MDノートジャーナル方眼ドットのレビューをさせてくれ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【前回までのあらすじ】

長きにわたる(脳内)手帳戦争の末
2020年の手帳の座を勝ち取ったのは

  • ダイゴーのアポイントマンスリーチャート
  • MDノートジャーナル ドット方眼

の2冊であった。

さて、脳容量1ビットの柴猫の記憶を支える
デイリー手帳、MDノートジャーナルとは
一体何物なのか?

※ダイゴーアポイントマンスリーチャートのレビューはこちら。
ダイゴーアポイントマンスリーチャートのレビューを語らせてくれ!!

安定のMDノートいらっしゃい!!

長期俯瞰と検索のダイゴー(マンスリー)とタッグを組む事になったのは
あの有名なMDノートである。

私も薄いタイプのMDノートは使った事があるんだが、
100枚を超える分厚いタイプは使った事がない。

さて、あのMDノートの書き心地は、
分厚くなっても健在なのだろうか?

書く事が楽しくなるノートとは?

【ただ書くことにこだわったシンプルなノート】

というのが、MDノートのコンセプトである。
そう、手帳というよりもノートなのだ。
つまり、何を書いてもいいのだ。

表紙を開いて現れる最初の1ページ目は何も書かれていない。

「自分自身で勝手にタイトルを付けよ」

という事なのである。
更にもう1ページ開くと、肝心かなめの記入部分が現れる。

目に優しいややクリーム色の紙、
そしてやはり目に優しいグリーンのドット方眼。

人が思考し、尚且つ心を休めるのに必要な物、
それはやはり「紙」だ。
デジタルやペーパーレスなんて糞くらえ。

そんな事を思ってしまうほどに
見ているだけで心満たされるノートである。

しかし、シンプルながらも心憎い工夫はされていて、
各ページの右上に二つだけ太くなっているドットがある。

これは日記やアイディアノートとして使用する際、
日付を書き入れやすくした心遣いだ。

しかし、それすらグリーンなため
無視してしまおうと思えば無視出来る。

あぁまさに、これぞ大人に許された最後のフロンティア。

・・・・というわけで、
MDノートのレビューを終わる。

え、いや、だって、
ノートだし。

ダイゴーみたいに中身の内訳とかないし!!
書き心地普通にいいし、
有名すぎるほど有名だから何も言う事ないじゃん!!

と言いたい所だが、
やっぱり色々と思う所はある。

付属のパラフィン紙表紙カバーが役立たずの件

MDノートは外観も非常にシンプルだ。

シンプルだが、ただのノートと一線を画すためか
パラフィン紙の表紙カバーがついている。

で「つけたまま使ってもいいよぉ」とか謡っているのだが、
これを間に受けてはいけない。

MDノートもそのうち手帳統合用のカバーにいれるつもりだが、
それまでのつなぎでパラフィン紙カバーをつけたまま使用していた。

使用環境として特に持ち歩かず
机の横に置いたりして使っていたにもかかわず、
2週間持たずにこのありさまである。

表紙の中央から少し下の大きくシワになっている部分に、独眼竜猫の目汁が落ちた・・・

ズレズレのぷかぷかだ。

強度はまったく期待していなかったが、
これは予想以上にヘタるのが早かった。

ただ、パラフィン紙ゆえに
猫の目汁(もうあれは涙じゃなく目汁)くらいは弾くようで
紙の表面はシワになっているが
表紙本体にシミなどは出来ていない。

手帳を持ち歩く人はパラフィン紙をアテにせず
さっさと手帳カバーを買ったほうが幸せになれると思う。

付属のインデックスシールの用途がイマイチ分からん

MDノートは手帳ではなくノートである。
が、一応しおり紐がついている。

やっぱり192ページもあって、毎日記入するのなら
しおりは欲しい。
しかし、MDノートは他の手帳リフィルのように
しおり紐が剥き出しになっている。

余程引っ張らなければ大丈夫だとは思うが、
やはりむき出しで使うと心もとない。

で、そのために付属のシールがついている。

月のインデックスシールはさておき、
このMDpaperと書かれた四角っぽいシールは
しおりの所に貼って、しおりを保護するものらしい。

で、貼ってみた。
貼ってみたのだが・・・・すぐ取れた。

何度ギュギュっと貼っても取れる。
ちょうどシールを貼る場所が紙ではなく製本テープのような素材&
背表紙が分厚いせいらしい。
それにしても取れる。
ちょっと開閉しただけでプカプカしてズレる。

この四角いシール、何のためについてんねん???

