動物の奇妙な話

保護猫・パグー物語 ~またもやNNNに目をつけられたらしい~

この世には

‟NNN”

というものが存在するらしい。

このNNNとは“ねこねこネットワーク”
あるいは、
‟ぬこぬこネットワーク”といい、
なんでも猫を世間に広めようと日々暗躍している
恐ろしい地下組織なんだそうだ。

どうやら猫神直属の組織らしい
この秘密結社。

そんなNNNに目をつけられた
ある絵描きの話。

続きを読む

猫流・暇乞い ~目に見えない生産性~

飼犬飼猫は、牛や豚という消費動物とは違い
何の生産性もないものと考えられがちである。

が、時に彼らは、
人の交流を円滑にするためのツールになる。

その分かりやすいものが
「犬トモ」「猫トモ」

犬や猫を通して、
本来出会うはずのない人々が出会い、
良くも悪くも人間関係を構築するのだから
彼らもまたこの世界を大きく回す
歯車の一つなのである。

続きを読む

桜の木の下には猫がはべっている

巨猫が他界してぼちぼち100日である。

仮に本当に魂的なものがあるとして、
それを人が認識した際には
「幽霊」
と定義するとして考える時、
獣の魂は一体何を考えているのだろう?

続きを読む

数字の話 ~寿命がぽっかり浮かんでら~

しばらく、何処までも普通な猫の闘病記を書かせてもらったが、
さぁ皆様お待ちかね!

理不尽劇場不思議な話の時間だよ!

あるに決まってるだろ、
巨猫にだって不思議な話はあるんだよ!!

だって、
猫は存在自体が怪異そのものなんだから。

続きを読む

真夜中の訪問者 ~猫闘病記・脇道~

年末から一旦免疫抑制剤やプレドニゾロンを止めて
下痢の様子を見ていた巨猫。

が、この下痢が中々止まらない。
本当に止まらないのである。

さて、困ったのう。
流石に私も泣きたくなってきたよ。

続きを読む

猫盆 ~自宅守護役初代と二代目~

うちは猫を飼い始めた当初から
‟自宅守護役”
もしくは
‟自宅警備隊長”
という黒猫を置いている。

置いているというか、
最初の一匹に冗談半分でそんな役職を与えたら、
何故かそんな風に育って、
オマケに自動的に二代目が着任していた。

今日の話は、そんな守護役たちの不思議な話。

続きを読む

獣医は助けた猫に嫌われているのか?

一飼い主として、獣医という仕事は
本当に凄い仕事なんだと思う。

人間を診るのでも時に大変だと思うのに
言葉の通じない獣を相手にし、
オマケに飼主である人間までも相手にするのだから、
手間で行けば人の医者の倍な気がする。

続きを読む

猫という小さな猛獣 ~家庭内野良猫、家庭の猫になる~

元野良で今も昔も‟我が家最大最強”である巨猫

餌やりさんから引き受けて、半年以上経っても
奴は私に指一本触れる事を許さなかった。

人から大した根拠なく「飽き性」と言われる私だが、
どうゆう訳か、この懐かない小さな猛獣を
その後も飽きる事なく飼い続けた。

続きを読む

猫という小さな猛獣 ~元野良猫と暮らせば~

前回まで3話に渡ってまとめた
‟猫チン改造手術”
の主役、巨猫は元野良である。

たかが猫、されど猫。

どんな小さな・・・いや、コイツの場合は
お世辞にも小さいとは言えないが、
デカくて小さい猫にも
それなりにドラマがある。

続きを読む

紅のサオと黄金のタマを巡る冒険 ~さらば猫チン~

昨今、処方食の質の向上により
猫の尿道拡張手術は比較的少なくなっているそうな。

が、我が家の巨猫は、その珍しくなりつつある
手術をする事になった。

そんな訳で、このサオとタマを巡る冒険は、
同じように持病として尿道結石持ちの猫を飼う人、
またこれから猫を飼ってみたいと思っている人の
参考になれば幸いだ。
続きを読む