乗り換える時に
某三輪大社(笑)に
「W欲しいなぁ、バロンにいいW入れてよぉぉ~お金は自分で払うから」
ってお願いしたさ。

まだ有効なのか?
絶対Wに乗せる気なのか?

あぁ、そういえばW800の‟W”って蛇に似・・・
いやいやいやいや(・A・三・A・)
そんな馬鹿な!!

なんて事をアレコレと考えていたら
件の敏腕店長から

「柴猫さ~ん、次のバイク入荷しましたよ
えぇ、絶対気に入るやつ

と連絡が入る。
勿論、取るものもとりあえず
店に飛んでいったのは言うまでもない。

新しい相棒はお前だ! ~w800‟おかわり”~

店にすっ飛んでいくと、
店長がドヤ顔(笑)で
「どうですか?」
と出してきたのがコイツである。

ビ、ビキニカウルがついてる・・・だと!?

そういえば前のWの契約の時
「これ、小さいシールドとか付けたらどうなん?」
とか言った覚えあったなぁ。
まさか・・・覚えてたとか言わんよな(;・∀・)

それにしても・・・これは確か12年式のクロームエディションで
・・・・限定300台のやつじゃなかったか?

マフラーは前のと同じワイバーン。
すぐにエンジンをかけてもらったが音も良好。
オマケに前から付ける予定だった
サイドバッグステーがついている。

店「で、走行距離は14000kmくらいです」

は?いちまんよんせん~~??

こんなステーもついて、カウルも付いて
それなのにシートはノーマルなんて
メッチャガンガンに荷物積んで
何処までも行ける仕様じゃねぇかよ!!

前のオーナー何してたん!!

※Kawasakiからカウルとセットのシングルシートが
発売されているが、それに換えるとシート形状のせいで
後ろに荷物が詰めなくなる。

店「言ったじゃないですか、絶対に気に入るやつ探すって」

前々からここの店長って
少年漫画のパーティによくいる
メガネで普段穏やかなんだけど
戦闘能力めっちゃ高いキャラ系だよなって
思ってたんだけどさ・・・・

本当に仕事出来んな、店長!!

どうもW800、今年の春に新しいモデルが出たこともあって
丁度、ここんところ中古がよく動いていたらしい。

店「で、どうする?」

買うに決まっとんがなっっ!!

というわけで、
結局Wを‟おかわり”する事とあいなった。

納車は七夕

実は今月、割と大きなツーリング企画に参加する予定があり、
当然の事ながらその話はバロンの店長にしていた。

で、3日に契約して
「いつ納車できるんだろう?いや、そもそも取りに行く時間あるのか?」
とヤキモキしていた。

そうして迎えた4日後、七夕。
納車準備が出来るのは週明けだろうと構えていた私の元に
「色々準備終わったので、いつでも納車できますよ」
との一報が。

おまけにその日は仕事が早く終わって
取りに行ける日だった。
勿論、仕事がハネたその足で引き取りに行く。

しかし長かったな・・・
まさか代車のアドレスくんに
1か月も乗る羽目になろうとは・・・・

いや、アドレスはアドレスでいいんだ。
街乗りするのには十分なんだ。
あれはあれで楽しいしな。
荷物積めるし。

ただな、アドレスは高速乗れないから(;・∀・)

次のツーリングも一部、125ccは乗れないルートがあって
間に合わなかったら、下道で現地まで行って
車体の‟アドレス125”
0を一個足して
‟アドレス1250”にして
走る所だったわい。

まぁアドレスで滋賀まで行ったら
それはそれでネタだけどな。
(実際、間に合わなかったらアドレスで行ってた)

代車返して、新しいバイクの鍵受け取って
いざっっ!!

本来ならこのまま納車プチツーと行きたい所だが、
時間が時間だったので、
真っ直ぐ帰宅。

それにしばらく走ってなかったせいか、
ちょっと振動とか出てたしな。

しばらく様子見でゆっくり走らせておくか。

走り慣れた道を使って、無事自宅到着。

う~ん、ビキニカウルってそんなに大きくないんだが、
やっぱりかさ増しされてデカく見えるな。

前のタンクは特に上部に何もなかったんだけれども、
今度のやつはクロームエディションのエンブレムがある。

実は私は一番最初の原付が真っ黒なスクーター
(SUZUKI ヴェルデ)だったせいか
黒はバイクの基本色
みたいに思っている所がある。
個人的にも黒は好きな色だしな。

うちの愛称‟黒黒(ヘイヘイ)”っていうのもそこで、
まぁ最初のバイクの後ろ姿や真ん丸のライトが
うちの巨猫‟黒(ヘイ)”に似てたから
「猫もう一匹増えたなぁぁぁ~」
ってつけた名前なんだけれど。

しばらく名前だけになっていたが、
8年目にして姿も「黒黒」に戻ったか。

あの頃はタンクはなかったから、
ペカペカに磨いた車体に映り込む空見て
「えぇなぁ」
と思っていた。

今度はタンクに映り込む空見て
「えぇなぁ」
って思いながら走れるな。

結局、まだまだWというバイクに乗りたいのだ

そういえば、契約の時に店長と

私「いやぁ、別にW以外でもいいのかなぁって
思ったんやけど、色々考えるとWしか選択肢
ないんだよねぇ」

店「うん、僕もWじゃなくてもいいかなぁって
考えたんだけれど、柴さんの体格とか
利用用途考えたらWしか選択肢なかった」

というやり取りをした。

先の通り、バイクは道具である。
憧れや好みだけでは何ともならない時もある。

とはいえ、結局決め手は
「あぁまだW乗り足りないなぁ」
という想いだ。

そりゃボンネビルとかクラシックなバイクは
他にもあるけれど、まだもう少しWに乗っていたいんだ。

私の利用用途が変われば
また違ってくるのかもしれないが
今は好み的にも条件的にも
Wがピッタリだしな。

バロンからの帰り道の束の間であっても
やっぱり‟股火鉢”は健在で、
夕日と排熱に炙られて
汗だくになってしまったんだが・・・

なんだかそこで
「あ~夏が来た」
と思った。

毎年、私の中の‟夏スイッチ”は
6月末の大祓いだったはずなんだが・・・

いつの間にかWの熱に炙られるのが
私の夏到来の条件の一つになってしまっていたらしい。

ちなみに下取りに出した前のWは、既に売れたそうで
恐らくあいつも新しい持ち主の元で既に走り出しているだろう。
(事故経緯などを承知の上で「それでも十分」と即決していったそうな)

どうやら走り回りそうな人に買ってもらえたようだから、
またいつかどこかで会えるかもしれない。

まぁ直して乗り続けても良かったけれど、
私は整備に関してはからきし分からんからな。

さぁ、装いも新たに帰ってきたW800で
何処まで行こうか?

余談:なんでお前ファイナルエディション買わんかったんや?

話の途中で距離133kmのファイナルエディションが
あったという話をしたが、
何故私はアレを買わなかったか?

・・・・単純にオレンジより黒が好きだからだ!

まぁノーマルにエンジンガードついてたんだけどね。
あれはあれで良かったけどな。
そこは・・・やっぱり一目惚れじゃないの?

所で・・・・納車である今年の七夕。
実は‟巳の日”
だったんだが・・・・
あぁなんか作為的なものを感じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。