で、しょうがないので・・・・自分でマステを貼る。

マステはどちらもダイソー。背表紙のほうの箔押しはやや粘着力が弱いです

あらやだ、こっちのほうが可愛いじゃない!!(爆)

ちなみにMDノートは厚みが11mmあり、
一般的な太さのマステ(15mm)だと
製本テープを全て覆いつくすことが出来ない。

ゆえに私は、ダイソーで手に入れたマステ2種を使って3本貼りにしている。

MDノートって本当に書き心地がいいの?ペンとの相性は?

さて書く事が楽しくなるというのだから、
当然書き心地はよくなくては困る。

実はMDノートの評価は人気に反してマチマチだ。
特に万年筆に関しては、最高という人もあれば最悪という人もいる。

そこで、私が手帳を記入する時に使うペンを中心に
色々と試し書きしてみた。

見やすいように、ちょっと大きめの画像にしてあります。左上から

  • ジェットストリーム0.5mm
  • ジェットストリーム0.38mm
  • アクロインク0.5mm
  • juiceup0.3mm
  • ふでDEまんねん (セーラー極黒)
  • Kakuno中字(PILOT)
  • Kakuno細字(PILOT)
  • ビクーニャ0.7mm
  • juice0.5mm
  • Happy Shine 1.0mm

オマケでアクロインクの0.7mmや
シグノ0.5mmが書いてある。

(付箋はオマケのオマケ。
ダイソー付箋に一番書きやすいペンを探したかったので)

どのペンも普通に書いた感じは特に滲みもなく、
ヒゲが出ることもない。

では、裏返した時はどうなのか?

特に裏に滲み出る感じはない。
唯一、ビクーニャのインクだまりのような所が裏へ抜けている気もするが
最近はあまりビクーニャを使ってないので問題なし。

手帳には基本使っていないが、
万年筆系(ふでDEまんねんとKakuno)で
裏抜けしないのは凄いと思う。

裏抜けはさておき、この透け感はある程度は仕方がないだろう。
ちなみに、こうゆう時は
黒い下敷きを後ろに入れると
後ろの透けているのが消えて読みやすくなる。

後ろのページにマークスの黒下敷きを入れています。白い下敷きは逆に裏に書いた線が強調されて読み辛くなるぞぉww

カリカリといかにも書いている書き心地

MDノートの紙質は、ツルツル過ぎず
かと言ってザラザラもし過ぎない。

先に紹介したダイゴーやEditに比べると
ややザラザラ。

よって書き心地はスルスル、サラサラより
ややガリガリだと思う。

ここは好みだと思うが、このややガリガリ感というのは
「今、私、紙に書いてます」
という気分を更に盛り上げる。

厚みはダイゴーよりは薄め、
しかしEditよりは厚め。

MDノートは紙自体に柔らかさとしっとりした手触りがある。

そういえば、何となく前に使った時と書き心地が違うのは
ペンが違うからかなぁ?とも思ったんだが、
どうも新旧バージョンがあり、
今出回っているのは新バージョンらしい。

前はもっとペンがめり込む感じがした気がしたんだがなぁ。
まぁただ、手帳として使うなら今くらいでいいかもしれない。

更にこれは非常に個人的な感想だが、
MDノートに関してはジェットストリームよりも
juiceupのほうが書いていて書き心地もいいし
発色も綺麗だと思う。

juiceupで多色入るタイプか
インク残量が分かるタイプが出たら
迷わず乗り換えるのだがなぁ。

ここについては要検討である。

結局どうなの?MDノート

ダイゴーが90点、星4つなら
MDノートは95点の星4つ半である。

散々ケチつけておいても95点の星4つ半。
実際、不満なのは付属されるものであって
ノート自体は使いやすいのだ。

ついでに言えば価格帯も割といいと思う。
私はとにかく書くのが好きだから、
高くておいそれと書き散らかせないモレンスキンより
断然、こっちのほうがいいね。

いや、書いたり描いたりするときくらい、
野生に帰って思い切り書きたいよ。
「1ページいくら」とか考えながら書きたくないよ(笑)

それでもその辺の大学ノートに比べたらお高いほうだが、
これだけの書き心地とページ数であれば
十分に値段相応でしょう。

12月からプレ始動というか、
とにかく巨猫の投薬やら色んな事を沢山書きたくて
早々と手帳をこちらに移したのだが、
これもダイゴー同様、綺麗に180度開くし
適度なドットが線を引く時のストレスも軽減して
快調、快調。

知らない間に更に書き心地の違う商品も出していたらしく
日頃のスケッチ用にそっちも欲しくなったくらいだ。

さて、来年の手帳レビューの後は、
手帳を使う前の「手帳下ごしらえ」
について少し話をしたいと思う。

あなたが手帳を続けられないわけは、
ひょっとしたら下ごしらえにあるかもしれない。

というわけで、
手帳好きさんも
手帳に憧れるものの挫折を繰り返しているあなたも
次回もこうご期待!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。